【海外では常識】あたらしい働き方に関して、知っておきたい7つのコト

働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働くことの価値が大きく見直されています。

Group of Creative People At Work

自著『あたらしい働き方』から、自分に合った仕事選びのヒントと、社員を輝かせるための企業の取り組みについて紹介します。

01.
成果を上げるために
遊んでいるように働く

「私は、2001年にアメリカのシリコンバレーで訪れた会社で見た光景に衝撃を受けました。遊んでいるみたいに働いていたんです。その時、仕事は、もっと楽しくやって良かったのかと気付きました」

これは、現在順調な成長を遂げている、クラウド名刺管理サービスを手掛けるSansanの社長の言葉。
日本でも、楽しみながら働くことを支持する会社が増えています。なぜなら、そのほうが成果が上がるから。 では、どんな仕事が楽しいのか。そのひとつとして挙げられるのは、「前例がないことに取り組む」。 ルーティンの仕事で過去に連なる成果を求めるのではなく、あたらしいことを自分たちで作っていく。その面白味を、実感する。やりがい溢れる事業に取り組む会社が今、続々と出始めています。

02.
ルールは縛られるものではなく
自発的に動くためのもの

Woman in the office looking at posit notes

仕事の楽しさや満足度に大きな影響を与えているもののひとつとして、自由度が挙げられます。
ある世界的なIT企業では、目標が会社や上司から降りてくることはないといいます。目標は自分で決める。そして、みんなチャレンジングな目標しか作らない。低い目標を立てて100%達成するよりも、難しい目標を立てて80%しか達成できなかったほうが評価が高くなることもあるそうです。

また、こちらも世界的IT企業のセールスフォース・ドットコムでは、社員が自由に発信できる社内ツイッターのような仕組みがあったり、こういう仕事がやりたい、と申し出ることができる「オープンマーケティング」という仕組みがあったり、社員を縛り付けるようなルールよりも、社員が自発的に動けるルールを作っています。

03.
社員の自由度が
企業の競争力を上げる

「今は世界中の会社が競合になりうる。賃金で比べると、10分の1、100分の1で同じ仕事をする人たちがたくさんいるわけです。クリエイティブで戦わなければ、勝ち目はない」

アメリカ西海岸のパロアルトに本拠を持つデザインコンサルティング会社IDEOのトム・ケリー氏の言葉です。

ビジネスで勝つ方程式は大きく変わっています。昔ならば、同じエリアにある他のメーカーがライバルだったため、勝つことはそれほど難しいことではなかった。しかし、今や世界中がライバルです。 社員に自由を与え、会社をイノベーティブにすることは、企業の競争力を高めることでもあります。そして、自由であるということは、社員のクリエイティビティが上がる会社である、ということも言えるのです。

04.
優秀な人材を
とことん追い求める「入社パス」

Business colleagues having a conversation.

徹底的に頭脳労働にこだわり、急激に成長を遂げた日本企業があります。1996年に設立されたソフトウェア会社の、ワークスアプリケーションズです。
この会社の方針は、優秀な人材しか採用しない。そして、人の成長に徹底的に投資する。徹底的に優秀な人材を集めれば、会社は成長する。それを実践し、社員が成長を自ら勝ち取る場としてのプラットフォームを作り上げたのです。
他の会社に行った後も”内定”が生きている「入社パス」。一度退職しても戻ってこられる「カムバックパス」。毎年4万人の応募がある大規模なインターンシップ「問題解決能力発掘プログラム」。 結局、ほかの会社に入っても、半分近くがのちに入社パスを使ってワークスアプリケーションズに入社しているのだそう。 頭脳労働にこだわり、しっかりと適性を判断し、優秀な人材は逃さない。こういう会社もあるのです。

05.
趣味的に働きたいのか
作業的に働きたいのか

150820_new-style-of-work2_02

あたらしい働き方、というと自由で趣味的な会社をイメージされる人が多いかもしれません。実際に、好きなことを仕事にし、仕事が趣味になるような自由な環境をつくって成果を上げている企業もあります。
しかし、必ずしも趣味的ではなくても、社員が満足しており、ここで働きたいという人が多い会社もあります。 重要なことは、自分がどちらを志向するタイプなのか、ということ。実はビジョナリーに仕事をするほうが合っているのに、「こちらのほうがあたらしい働きかたかもしれない」と趣味的なほうを選択してしまうと、間違える危険性があるわけです。

06.
世界にインパクトを与える
お金よりも大切な価値

時代とともに、仕事をするモチベーションも大きく変わってきています。これまでは「会社が大きくなっていくこと」「自分の報酬が大きくなっていくこと」「ポジションが上がっていくこと」などがわかりやすいモチベーションでした。つまりは、お金や地位です。
今は、お金や地位に関心がないとは言いませんが、「どうやって世界を変えられるのか」「世の中にインパクトを与えるものをデザインしなければならない」、そういった使命感が強くなっているように感じます。
「会社を成功させたい」というのはモチベーションは、もちろんあるでしょう。その先に、「世の中にいい影響を与えよう」という空気が生まれる。それはハードワークの会社でも全社員が一生懸命働ける、大きなモチベーションになっているはずです。

07.
組織は自由を手に入れるための
「プラットフォーム」

Busy Group of People Discussion about Startup Business

FLASHアニメの制作で知られる、日本のディー・エル・イー。
社員にはクリエイターが大勢いますが、中にはフリーランスからこの会社の社員になった人もいます。

「 会社に帰属するのは、フリーだった彼らにとっては本来、不本意かもしれない。しかし、組織に所属することで、大きな仕事が、より社会的な影響力を与えられるような仕事ができるチャンスを手に入れられる。彼らはそう気づいたのかもしれません」

代表取締役の椎木隆太氏はこう言います。
クリエイターにとって、会社はいろいろな仕事ができるプラットフォームになっていると言えます。会社でなければできない自由な発想やダイナミックさを求めて、むしろ会社に所属する道を選ぶ、という選択もあるということです。

あたらしい働き方
コンテンツ提供元:本田直之

価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABOいつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だったことが、今では形骸化している...
会社に縛られながら、苦しんで仕事をする。そんな時代はもう過去のことです。時代の変化とともに、先進的な取り組みをする企業も増えてきました。自分らしくハッピー...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...