ルールを無視しているのに、健康的な人に共通する「7つの習慣」

医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運動、じつはそれ自体がそもそも間違いっていうの!?

彼女の紹介する「定説を無視しているのに健康な人の10の特徴」より、日本人にもこれは意外!と思える7項目をピックアップしてみました。

01.
糖分だってOK!
我慢しないが一番

shutterstock_158089307

医学博士のMark Hyman氏はこう断言します。「砂糖はテキーラのような娯楽のひとつ」。人間はみんな糖分が好きで、そのようにプログラムされているんだそう。体が砂糖を欲したときは、摂取する方が健康的。強制的に排除しようとするのではなく、過度に摂取しなければ大丈夫だってことです。

02.
常に8時間睡眠なんて不要

神経睡眠医学の専門家W. Christopher Winter博士によると、多少睡眠時間が短い日があっても「人体に支障はなし」だそう。インソムニア(不眠症)に悩まないかぎり、夜の眠りが足りなければ、効果的に昼寝をして、気分がリフレッシュできれば問題はないと後押ししてくれています。

03.
健康になるために
コーヒーを飲む!?

shutterstock_282759554

もしも、水よりコーヒーやお酒を多く飲んでいるようならば、当然少し控えた方が体のため。でも、毎日カップ1杯のコーヒーや、グラス1杯のワインを飲むことは、健康的にいいこと。

ある優秀なアメリカの3人の医師に「健康のためにコーヒー飲むか?」と尋ねたところ、全員が「イエス」。もっと詳しく知りたい方はこちらの動画から。

04.
集中力と体力維持に
炭水化物を欠かさない

「炭水化物=悪いもの」この考え方が、いつの間にか既定概念のように定着してしまいました。ですが、パレオ式ダイエットトレーナーのRobb Wolf氏は別意見。持久力が必要なアスリート同様、炭水化物の重要性を訴えています。

炭水化物が不足すると脳の働きが鈍り、集中力も低下。さらにはスタミナ切れを引き起こし、疲れやすい体に。

05.
毎日運動は厳禁!
休息日をつくる

shutterstock_225967027

オリンピック出場経験のある競泳選手に行った、ある疲労回復度をはかる研究で、「シーズンが終了して約半年間休んだ後でさえ、疲労の痕跡が残っていた」ことが判明。体力の回復には、それほど時間が必要ということでしょう。

健康のためにと連日、“運動漬け”は逆効果。ときには休息も賢い選択なのです。

06.
比較はあなたを
ダメにするだけ。
他人と数字を比べない

ダイエットに励む友だちと、体重や体脂肪率、ウエストのサイズを比べることほど無意味なものはありません。

他人との比較して、いちいちイライラしていては、創造性や幸せまで台無しにしてしまいますから。数字は自分と比べるもの。他人を褒めることこそ、健康への第一歩。

07.
時間を無駄にするだけ
カロリー計算は不要

shutterstock_4130167

食事で最も大切なことは品質。カロリーではありません。カロリー計算のために、どれほど人生の時間を無駄にしているかを理解することです。

レコーディングダイエットというメソッドもあります。もちろん、短期的にカロリーを記録していくことはいいことでしょうけど、そればかりに囚われ、ただ続けるよりもバランスの良い食生活を。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
運がいいかどうかは、もともと決まっているのではなく、努力や習慣によって変えられることも多いようです。運がいい人に共通する特徴や習慣を知り、それらをマネして...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
現代人のみなさん。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
世界トップクラスの女性ビジネスパーソン12人に共通している習慣があると「Forbes」で話題だ。第1線で活躍している起業家、デザイナー、ドクター、ジャーナ...
何が自分を不幸にするのかを知ることが、幸せな生活を送るための第一歩。「Power of Positivity」のこの記事には、そうした内容がまとめられてい...
「Becoming Minimalist」に、ライターJOSHUA BECKER氏が、自宅を散らかさないための7つの習慣をまとめています。どうやら彼には、...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
運動はしたいけど、ジムはいつだって混んでるし、周りの目も気になるしちょっと苦手…。そんなあなたに「Pure Wow」にまとめられていた、楽しく続けられてカ...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...