驚くほど生産的な人が、毎日やっている9つの習慣

たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。

そんな効率の悪い働き方に喝を入れてくれるのは、Travis Bradberry博士。彼が「LinkedIn」に掲載した「生産的な人がやっている9つのこと」には、仕事を効率良く進めるための習慣がまとめられていました。

01.
大きなタスクから
手をつける

F99027b2d0df9e2c77186091622803a3e75342bf

大きなタスクよりも、小さくて手間のかからないタスクのほうが早く終わるのは当然です。すぐに達成感が味わえるので、きっと気分もいいことでしょう。

そのせいか、先に小さなものからサクサクこなして、手間がかかるものは先延ばしにされがちです。今すぐやらなくてもいい軽めのタスクは置いといて、大変な作業から取り掛かりましょう。

02.
中途半端に終わらせない

クライアントへの返信を半分書き出し、残りはあとで...。

生産的に仕事を進める人は、こんなふうに中途半端にものごとを終わらせたりしません。やらなければならないことを思い出したら、すぐにとりかかり、最後までやり遂げる習慣を身につけましょう。

03.
「カエルを食べる」

英語で「カエルを食べる」とは、やりたくないことを先にすること。朝起きたら、まず、面倒で苦手なタスクから取り掛かりましょう。そうすると、自分のやりたいタスクが最後に残るので、とても気がラクになります。

04.
複数の作業を同時進行しない

Cc10dd22f9d7ab9ff555e916a2a9e0d7dd26c101

スタンフォード大学の研究によれば、一度に複数の作業をするのは、非効率的であることが証明されているそうです。マルチタスクに自信がある人でも、結果は変わりません。ひとつずつ作業をこなしていくほうが、結果的に早く終わります。

たくさんの情報を同時に片付けようとすると、集中が分散されて、細かい点を見落としたり、次のタスクにスムーズに進めなくなってしまったりと、難点だらけです。早く片付けようと焦らず、ひとつずつ確実にこなしていきましょう。

05.
明日のスケジュールは
退社前に立てる

明日やらなければいけないことは、メモに残してからオフィスを離れるクセをつけましょう。そうすれば、今日一日の進捗が再確認でき、明日の予定も把握できます。

自分の脳内も整理整頓して、クリアな状態で帰宅するように習慣づけましょう。

06.
会議は予定時間内に
終わらせる

7d7869f4fca14fe47aead0ae41d903d58d2ad87e

終了時間を設定しておかない限り、ダラダラと長続きしてしまうのが会議というもの。効率よく仕事をする人は、時間内に終えることをあらかじめメンバーに伝えます。そうすれば、ムダな話題は避け、要点を抑えて話せるようになるでしょう。

07.
曖昧にせず
はっきり「NO」と言う

引き続きスタンフォード大学の研究によると、「NO」と言えない人ほど日常生活でストレスを感じやすく、うつ病にもなりやすいのだとか。

他にやらなければいけないことがあるときは、「できないかもしれない」などと曖昧な返答はやめて、はっきり「NO」と断りましょう。

08.
時間を決めて
まとめて対応する

73fcba202f72111040b6efd46b007825f2fdb6eb

受信箱に流れてくるメールすべてに気をとられていると、一つひとつのタスクに集中できなくなってしまいます。「◯時に必ずメールをチェックする」など時間を設定して、一度にまとめて返信するクセをつけましょう。

優先すべきクライアントからのメールが一番上に表示されるようにするなど、メールの設定機能を駆使するのもひとつの手です。

09.
テクノロジーを
駆使する

上記のメール機能を駆使するのと考え方は同じで、たとえば作業上で重要なことが起きたときは通知が来るようにスマホの設定を変更するなど、便利な機能はできるだけ活用するようにしましょう。

Dr. Travis Bradberry is the award-winning co-author of the #1 bestselling book, Emotional Intelligence 2.0, and the cofounder of TalentSmart, the world's leading provider of emotional intelligence tests and training, serving more than 75% of Fortune 500 companies. His bestselling books have been translated into 25 languages and are available in more than 150 countries. Dr. Bradberry has written for, or been covered by, Newsweek, TIME, BusinessWeek, Fortune, Forbes, Fast Company, Inc., USA Today, The Wall Street Journal, The Washington Post, and The Harvard Business Review.

Licensed material used with permission by Travis Bradberry
1日の流れ、すべてを決めると言っても過言ではない「朝の過ごし方」。せめて効率的に動けるように、コツを掴んでおきたいところですよね。1日を有効活用するために...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
あなたの周りにもいるかもしれない、ズバ抜けて効率的に動ける人たち。その秘密はやはり「時間の有効活用」と強く関連しているようです。そこで「TalentSma...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
「月曜日だ!会社に行きたくない!」週末も終わりが見えてくると憂鬱になるのは仕方がないことですが、そうは言っても「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、...
もしも「ただ時間をつぶす」っていう仕事があったら今ごろ億万長者なのに…なんて思っちゃうほど、あとから思えば無駄だったとも思えるような時間を過ごして、後悔し...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
手に負えないほどの作業量に追われていると、どれだけ熱を持っている仕事だとしても余裕を失ってしまうもの。そんなときは無駄を減らし、最優先のものを先に片付けて...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...