なぜか、自動的に仕事が楽しくなる「4つの習慣」

「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格段にアップします。

ここでは自著『なぜか、自動的に幸せになれる72の習慣』から、仕事で幸せになる習慣を紹介。明日からでも、ぜひはじめてみてくださいね。

01.
「自分のため」ではなく
「あの人のため」と思って働く

how-to-feel-happy02150817281

自分のために働いて、自分のために遊んで、自分のためにお金と時間を使って…。一見すると自由で楽しいことのように思えるかもしれません。
しかし、実は「自分のために何かをしたい」というのは欲求としても弱く、モチベーションを上げる力にはなりません。
そもそも人が「自分のため」だと思っていることは、本当に「自分のため」なのでしょうか?
ダイエットを例に出してみます。男女ともに、なぜダイエットをするかといえば、つきつめると「モテたいから」です(健康的になるため、は例外)。対象は人によって違えど、他者の目があるからこそダイエットに励む。目的は痩せることではなく、誰かのために見た目をよくすることなのです。

仕事も同じで、「自分のため」と思っていることの多くは、実は「誰かのため」だったりします。
だったら最初から「自分のため」ではなく「あの人のため」と思って働いてみませんか?自分のためと思って仕事をするよりもずっと意味を見出しやすく、幸せを味わいながら働けるはずです。

02.
すき間時間の楽しみをつくる

how-to-feel-happy021508172

ビジネスマンの多くは、仕事についてはかなり細かな計画を立てて手帳にぎっしりと書き込んでいます。ところが、昼休みや通勤途中でなにをするかまでは決めていないのが一般的。せっかくの空き時間を無為に過ごしてしまう。それだと幸福度が下がることはないけれど、上がることもありません。
幸福になりたいのであれば、空き時間も有効利用しましょう。別に“仕事のためになること”じゃなくてもいいのです。たとえば、食べることが一番の楽しみという人は、ランチはここに行こうと決めておく。体を動かすのが好きなら、帰宅後にこんな筋トレをしようと考える。このように「決めておく」ことが大事。
朝イチでそんなクエスチョンをやると、幸せな気分で一日のスタートが切れます。そして、何も考えていない場合よりも幸福度はグンと高まります。

03.
苦手なことをやって、
コンフォートゾーンを広げる

how-to-feel-happy0215081721

コンフォートゾーンとは、「人が快適だと感じる領域」で。その広さや様相は人によって異なります。
人前で話すことが得意な人と苦手な人がいます。それは、前者にとっては人前で話すことが快適(=コンフォートゾーンに含まれる)であり、後者にとっては不快(=コンフォートゾーンに含まれない)だからです。
コンフォートゾーンは不快なことをやればやるほど広がります。どんなに嫌いなことでも毎日続けていれば、そのうち慣れて平気になります。人間は基本的に、経験したことがない未知の領域を不快だと感じるので、最初は多大なストレスを覚えるでしょうが、そのぶんコンフォートゾーンは確実に広がっていきます。
現代社会はすごく不安定で、いつ何が起きてもおかしくない状況にあります。だから、現在の幸福をずっと維持したいと考えているのであれば、コンフォートゾーンを広げてくことに越したことはない。そうすれば、これから世の中がどう動いたとしても、たくましく乗り越えることができるでしょう。

04.
仕事と遊びを両立させる

how-to-feel-happy02150814

今の私はたまたま時間を自由に使える立場にいますが、こうして社長になってお金と時間に余裕ができてから遊ぶようになったわけではありません。
貧乏していたときも、会社を軌道に乗せるために寝る間を惜しんで働いていたときも、いつでも仕事と同じくらい遊びを重視していました。旅行をする余裕がないときはゲームをしたり、映画を観たり、少しでも新しい体験をするよう心がけて生きてきました。
その遊びがめぐりめぐってビジネスの成功を呼び込み、幸せな人生を歩めるようになったのです。どちらか一方ではなく、仕事と遊び、両方を充実させること。仕事をしなければ「自分はなんのために生きているのだろう」と人生に意味を見出せなくなってしまうし、遊びがなければ「何のために働いているのだろう」となってしまいます。

人生をより充実させて幸福度を上げると、結果的に仕事もはかどるのです。

なぜか、自動的に幸せになれる72の習慣
コンテンツ提供元:サンマーク出版

 

小山竜央/Tastuo Koyama

株式会社ライブクリエイト代表取締役、講演会コンサルタントとして活躍すると同時に、後進の指導を行う。指導した延べ人数は5万人以上。何千人ものセミナー講師を日本全国に送り出している。

「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
「お金持ちになりたい」と考えているあなたに質問です。なぜ、お金持ちになりたいのでしょう?それは「幸せになりたいから」に他ならないと思います。しかし、お金は...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
デジタルマーケティング会社のCEO、Jason Parksさんが「Elite Daily」で綴った記事を紹介します。週末の過ごし方が翌週の仕事の効率に大き...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
心が満たされない…とお悩みのアナタ。頑張り過ぎたり、自分に厳しくする必要はありません。ちょっと視点を変えてみるだけで、幸せは増えていくのです。自著『幸せな...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...