10年後に無くなるあなたの仕事。それでも生きていくのに必要な「6つのマインド」

安藤 美冬

フリーランサー/コラムニスト

1980年生まれ、東京育ち。雑誌『DRESS』の「女のための女の内閣」働き方担当相、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターなどを務めるなど、幅広く活動中。これまで世界54ヶ国を旅した経験を生かし、海外取材、内閣府「世界青年の船」ファシリテーター、ピースボート水先案内人なども行う。『情熱大陸』などメディア出演多数。著書に『冒険に出よう』、『20代のうちにやりたいこと手帳』、新刊に『会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術』などがある。
公式サイト:http://andomifuyu.com/

10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているのかもしれません。ひとつの会社に務める働き方も、もはや当たり前ではなくなっていくでしょう。
そんな、これからの時代を生きていくために、私が実践していることを6つにまとめてみました。

01.
自分の望むライフスタイル
から、働き方を考える

Medium 4ec260bc990535e0e26e879f4c958d293ce3109c

どうしても「What(何をしたいか)」から考えてしまいがちなキャリアですが、会社を選ぶのに「どんな会社で働くのか」ばかり考えていると、いざその会社が潰れたり仕事がなくなったときに後悔してしまうことになり兼ねません。そうならないためには、「一度きりの自分の人生をどう生きたいのか」という軸をしっかり定める必要があります。

といっても難しいことではありません。「平日は都心で仕事、休日は田舎暮らしをしたい」「子育てしながら働きたい」「週末は起業するための勉強に充てたい」などなど…自分が望むライフスタイルを思い浮かべてみましょう。あなたが大事すべきは、「What」ではなく「How(どう生きたいのか)」です。

02.
100万人中の1位になれる
強みを見つけ出す

どれだけ自信のあるスキルでも、日本一になるのは簡単なことではありません。ましてや100万人中の1位だなんて、オリンピックで優勝するくらい難易度の高いことだと思ってしまいますよね。

でもそれだって、考え方一つ。あなたが友だちや職場で頼られたり認められているスキルは、100人中の1位といえるかもしれませんよね?それを3つ掛けあわせた人になれば、100×100×100=100万中の1位になれる、という考え方です。もちろんそこから腕を磨いていかなければなりませんが、ナンバーワンにはなれなくても、組み合わせ次第でオンリーワンの価値を提供できる、それがこれからの時代に必要とされる大事なことだと思っています。

03.
自宅でも会社でもない場所で
新しいキャリアを見つける

Medium 6b3d44fb7594f0a1a4be4c5673e9451f09146310

SNSでゆるくつながっている人たちの影響で、新しい仕事を見つけたり、これまで知る機会のなかった情報を手に入れたことってないでしょうか?人生を変えるのは、家族や親友といった強いつながり(ストロングタイ)ではなく、初めて会った人やよく知らない人との弱いつながり(ウィークタイ)であると言われているんです。

例えば私は運動嫌いなので、友人は誰もスポーツに誘ってくれません。そんな私がキックボクシングを習うためにスポーツジムに通い始めたのは、まだ数回しか会ったことのない知人に誘われたことがきっかけだったんです。自分について先入観の少ない人からは、思いもよらぬ刺激を受けるものです。なので、自宅や会社と違うコミュニティへ足を運ぶことをオススメします。

04.
人間関係における
「3つの力」を理解する

人間関係には「上、下、水平」の方向に働く3つの力が存在します。メンター(師匠)から教わったこの力を使いこなすことで、よりよいキャリア形成が可能になると学びました。具体的にはこの3つです。

1.上から引き上げられる力
2.下から支えてもらう力
3.水平に広がる力

会社でいうところの上司、部下、同僚がそれぞれにあたります。ポイントはバランスを保つこと。上司に媚を売っていれば周囲の不満を生むことになりますし、部下を蔑ろにしていては足を引っ張られるだけ。かといって同僚とばかり付き合っていても現状維持が続くだけです。関わる人全員を大切にする心持ちが重要なんですね。

05.
変化の早い時代に必要なのは
3年サイクルの中期目標

Medium aa8411f8cdcfeeb6ffa2382bc40f245a93d0df47

10年、20年後に何をしているか。この変化の早い時代に長期計画は意味をなさないと考えています。かといって無計画でいいというわけでもなく、私がベストだと思っているのは3年の中期計画。さらにこれを3つのサイクルに分け、それぞれのサイクルで自分がどうなっていたいかを明文化しておきましょう。もちろん予定通りにはいかないものですが、サイクルごとに具体的なやるべきことが決まっているため、悩んだり迷ったりすることがあったとしても、目的地を見失うことだけはありません。

ちなみに私の1サイクル目は「独自のポジションをつくること」。2サイクル目は「海外を舞台に仕事をすること」です。現在2サイクル目を順調に進めているところですね。3サイクル目の「安定的に収入を得られるしくみをつくること」に向けて、現サイクルも着地させたいと思います。

06.
ハプニングを計画する

先ほど述べたように、目標を見失わないためにも計画は必要です。しかしある程度は計画するにしても、途中で寄り道してみたり、思いつきのアイデアを採用してみたりと、ハプニングを計画することがキャリア形成につながるんですね。

じつはこれ、「プランド・ハプンスタンス」と呼ばれるキャリア理論のひとつ。アメリカの起業家など成功者とされている人たちが、現在に至るまでの過程を語ったインタビューで「偶然」「たまたま」といった表現が多用していたことに気づいたスタンフォード大学の博士によって提唱されたそう。簡単に言うと、偶然に身を任せてみる、ということです。もちろんいいことばかりではありませんが、思いがけないことからキャリアにつながるものなんです。

ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
ある分野の頂点にたどり着くことができた人間は一流、という言い方ができる。しかし、頂点に立ったときに、自分の中で次なる頂点をまた設定できる。それをずっと死ぬ...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
私たちの心を時には鼓舞し、時には癒し、元気付けてくれる名言。長く語り継がれてきた言葉には不思議な力があります。そんな古今東西の名言に、遠越段さんが解説をつ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
今、あなたの目の前にはたくさんの選択肢があります。しかし、今日の選択に10年後のあなたは後悔してしまうかもしれません…。人は、どんな行動をとったときに、あ...