朝8時〜13時まで!「5時間労働」で従業員の生産性を2倍にあげた会社

近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上がる」学者の意見も、実際の現場でも、そんな声が頻繁に聞こえるようになってきました。

仕事は13時で終了
午後は各自でインプットに充てる

Loving their lifestyle

大胆な労働時間の見直しを行った結果、労働者たちのやる気や生産性を向上させ、大きな収益を収めた米企業があります。従業員はたったの9人。スタートアップの小規模さゆえの改革だったとも言えるでしょう。それでも、2014年サンディエゴで最も急成長した企業に選出されたと記事は伝えています。

Mashable」にその実態を紹介したStephan Aarstol氏は、米サンディエゴでスタンドアップパドルボートを販売するメーカーのオーナー。彼の会社は午前8時に始まり、午後1時には終業する5時間労働のスタイルを採用しました。
“趣味を売る”という商品の特異性もあるでしょうが、消費者の動向を知るためにも商品の魅力を宣伝するにも、何より必要となるのは現場の声。社員らはみな、午後のフリータイムを自由に使いながらも、思い思いに市場リサーチに充てているそう。これが、「企画会議やセールストークの場で生かされている」とAarstol氏は強調します。ランチタイムも挟まず5時間、とにかく根を詰めて各自が働くことで、賃金も落とすことなく、従業員の生産性を2倍に上げることができたそう。

ハッピーな人ほど生産性が高い!
短時間の労働は
会社全体の作業効率UPに

000053010940_Medium

さて、一日の労働時間を3時間も減らしても、生産性が落ちるばかりか逆に上がる根拠はどこにあるのでしょう?その理由のひとつが「個人の幸福感(満足度)」にあるとする、経済学者たちの研究成果を「The Gurdian」が報じています。
研究者らは、労働者の生産性と幸福には明確な相関関係があり、「気分の浮き沈みが生産性を左右する大きな要因だ」と指摘します。幸せを感じている人の作業は平均して12%向上したのに対し、不満を抱いていると約10%近く効率は下がるという結果がそれを物語っているのでしょう。
感情は物理的にも大きなエネルギーを生み出します。また、働く時間を短くすることで、ストレスを過度に溜めず、感情を上手にコントロールする時間に充てることができる。こうしたことが、短時間で爆発的な集中力を生む要因なのかもしれません。

国を挙げて6時間労働を推奨する
スウェーデンの取り組み

Overworked and exhausted

さて、8時間から6時間に労働時間を短縮することで、生産効率が上がり、従業員の意欲も高まることを実証するため、国を挙げて試験導入を始めたスウェーデン。まだ、実際に6時間勤務とする企業の数こそ少ないものの、生産性向上の効果はすでに出ているようです。
「思うほど効率が上がらず生産性が悪いだけ」の8時間労働には、集中力が持たない、ダラダラと作業してしまう、仕事中にSNSのチェックをしてしまうなど、長いが故にムダな時間を生み出す負の連鎖があることをFast Counpany」は指摘します。やはりここでも、重要なのは従業員のモチベーション維持でした。

はたして、日本社会に一日6時間労働(ないしは5時間労働)が浸透する日は来るのか?それとも机上の空論?いづれにしても、実現はまだまだ先の話かもしれませんね。

Reference:Mashable , Fast Comnpany , The Gurdian

 

仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
知的成果を生み出すには、「思考技術」のトレーニングではなく、具体的に手や足をどう動かすか? という「心得」のトレーニングが必要になってきます。ここでは「情...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
1日のムダな時間って知らず知らずのうちに増えてしまうもの。そのムダを可視化するために、まずは自分の行動を計測してみましょう。計測することで、排除すべき点が...
俗に言う“9時5時”の勤務スタイル。なんと、これが「拷問のようなもの」だと、オックスフォード大学の研究者らが唱えています。どうやら問題は始業時間。作業効率...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
日々仕事をしていく中で、非効率的なことや無駄なことに時間や労力を費やしている人は意外と多いと思います。自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...