あなたの「働き方」が変わる8つの大切な言葉

仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということはありませんか? 

Inc.」に投稿された、ビジネス系人気ライターJeff Haden氏の記事では、もっと楽しく生産的に仕事をするために必要な心構えが紹介されています。

この8つの言葉で、きっとあなたの働き方も変わるはず。2017年もまだまだはじまったばかりです。もっとポジティブに仕事と向かい合えるヒントを探りましょう。

01.
誰もやらないなら
自分がやろう

Medium 121ad350189259f4b4a154c2a8e842f1666ffea1

他の人とは違う自分になりたいなら、方法はとても簡単。誰もがやらないことをやればいいのです。小さなことでも、シンプルなことでも、なんでもいいです。まずは誰もやっていないことをやってみましょう。それだけで、他の人と差をつけることができます。

一度できたら、今度はそれを毎日続けてみてください。毎日ひとつ、誰もやらないことをやってみるのです。

すると、1週間でちょっと変わった人に、1か月で特別な人に、1年も経てば他の誰とも違う個性を持った素晴らしい人材になれるでしょう。

02.
思ったほどじゃ
なかったな

多くの人にとってもっとも恐ろしいのは、わからないこと。つまり「未知」です。どうなるかわからないことについて想像することほど、恐ろしいものはありません。

でも実際に起きることは、想像するほど恐ろしかったり怖かったりはしないもの。たいていのことは、想像しているときのほうが怖いものです。

そして、恐怖や試練を克服すると、何物にも代えがたい達成感が得られます。

1日1回は、少しだけ恐怖に感じることやスリルを味わえることに挑戦しましょう。恐怖の克服は自信につながります。そして、恐怖は必ず克服できるのです。

03.
はじめの1歩を
踏み出そう

Medium fb29c7bc2025519f4b2dee5656f02b9fe3de3ee6

あなたにはきっと、夢への計画があるはずです。待っているゴールがあり、そこへ向かうアイデアもあるでしょう。

しかし、行動に移さなければそれは“ない”も同然です。

行動に移すのには勇気が必要ですが、今日始めなければいつまでもゴールは近づいてきません。今すぐできることから、1歩ずつ始めましょう。

なにより、はじめの1歩を踏み出すことが一番大変なもの。そのあとの2歩目3歩目は、意識せずとも続いていくものです。

04.
周りにどう思われようと
気にしない

誰でもいつでも、他人からどう思われているのかは、気になってしまうもの。しかし、人生において重大な選択をするときは、他人の意見を気にしてはいけません。

もしあなたが起業しようと思うなら、ほんの数時間でできるのです。「あんな年齢で起業するなんておかしい」とか「変なやつだ」と思われても、気にする必要はありません。

あなたの中に「こう思われたら嫌だな」と思ってやらずにいることがあるのなら、今すぐやってみましょう。

これは、「あなたの人生」の話なのです。他人は気にせず、思う通りに生きていいのです。

05.
あいつにだけは
負けない

「悔しい!」という気持ちは、人のやる気に火をつけます。

無理して誰かを敵視する必要はありませんが、「あいつよりいい仕事をしてやる」とか「もっといいものを作ってやろう」と競争する心意気は、とてもいい刺激になります。

最初は想像でもいいので、つねに心の中にライバルを持ち、上へ上へと目指し続けましょう。

06.
今は、完璧じゃなくてもいい

Medium 8487a54fcdb563735f9d786186d4f111f66c9e05

確かに、人生には2度とやり直せないこともあります。そして、完璧であることは素晴らしいことだとも言えます。

しかしどんなプロジェクトも、どんな商品も、やってみなければわからないことがたくさんあるのです。

できるところまで準備したら、その時点ではまだ完璧でなくても、一度トライしてみましょう。その中で、同僚や顧客の意見から改善すべき点が見えてくるでしょう。あとはそれを修正していけばいいのです。

どんなことでも、はじめから完璧などということはあり得ません。完璧でなくても、まずはやってみることに価値があるのです。

07.
もっとうまく
できたかもしれない

毎日後悔のないように生きるのは理想的ですが、なかなかできることではありません。私たちはいつも「もっといい方法があったのでは?」「もっといい言い方があったのかもしれない」と後悔をしてしまいます。

成功する人は、つねに完璧を目指すことはなくとも、いつだって改善点を探しています。

1日を思い返して、うまくいったことや失敗したこと、失敗の原因や改善策を考えてみましょう。

そして、明日からは同じ失敗は繰り返さず、昨日よりも“より良い自分”になることを誓いましょう。

08.
「努力」だけは誰でも
武器にできる

Medium c3a2867c7c0530044842c6822c8c3f3b95115d3f

経験や資金、人脈、才能などは、欲しいと思ってすぐ手に入るものではありません。

しかし、考えること、行動すること、努力することは、やろうと思えばすぐに、誰にでもできます。

どんなに厳しい状況でも、「努力」と「粘り強さ」は必ず武器になります。そしてこの2つは、最終的に他の何よりも必要なものになるのです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
あなたの周りにもいるかもしれない、ズバ抜けて効率的に動ける人たち。その秘密はやはり「時間の有効活用」と強く関連しているようです。そこで「TalentSma...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
となりの席の同僚が、いつもイライラしてるせいで、こっちまでなぜか腹が立ってきた…。一緒に働くメンバーって大事ですが、一方で選ぶことができないという事情も。...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。ディズニーで働く彼の視点から学べるこ...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...
どんな人でも、多かれ少なかれ、理想の未来を描きながら生きているかと思います。こちらでご紹介する上田比呂志さんは、老舗料亭で生まれ育ち、紆余曲折を経て、幼い...
「月曜日だ!会社に行きたくない!」週末も終わりが見えてくると憂鬱になるのは仕方がないことですが、そうは言っても「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、...