「時間がない」が口グセの人に共通する5つのこと

1日24時間。それは誰にとっても同じことなのに、使い方が上手な人と下手な人がいるのはどうして?

ここでは、書籍『なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか(著:石田淳)』から、そんな時間がない人の思考パターンをピックアップしました。
ひとつでも当てはまる項目があった人は、時間の使い方を見直しましょう。

01.
プライベートの時間が
確保できていない

how-to-use-time1

毎日残業続きで、夜遅く一人暮らしのアパートに帰宅。もうヘトヘトでいつの間にか眠ってしまった。早起きをして、本を読んだり、資格試験の勉強をしたり、ジョギングしたり…、やろうやろうと思っているのに、体力も気力も残っていない。連日こんな調子でああどうしよう。改善の兆しすらない…。
こんな経験、あなたにも身に覚えがありませんか?

02.
「一流は多くを器用にこなせる人」
と勘違いしている

世界一忙しい人に含まれるであろうオバマ米大統領は、激務の合間を縫って、毎朝ランニングを欠かさないそう。「自分の時間」もキッチリ確保できる人がいる一方、いつも「時間がない」と嘆いてしまう自分がいる。

この差って一体何?
一般的に、「一流の人ほど多くのことを器用にこなしている」という印象があります。しかし、実際はその逆。デキる人ほど、「これはやらない」と線引きができているのです。だからこそ、時間の使い方にムダがなく、本当にやるべきことをやる時間を確保できるのです。

03.
優先順位が低いものを
思い切って削れない

how-to-use-time1

GMOインターネット(株)の熊谷正寿社長は、このような興味深い習慣を持っています。
それは、1週間分の服のコーディネートを人に選んでもらう、です。そうすれば「今日は何を着ようか?」と迷わない。時間も短縮できて、悩み迷うことのストレスもゼロ!優先順位が低いものを削り、重要なものを生かすという、思い切りの良さも時には肝心。時間のトレードオフが必要なんです!

04.
「死んでいる時間」の存在を
自覚できない

how-to-use-time1

我々の生活の中には、一見必要なことにも、ムダが潜んでいるもの。たとえば、ビジネスマンがメールの内容を考えるだけで10分も20分も割いてしまったり、忙しい主婦なら、毎食ごとに食材を買って、一から調理するのは非効率的。
しかし、「ちゃんと働いている」「きちんとこなしている」と錯覚してしまい、「死んでいる」とは自覚しにくいのです。今一度、「死んでいる時間」を探してみましょう!

05.
“やる気”と“根性”で
何とかなると信じている

「行動科学マネジメント」を用いたセルフ・マネジメントとは、「すべての結果は行動の蓄積である」という考え。
たとえば、ダイエットしようと決めたあなた。実現できるかどうかに必要なのは、やる気?根性?いいえ、目標に到達するまでの「行動」なのです。目標達成のために必要な行動を徹底的に分解して、誰でも再現できる形にするのが、「行動科学マネジメント」。これって、裏を返せば、行動を「知る」だけでOK。

つまり、やる気や頑張り具合に関係なく、いつ、どこで、誰がやっても、同じ結果が出せるのです。

なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか

なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか(著:石田淳)

「どんな人が試しても、同じ結果を引き出せる」と全米の一流企業で話題になったマネジメント手法を日本人向けに改良した「行動科学マネジメント」の第一人者が、科学的かつ具体的な“時間の増やし方”を伝授。

「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
1日のムダな時間って知らず知らずのうちに増えてしまうもの。そのムダを可視化するために、まずは自分の行動を計測してみましょう。計測することで、排除すべき点が...
昨日と同じ仕事なのにはかどらない、じっくり丁寧に作業していたら上司に注意されたなど、自分の要領の悪さにイヤになってしまう…。実は、仕事というのは定型化して...
「時間」は誰もが平等に使える唯一のもの。慌ただしく生活し、余裕がなさそうな人もいれば、効率のいい使い方でスマートに生きる人もいます。中には、バタバタしてい...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
あなたは、みんなとワイワイ過ごす時間が好きですか?それとも、ひとりの時間を大切にしたいタイプですか?もちろん「両方とも大切」という人も多いでしょう。ここで...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
時間が大切だということは誰もが分かっている。けれど、心の底から時間の大切さを分かっていると断言できる人はどれくらいいるだろう?時間の使い方は単なるテクニッ...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
Ashley Fernは、NYのライフスタイル情報を発信するメディア「Elite Daily」の編集者として活躍する女性。ここでは、彼女が20代に向けて書...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
ビジネスにおいて大きな成果を残している人に話を聞くと、彼らは口を揃えて「もっと時間が欲しい」と言います。時間はすべての人に平等です。にも関わらず、いつも時...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
仕事柄、私は今まで一流と呼ばれる多くの人々と会ってきた。また、私の学生時代からの友人もさまざまな業界で活躍している。そういう人と接するときにいつも聞いてい...