超一流に学ぶ、「ひとり時間」の過ごし方

仕事柄、私は今まで一流と呼ばれる多くの人々と会ってきた。また、私の学生時代からの友人もさまざまな業界で活躍している。そういう人と接するときにいつも聞いていたのは、「どんな休息を取って、高いパフォーマンスを発揮しているのか?」ということだ。

ここでは自著『超一流の超休息術』から、一流の「ひとり時間の過ごし方」をピックアップして紹介する。ひとりの時間をいかに使うかが、仕事のクオリティを左右するのだ。

01.
過去のすばらしい思い出に浸り
心の安らぎを得る

iStock_000013821137_Mediumhow-to-rest1150921-03

仕事がつらい。じっくり休んだつもりでも、疲れが取れない。そんなときは自分の中にある「過去の産物に頼り、休息する」のだ。過去の産物とはズバリ、これまでの人生で心から楽しかったこと。心から安らいだ瞬間を思い出して、それに浸るということだ。

いい本を執筆できたこと、クルーザーを運転した爽快感、学生時代にパーティーを主催して完全燃焼したこと。こうしたことを思い出す。そうするだけで、まるでお酒を飲んで酔うがごとく、頭の中に快楽の感覚が巡りだす。これが、思い出で自分の心を救うという方法。

仕事に向かう気分を高めるために、過去のいい思い出を引っ張り出すことは、大変効果的なのだ。

02.
知らない街で
新しい自分に生まれ変わる

iStock_000008220964_Mediumhow-to-rest1150921-04

心のモヤモヤをなくしたい。心の休息時間をつくりたい。

そう思ったら、知らない街に行って、ふらっと気が向くままにお店に立ち寄り、人に話しかけてみるといい。そうするだけで、あなたにこびりついてストレスの原因を、頭の隅に追いやることができるのだ。

知らない街で知らない人と会話をするときは、ある種の集中力を要する。一瞬一瞬のコミュニケーションに没頭する必要がある。その瞬間に、新しい自分に生まれ変わる。いつも同じような人と同じような場所でコミュニケーションを取っていても、心に新鮮な風は吹かない。あなたのことを全く知らない人と、いつもならしないような会話をしてみる。この緊張感こそが大切なのである。

03.
心配事は一旦忘れて
気軽に過ごす

あなたは「忘れる技術」を持っているだろうか。煩わしいこと、悩みの原因となるもの、あるいは遂行しなければいけない職務などの「心配事」を忘れることはとても大切だ。仕事で致命傷を負うほどでもないのであれば、極限まで煩わしいことは「忘却する」に限る。

酒を飲む、友人と電話で会話する、スポーツジムに行く、好きな映画を見る、ゲームをする、うまい物を食べる。都合の悪いことは忘れよう。これこそが究極の休息法なのである。一流と呼ばれる人は、忘れることが非常にうまい。嫌なことと付き合わないと初めから決めているのだ。何事も真面目に考えすぎないことだ。気楽に生きることも、仕事に没頭するためには必要なのである。

04.
読書で問題解決の
ヒントを得る

iStock_000052190178_Mediumhow-to-rest1150921-02

読書をすることで、心に栄養を補給する。ここで大切なポイントをひとつ。それは、心の疲れを癒すのに効果的な本をピンポイントで選ぶということ。自分を癒すことにつながらない本を読んでも、かえって疲れてしまうから気をつけたいところだ。今のあなたの状態にぴったり合った本を探せるか。これが重要だ。

私の場合は、自分の抱えている問題を明確にしてから、書店を約10分で1周する。そのときにタイトルをチェックしていく。次に、気になる本がある場所へ行き、1冊ずつ前書きと目次を読む。問題解決に有意義なことが書かれていた場合は、その本を買う。そしてその日のうちにナナメ読みをして、エッセンスを抜き出し、問題解決に生かす。

教養のための読書ではなく、問題解決のための読書である。そうして心の休息を取るのである。

05.
朝5時に起きて
早く仕事を終わらせる

shutterstock_190791335how-to-rest1150921-04

やることに追われている心理状態が、心を疲れさせることがある。就業時間が終わりに近づいても仕事が終わらない。そんな日の1日の終わりは決まって「今日の自分もダメだった」となる。これがモヤモヤした疲れを心に残す原因となるのだ。

こうならないための究極の休息法がある。それは、早起きして「やるべきこと」を前倒しするという休息法だ。朝5時に起きて、仕事でも勉強でもやるべきことを前倒しで始める。

「今日はすごく仕事が進んだ!すでに1日のノルマを果たしたんじゃないか?」

そう思って時刻を見ると、まだ朝の7時。この瞬間の快感と安堵感は極上である。究極の希望と、究極の休息は、朝に作られるのである。

06.
自分で自分を
抱き締めてあげる

iStock_000016405070_Mediumhow-to-rest1150921-06

疲れ切ったときは、自分自身を抱き締めてみよう。自分をこう労うのである。

「おつかれさま!よく頑張ったね」

そして、何度も何度も深呼吸をしてみる。もちろん公衆の面前やカフェなどでやったら気味悪がられるが、自分の部屋でやれば問題ない。自分をしっかり抱きしめたら、次に両手で両腕、両もも、両ひざをさすってみるのだ。何度もさする。そして深呼吸する。

すると不思議なことが起きる。何か大きな力に褒められ、労われ、そして癒されているような気分になるのだ。呼吸も深くなり、誰かに守られているような暖かい気分になる。究極の心の休息状態を得ることができるのだ。

頭は優しくされた記憶をきちんと残している。自分の頑張りを自分で労わってあげる。こうすることで、自分という存在の大切さも認識でき、自分に自信を持つこともできるのだ。

07.
映画のクライマックスシーンを見て
思い切り涙を流す

精神も体も何もかも張りつめてしまい、疲労困憊。かといって眠いわけでもない。それでいて、デスクを離れられない。そんなそきに効果的なのが、「泣ける映画のクライマックスシーンを見る」という休息法だ。涙腺も思考回路も緩んで、硬くなった思考回路が自然に緩んでいくのを感じる。情動によって出る涙は、抗ストレスの能力を持つと言われている。

ストレス状態は交感神経の緊張が高いということ。涙を流すことで手っ取り早く副交感神経を優位にし、リラックスすることができるのだ。ポイントはクライマックスシーンを見るということ。一番盛り上がっているところだけを見ることで、短時間でリラックスすることができる。ぜひ試してみてほしい。

08.
夜の街を徘徊して
冒険気分を味わう

iStock_000021020241_Mediumhow-to-rest1150921-06

「体は重いし、でも眠れなさそうだし…」
そんな夜の憂鬱さといったら何物にも例えがたい。酒を飲むのもいいが、毒をめぐらせるように眠り、翌朝重い体でうめきながら起きる酒はよくない。

そんなときは、思い切って「その場」から飛び出すことをおすすめしたい。そしてひとりで夜の街に飛び出し、自分のペースで徘徊するのだ。そうするだけで、ヘドロのようにこびりついた憂鬱な疲れが、ほんの1時間で吹き飛ぶ。重かった体が、嘘のように軽くなる。

この夜の徘徊がリフレッシュに効果的な理由は、街に出ることにより、ある種の警戒心理、冒険心理が芽生えるからである。翌朝、起きてすぐノートパソコンを開き、仕事をしてみる。そのときの滑り出すような仕事の快調ぶりはクセになる。

超一流の超休息術
コンテンツ提供元:ワニブックス

潮凪洋介/Yosuke Shionagi

株式会社ハートランド代表取締役。エッセイスト、作家、講演家、イベントプロデューサーとして幅広く活躍中。「自分流の人生の作り方」「恋愛活性化・少子化問題」などをメインテーマとして執筆・講演を行う。これまでに50冊の書籍を書き下ろしている。文化人・文章力養成学校である潮凪道場では年間800回以上のレッスンを実施。その傍ら、趣味のキックボクシング、クルージング、サーフィン、家族とのアウトドア遊びも楽しむライフスタイルを送っている。

休息というと、ただ寝ることをイメージされるかもしれない。しかし、超一流の人々は、もっと創造的になる休息を取っている。心も体も疲弊している状態では創造的な発...
あなたは、みんなとワイワイ過ごす時間が好きですか?それとも、ひとりの時間を大切にしたいタイプですか?もちろん「両方とも大切」という人も多いでしょう。ここで...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
1日のムダな時間って知らず知らずのうちに増えてしまうもの。そのムダを可視化するために、まずは自分の行動を計測してみましょう。計測することで、排除すべき点が...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
毎日仕事の繰り返しの日々。今に不満はないけれど、何か違う明日を欲しているあなた。休日を活用することで、ウイークデーの心も輝かせませんか。休日の過ごし方をタ...
ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。そんな...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
昨日と同じ仕事なのにはかどらない、じっくり丁寧に作業していたら上司に注意されたなど、自分の要領の悪さにイヤになってしまう…。実は、仕事というのは定型化して...
ひとり暮らしの人にとっては当たり前の「あなただけの時間」。でも、複数人で生活している人は、その時間が恋しく感じることもあるはずです。そんな時は、このイスを...
最近よく聞く絶食系女子という言葉。どんな女性なのかイメージがわきますか。まさに、恋愛を経験したくない、恋愛はちょっと面倒だと考えている女性たちのことです。...
「幸せじゃないなら別れちゃえば?」そう口にするのは簡単ですが、なかなか離れられず、今の恋愛をうまくいかせようと試行錯誤するカップルも多いはず。でもその恋愛...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
デジタルマーケティング会社のCEO、Jason Parksさんが「Elite Daily」で綴った記事を紹介します。週末の過ごし方が翌週の仕事の効率に大き...
ここで紹介する過ごし方は、忙しい毎日を送っている人にオススメするものです。心身ともに疲れを感じているなら、恋人も家族も忘れて、まずは一人の時間をつくること...
1日24時間。それは誰にとっても同じことなのに、使い方が上手な人と下手な人がいるのはどうして?ここでは、書籍『なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか(著:...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...