「できたこと」を振り返ってポジティブ習慣を身につける方法

自分にできないことや欠けている部分に目がいくのは人間の性です。だけど、そんなことをしても落ち込むだけ。だったら1日の終わりに「プラスの出来事」を振り返る習慣を身につけませんか?

永谷研一さんの著書『できたことノート』では、自分ができたこと、を探す方法がまとめられています。これはあなたの殻を破るチャンスかもしれません。

大切な3つのキーワード
感情・数字・人の反応

Medium 1f11de851d3d7162aaeb047a3128d20ac8b1c5f9

ポジティブ思考になるためにも、毎日「できたこと」を探すことは大切なこと。なぜなら、日々の生活のなかにある自分の「できたこと」を見つけることで、本当の自分の気持ちに辿り着くことができるからです。

これは、自分の良いところを探すのですから、とても楽しい作業になります。慣れてくると簡単なのですが、最初は戸惑う人も多いかもしれません。そこで、次の3つのキーワードで物事を考えるようにしましょう。

1. 感情の変化……スッキリ、ワクワク、ハツラツ
2. 数字の変化……時間、数値、習慣化
3. 人の反応……感謝、表情、行動

このように整理して自分のやってきたことを見つめると、誰でも簡単に探すことができます。

具体的な「変化」に
気づくことが大切

Medium 22485231f5ff3dbfcc02f453b318bb2d4d45ca40

先ほどのキーワードそれぞれについて、具体例を挙げてみましょう。

感情の変化は、日常の中で「気持ち良い!」と思うことを見つけてください。

・スッキリ……机の上を片付けた
・ワクワク……電話の対応が上手にできた
・ハツラツ……駅で階段を使った

数字の変化は、数に着目することで、より簡単に探すことができます。

・時間……納期どおりに商品を出荷した
・数値……商談をいつもより3件多くこなした
・習慣化……新聞を3ヶ月毎朝欠かさず読んだ

人の反応は、よく他人を観察して、相手の反応を感じてください。

・感謝……「ありがとう」を言ってもらえた
・表情……後輩を褒めたら笑顔になった
・行動……スピーチの後、たくさんの拍手をもらった

これらを参考に、自分の仕事とうまく関連づけて探してみてください。そしてそれぞれ書き出してみましょう。とにかく忙しい毎日の中で、どんなに小さくても「できたこと」を見つけることが大切なのです。

深く考える
「内省」も大切

Medium c3e90b690636a15f19e8c8d5b8684857282f7f56

次に「できたこと」に対して深く考える内省をやってみましょう。自分に変化をもたらすような気づきにつなげるためには「なぜうまくできたのか」と、経緯を自己分析し、それをまとめた内省文を書くことが大切なのです。

しかし、下記の3つの要因によって、自己分析をするなかで思考停止に陥る人がいます。

1. 感情が先立つ
事実を冷静に見つめるためには、客観性が重要です。その後に感情に触れてください。

2. 程度が曖昧
「もっと」などの副詞を使った言葉は、どの程度のことを言っているのかわかりにくいですよね。数値でしっかり表すようにしましょう。

3. 報告文になってしまう
他人に報告しているような言葉で書いている人がいます。内省は自分自身の心との会話です。本音で書きましょう。

以上3つの注意点に気をつけながら内省文を書くと、自分の変化に気づくことができます。内省とは単なる日記ではなく、自分を深く観察することなのです。

知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモを...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...