知らず知らずにあなたをダメにしている17の習慣

なんとなく、癖がついているその行動。じつは心に毒かもしれません。今回「Inc.」のライターNicolas Coleさんが紹介するのは、あなたを「ダメにする17の習慣」について。

ポジティブシンキングを意識することで、明日を少しでもいい方向に持っていける記事をお届けしたいと思います。

01. 
やると決めた習慣を
やらない

Medium fe853969e3e72b66e47ad95af5ddbd6ef1030395

決まった曜日にゴミを出すと決めたら、継続してやることが最も重要なポイントです。やらないままでサボっていると、できていない自分にストレスを感じるだけ。

02. 
簡単な道ばかり
選んでいる

時間短縮だと言って、到達したい目標まで近道を利用していませんか?

たとえ大変でも、1から10まですべてのステップを自分自身で踏むことで、経験の質がグンと上がります。面倒なところは周りに任せるのではなく、自ら率先して動いていきましょう。

03. 
しっかり睡眠時間を
とっていない

「彼は睡眠時間が少ないわりには、仕事をちゃんとこなしている」なんてことは、虚構に過ぎません。人間は寝てこそ脳をフル活用させることができるのです。

04. 
ネガティブな発言が多い

マイナス方向に引っ張る発言やエネルギーは、周りも自分も疲れさせてしまうものです。

05. 
すべてが正しくないと
気が済まない

Medium d0ea04670946c3527b6da34a6a262422299e3a6a

たとえどんなに頑張っても、「どっちが正しかったで賞」を与えられることはないでしょう。

06. 
息つく間もなく忙しい

最後に深呼吸をしたときを思い出せないあなたは、「忙しい」を通り越して、余裕のかけらもない証拠。自分の時間の確保を忘れないように。

07.
3秒に1度
メールをチェックしてる

ちょっとの間だけ、スマホをそっとしておいてみてはいかがでしょうか?

08.
糖質の摂りすぎ

食べたあとにどっと疲れを感じるのは、糖質をたくさん摂取し、インシュリンというホルモンが急上昇してしまっているから。疲労を軽減するには、糖質を控えてみるといいでしょう。

09.
カフェイン漬け

好きで飲むのと、中毒になるのは別物なので注意が必要です。

10.
働いてばかりで
遊びを忘れている

Medium b379120d8c1065f10f42fe497971361abfe5dd28

とくにクリエイティブな仕事をしている人にとっては、アウトプットと同じくらいインプットが必要。たまには仕事を忘れて、他の何かに没頭してみては?

11.
似たような
友だちしかいない

違う考え方を持つ人との会話は、いつだって刺激的です。いろんな人と関わることで人間関係も潤ってくるでしょう。

12.
運動をしない

ただ立っているだけではエネルギーは生まれないし、消費もされません。自分の体に負荷をかけ、鍛え上げると体自身も喜ぶものなのです。

13.
興味のあることを
深堀りしていない

自分が情熱を持てるものに対して一生懸命になると、生きるエネルギーがみなぎってきます。

14.
たくさんのことを
いっぺんにやろうとする

Medium 6cbfd0f363bf2ba9a5a50f74ebde9cbe3d69812c

背負うものが多いと、次第に身動きがとれなくなってしまいます。たくさんやろうとすることは努力家の印ですが、必要以上に自分に負担はかけないように。

15.
感謝を怠る

達成感を感じることも大事ですが、毎日のいろいろなことにどれだけ感謝できているかのほうが、実は重要です。

16. 
人の話を聞かない

これは、相手に対してとても失礼なこと。聞くときは、100%相手の話に耳を向けましょう。

17. 
自分がしたいことに
時間を割いていない

自分の好きなことをしていると、エネルギーは自然と湧き出てきます。自分の「好き」を忘れないようにしましょう。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
「普段の何気ない習慣の中にも、自分をダメにするものがたくさんある」と訴えるのは、オーストラリア・パース在住のライターALETHEIA LUNA氏。「Exp...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
自分にできないことや欠けている部分に目がいくのは人間の性です。だけど、そんなことをしても落ち込むだけ。だったら1日の終わりに「プラスの出来事」を振り返る習...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
長い人生、ずっと同じ自分じゃつまらない。どうせなら、毎日少しずつ内面を磨いて、より良い自分へと変身しませんか?「Inc.」のライター、Nicolas Co...
豪邸に住むこと。憧れの仕事につくこと。理想の恋人を手に入れること…。叶わないのは、あなたの行動が知らず知らずのうちに不幸を呼び寄せてしまっているかもしれま...
自分の弱さを克服し、ここぞというときに力を発揮したい。そんな人にオススメの記事です。「I Heart Intelligence」でライターのJustin ...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
将来の明暗を分けるのは、正しい習慣を身につけるか、間違った習慣を身につけるかにかかっています。概して日本人は控えめに自己表現をしてしまいますが、言葉とはお...
老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。ディズニーで働く彼の視点から学べるこ...
「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみた...
「幸せになるのは、どうしてこんなに難しいのだろう?」女性が生きやすい世界に向けての活動を行うTamara Star氏がこの問題について言及した記事を紹介し...
美人は3日で飽きるとはよく言ったものですが、その格言に賛同するのは、米女性起業家のSaren Stiegel氏。男性がずっと側にいたいと思える女性は、美し...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
必ずしも「仕事ができる人=早く出世できる人」とは限りません。出世には仕事のパフォーマンスだけでなく、様々な要因があると言われています。とくに心理学的な研究...