「この人、仕事できなそう・・・」と思われないために気をつけたい5つの習慣

現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、それを“良かれ”と思ってしまっていては、後々痛い目に合うのは自分自身。たとえば、書籍『バカに見える人の習慣』(樋口裕一・著)より紹介する5つの習慣に思い当たる節があれば、ぜひ気を付けて見て欲しい。

01.
思い込みで
自分を束縛する

shutterstock_186208430_2言うまでもないことだが、「私はこんな人間」と決めつけることは、自分を狭めることになる。「自分」というのはこれから自らの手で徐々に築き上げていくものだ。自分はまだまだほかの要素を持っている。

自分に限界を定めて何もしようとしない人間は、引っ込み思案になり、消極的になり、弱気になって、のちに周囲から「頼りにならない人間」と見なされてしまう。

02.
「過去」を基準に
物事を判断する

世間話や趣味の世界で「昔は良かった」と言っているだけなら、実害はない。それぞれの世界で過去のノスタルジーに浸ればいい。ところが、そういう人に限って仕事でも古い思想にこだわる。

「昔、俺に仕事を教えてくれた人たちはみんなすごかった。仕事に取り組む姿勢が、今とは違っていた。会社を大きくしたのはあの人たちだった」などと懐かしむ。しかし、「昔は良かった」という言葉は、言い換えれば「私は現代の世の中についていけません」という告白以外の何物でもない。いわば自分が現代社会においては愚かな存在であることを、自ら証拠立てているに等しい。

03.
失敗を失敗としか
考えられない

shutterstock_377450143_2「あの時、あんなことを言ってしまった。なぜ、私はあんなことを言ってしまったんだろう。私もつい調子に乗ってしまったのが失敗だった……」といった具合に、このタイプの人の思考は堂々巡りをすることが多い。

賢い人とそうでない人の大きな違いは、これからどうするかを考えられるかどうかだ。過去については変えようがないが、過去に起こった失敗をむしろプラスに転ずる方法を考えることもできる。過去にこだわっていつまでもくよくよしている人は、そのように過去をプラスにする方法を自ら放棄しているのと等しい。

04.
チームの輪を乱す
完璧主義者

一般的な仕事において、完璧主義な人間ほど困ったものはない。それは3つの点においてだ。彼らは第1に、チームプレーを乱す。第2に、時間がかかる。第3に、自分を追い込む。

それ以上に、完璧を目指すと、中途半端であることを自分に許さなくなる。自分に厳しくなり、自分にプレッシャーをかけることになる。常に仕事に追われることになる。そうこうするうちに、仕事が間に合わなくなり、仕事のできない人間になってしまうのだ。

05.
好奇心を持たず
指示でしか動けない

shutterstock_360676460_2知的好奇心のない人間は、すべてのことを変えようのない運命と思って受け取る。「ここをこうすれば良くなるのに」と思えば、工夫のしがいがあり、生きがいも生まれ、自分も楽になるのに、そこに乗り出そうとしない。知的好奇心がないので、それを思いつかない。「仕方がない」「自分が我慢すればそれですむ」と思ってしまう。人生は耐え忍ぶものになり、他者からの指示によって動くことが働くことになってしまう。つまりは、ずっと愚か者として扱われることになってしまうのだ。

バカに見える人の習慣

バカに見える人の習慣~知性を疑われる60のこと~(著:樋口 裕一)

本人も気づかないうちに、その人の“知性”を損ねていた「バカの素(もと)」は何か? 小論文指導の第一人者にして、250万部のミリオンセラー『頭がいい人、悪い人の話し方』の著者が教える、近ごろ目立つ「バカに見える行動」から逆説的に学ぶ知的習慣のヒント。

あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
生きていると「世の中は平等ではない」と思うこともありますよね。周りは幸せなのに、なんで自分だけ上手くいかないんだろう…と。でも、嘆くより前にやるべきことが...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
デジタルマーケティング会社のCEO、Jason Parksさんが「Elite Daily」で綴った記事を紹介します。週末の過ごし方が翌週の仕事の効率に大き...
社会人として生活していると、自分の上司がどんなプライベートかなんてあまり想像がつきませんよね。一見パワフルで厳しい女性の上司だって、もしかしたら意外な素顔...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...