不幸な人に共通する「4つの習慣」

何が自分を不幸にするのかを知ることが、幸せな生活を送るための第一歩。「Power of Positivity」のこの記事には、そうした内容がまとめられています。今回は、その一部を抜粋してご紹介。
最近、なんだかツイてないなあ…なんて思っているそこのあなた。もしかして、以下の4つのコトが習慣化していませんか?

まずは、鬱病と惨めさの
違いを知ることから!

000012613198_Large

「明るく幸せに過ごすか否かは自分が決めるもの。周りの環境に左右されるべきではありません」-マーサ・ワシントン(初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントン妻)

人は誰しも幸せになりたいと望むもの。ほとんどの人が知っていることですが、日々の習慣は幸せの質に大きく関わっています。特に、以下にあげる習慣はなおさら。
鬱病と慢性的に感じる惨めさには大きな違いがあります。前者は脳の病気で、後者は自身の選択から来ているのです。つまり、後者には明確な原因があり、改善することができるというわけ。
それでは、惨めさの原因となる4つの習慣を紹介します。

01.
解決方法を探ったほうがベター
いつも不満ばかり口にする

264937193

幸せで成功を収めている人は、ほとんど不満を口にしません。一方、いつも不満ばかり言っている人は、たとえ周りに幸せな人がいるときでも、不満を言い続けます。
人はみな違う環境で生きています。公平だろうが不公平だろうが、求めていようが求めていなかろうが、与えられた環境で生きていくしかありません。不満ばかり言うくらいなら、解決する方法を探したほうがいいでしょう。

02.
周囲との“違い”を知るべき
自分にも他人にも批判的

160949078

自分のことを話せば、良くも悪くも自己イメージができあがります。
自己肯定が幸せになるための重要な要素であり、その権利はすべての人に平等に与えられているもの。間違いを起こしたときは、それを受け入れ、次に進みましょう。自分を批判し続けるのは辞めるべき。自分と他人は違うこと、そして、彼らはその違いを受け入れて、幸せに生活していることを認識するのです。

03.
買い物よりも運動!
無駄な衝動買い

000038413002_Large

私たちはモノに溢れた時代に生きています。常に最新の車や電子機器の広告を目にし、クレジットカードで簡単に買い物できます。
最初は買い物に躊躇したとしても、新しい物を購入すると気持ちが満たされた気がします。でも、その気持ちは長くは続きません。「買ってから後悔する」という言葉を聞いたことがあると思いますが、本当にその通り。サッとクレジットカードを取り出すよりも、エクササイズや読書、観光など、本当に気持ちが満たされることをしましょう。

04.
他に夢中になれるものを見つける
アルコールやタバコへの依存

000065392639_Large

食べ物やアルコール、娯楽などは、大抵コントロールできること。しかし、これらが生活の中心になってしまうと問題です。
残念ながら、多くの人がアルコールや薬にハマり、人生を台無しにしてしまっているのが現状。では、こうした中毒を防ぐには何が必要なのでしょうか?
それは、可能な範囲で、人生をかけて自分の情熱を注げるものを見つけることです。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

講師や作家としての顔を持つTamara Starさん。彼女のブログ「Daily Transformations」では、不幸な人に共通している7つの習慣とい...
「幸せになるのは、どうしてこんなに難しいのだろう?」女性が生きやすい世界に向けての活動を行うTamara Star氏がこの問題について言及した記事を紹介し...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
仲良くなったはいいけど、ちょっと苦手。一緒にいるだけでネガティブになってしまう…。そんな友だちとはキッパリ別れるべきかもしれません。実際、友だちの数が多い...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...
空気が読めない人、身の回りにいませんか?全く、一体どういう神経をしてるんだ!…と思うこともあるでしょう。ここでは、そんなときに役立つ空気が読めない人の特徴...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
あなたの知り合いの女子に「かまってちゃん」はいませんか?もしかしてあなたの彼女がそうだったりします?かまってちゃんと話していると、「この子は何を考えてこん...
自覚がないからこそ実は深刻な『彼氏依存症』。では、一体自分はどの程度の依存度レベルなのか。それがセルフチェックできる10の診断項目を設定し、あてはまる項目...
スマートな男性いわく「男の価値が付き合う人間によって判断されるなら、私は世界で最も裕福な男だ」と。それくらい、あなたの周りにいる人の存在は貴重なものなんで...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
運がいいかどうかは、もともと決まっているのではなく、努力や習慣によって変えられることも多いようです。運がいい人に共通する特徴や習慣を知り、それらをマネして...
生きていると「世の中は平等ではない」と思うこともありますよね。周りは幸せなのに、なんで自分だけ上手くいかないんだろう…と。でも、嘆くより前にやるべきことが...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
あなたの身の回りにも一人や二人は存在している、自分勝手な人。付き合いが浅いうちは気付かなくても、少しずつ自分勝手な人に振り回される回数が増えて困っている人...
豪邸に住むこと。憧れの仕事につくこと。理想の恋人を手に入れること…。叶わないのは、あなたの行動が知らず知らずのうちに不幸を呼び寄せてしまっているかもしれま...
何かにつけて人の意見や行動を否定するような嫌味を言う人っていますよね。でも、どうにか大人の対応をしたいもの。ここでは、そんな人が持っている心理や、彼らとの...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...