ネガティブな性格を変えたいあなたへ。前向きに生きるための「5つの習慣」

Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。
自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになりたくてもなれないジレンマを抱えた人も多いはず。そんな状況から抜け出すための重要なヒントがこの記事にまとめられています。中には今日からすぐ始められるものも。まずは、トライすることから始めましょう。

intothenight150821-02


ネガティブな情報が多い昨今。テレビでは殺人事件や残虐なニュースが頻繁に流れています。世の中がおかしくなってしまったと感じることもあるでしょう。
でも、ネガティブな情報は自ら跳ね返さなければならないものです。負の連鎖に入らないよう、ポジティブでいられる習慣を身につけるのです。

intothenight150822-03

01.
ハッピーだった出来事を
紙に書き出す

intothenight150822-0123

毎日、特にブルーになった日には、普段感謝していることを紙に書き出しましょう。自分の人生に起こったハッピーな出来事を思い出すだけで、気分が明るくなるはず。

02.
とにかく自分のことを褒める

Al Franken氏は、テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で自分のことを褒め続けていました。彼は今ではなんと、アメリカの上院議員です。
自分を肯定してあげると、能力は伸びる。「ここが自分のいいところだよな」と感じる部分を素直に口に出してみてください。ポジティブな言葉を発するための脳の訓練にもなります。

03.
可能なかぎり、
周囲をポジティブな人で固める

intothenight150822-04

後ろ向きな人と一緒にいては、ポジティブになるのは難しい。ネガティブな人を見切る必要はありませんが、距離感を考えて付き合うことをお勧めします。そうして生まれた時間は、ポジティブな人と一緒に過ごすように。

04.
何があっても
自己否定をしない

ネガティブな考えが沸き起こるときもあります。でも、思い切って無視してください。不必要に自分に厳しくなることはありません。自己評価を低く見積もるのは逆効果です。自信がなければ、行動して自信をつければいいだけ。自らを否定したところで、何も変わりませんから。

05.
たとえ小さなことでも
“誰か”のために行動する

intothenight150822-08

誰かの助けになることで、自分のほうが救われることも少なくありません。募金をする、ボランティアをする、困っている人に手を差し伸べる。どんなに小さなことでも、誰かの役に立つことは嬉しいものです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみた...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
なんとなく、癖がついているその行動。じつは心に毒かもしれません。今回「Inc.」のライターNicolas Coleさんが紹介するのは、あなたを「ダメにする...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...
三度の飯より犬が好き!そんな愛犬家に贈る、ライターRebecca Endicott氏の記事を「LittleThings」から紹介。行動から見えてくるワンち...
講師や作家としての顔を持つTamara Starさん。彼女のブログ「Daily Transformations」では、不幸な人に共通している7つの習慣とい...
根暗とは根っこが暗い、つまりどうしてもネガティブにものごとを考えてしまう性格のことを言います。あまりにも根暗が進行してしまうと、なにごとにおいても積極的に...
後悔ばかりの人生なんて、誰もが送りたくないですよね。そのためには、ここで紹介する選択をしないことが得策かもしれません。ブロガーSteven Bancarz...