人生がもっともっと楽しくなる「ポジティブな習慣10か条」

「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かって泥臭く努力することだと言います。

今よりもっと幸せな人生を送るために、Nicolasさんがまとめた「ポジティブな10の習慣」を見てみましょう。

01.
起床時間を守ろう

Medium d4a3078e5b94ec99789564a72f25813bffede182

毎日の生活のなかで私たちが一番最初にする約束事、それは「起床時間」です。でもみんなが知っている通り、ほとんどの人がこの約束を守れていません。それは、1日の始まりを「間違った一歩」でスタートしている、ということです。

まずは、自分で決めたことをしっかり守る習慣を作るために、起床時間を守りましょう。

02.
成功のために着飾ろう

「身だしなみを整える」といった朝のルーチンは、あなたが世界に与えたいエネルギーを具体的に表現するべきです。

「プロフェッショナルのように見える」ことが大切なのではありません。それによってあなた自身がポジティブになれることが重要なのです。

03.
瞑想する時間を取ろう

Medium d1caa3c7ace730ecb9290dffe5c463cf42081e79

慌ただしい朝のラッシュに突入する前に、少し時間を作って瞑想してみましょう。もちろん少し本を読んだり、ゆっくりコーヒーを飲みながら新聞を読むことでもいいかもしれません。

こうやってゆとりある時間を作ることが、のちに嵐のような(?)忙しさに襲われるあなたを救ってくれるのです。

04.
ランチはしっかり食べよう

多くの人がランチタイムの休憩を軽視しているように思います。たとえサンドイッチをつまむ15分であっても、とても大切な時間なのです。

人生は長いゲームです。自分の健康を無視することは、長い下り坂の最後に待ち構えている大きな問題に自ら突っ込んでいくようなもの。

それでも忙しすぎて「昼食なんか食べてるヒマがない!」という人もいるかもしれませんが、私は約束できます。ランチを食べるくらい、絶対に大きな問題にはならないと。

05.
何もしない
「5分」をつくろう

Medium 0439db2e3c7dfd2df7c366e511a56c816f245c1a

おそらく多くの人が、夜自宅に帰って「疲れたー!」とソファに沈み込むまで、一日通して自分自身をプッシュし続けているでしょう。

でも、朝と夜にゆっくりした時間が必要なのと同じで、1日の真ん中にも「何もしない5分」が必要なのです。

「そんなのムリだ」という人は、トイレの中でもいいかもしれません。ぼーっとしてみましょう。人生はスプリントレースではありません。長いマラソンなのです。

06.
自由な時間を見つけよう

自由な時間は、あなたのクリエイティビティに関係します。心も寄り道することが大切なのです。

でも気をつけてほしいのが「自由な時間をつくらないと!」と強制的な気持ちで休んだ5時間と、心からリラックスした1時間とでは、後者のほうが理想的だということ。時間よりも質なのです。「木を見て、森を見ず」という状況は避けましょう。

07.
貯金と節約。
お金を管理しよう

Medium 72f0a0dd4231d21e1ca7807cb1ba84c40dd91e7f

ストレスの多くは、お金が原因です。でも本当に「お金」が悪いのでしょうか?

人生を成功させるために、少しだけでも金融について学ぶ時間を作ってみてはいかがでしょう。貯金もしておきましょう。節約を心がけ、本当に必要なものだけを購入しましょう。月に1度、自分が何にお金を使ったかレビューしてみることも習慣づけてください。

真剣に取り組めるようになるにつれて、なりたい未来像に近づくための習慣作りができるようになるはずです。

08.
知らない人に
自己紹介してみよう

電車に乗っているときやコーヒーショップの列に並んでいるとき…あなたが最後に知らない人に話しかけたのはいつですか?

私の一番のビジネスコネクションは、ジムの中でのランダムな会話で作られました。誰があなたの魅力を引き出してくれる存在かなんて、話をしてみないとわかりません。

積極的に自己紹介をする習慣を身につけてみましょう。これは、人生を楽しいものにするもっとも簡単な方法のひとつです。

09.
新しい世界を探検しよう

Medium aba3f177203c3b8c190ac175cc637fe014b935ae

いつもと同じメンバーで、同じ場所に行き、同じ料理を注文することは簡単なことです。でも、新しいものを開拓する習慣を身につけましょう。

新しいコーヒーショップに行きたければ、行きましょう。新しいレストランに行きたければ、予約をしましょう。

あなたから行動を起こさない限り、何も変わらないのです。

10.
日記をつけてから
ベッドに入ろう

もっと評価されるべきだと思いますが、就寝前の「日記」と、実際に「睡眠をとること」の2つは、身につけてほしい習慣です。

眠る前に1日を振り返ることで、翌朝も「自分が成功するためには何が必要か」という明確なビジョンを持ったまま目を覚ますことができるでしょう。

また、睡眠そのものも大切で、7.5時間がいいとされています。もしも5〜6時間しか睡眠時間が取れていない人は改善するべきです。

いくらコーヒーを飲みながらフラフラで仕事をしたとしても、しっかり休んでから取り組んだ時の生産性にはかなわないでしょう。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
誰だって「しあわせだな」と感じる日もあれば、逆の気持ちになる日もあるーー。結局しあわせって誰かと比べるものではなく、自分の考え方次第なんでしょうね。ここに...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
30代になり、ここから自分を変えていくのは難しいだろう...と諦めかけているあなた。ぜひ、読んでもらいたいのは、「Inc.」のライターElle Kapla...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
幸せな人生は、どうすれば手に入るの?つい難しく考えがちですが、そのための鍵は、意外と日々の生活の中に潜んでいるかもしれません。「Little Things...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?ちょっと考えてしまった人は習慣を見直してみるといいかもしれません。ここでは、ライフスタイルを中心とした情報...
NYで人気のウェブメディア「YourTango」で紹介されていた、40代のライターAndrea Reiserさんが自身の経験から、もっと早く知っておくべき...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
人生をシンプルに過ごすってどういうことだろう?一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言え...
どれだけ頑張ってもお金が貯まらない人。一方で、何もしなくてもお金が集まってくる人。この両者の違いは何でしょうか?お金持ちの人たちを調査する中で、ある共通点...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
人生を成功させる秘訣、そのひとつ「失敗を乗り越え成長する」こと。成功へと導くためならば、経験しておいた方がいい失敗があります。それがこの6つ。やっぱり、失...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...