読書習慣を身につけるために守りたい6つのコト

知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、読書習慣を身につけるために守りたいことを6つ探してみました。

ここに書いてあることを守れば、あなたにもきっと読書習慣が身につきますよ。

1.まずは新書や文庫のような「小さな本」から

本

読書が苦手という人にありがちなのが、無理して最初から分厚い本を読もうとすることです。最初は手軽なもので構いません。

普段から持ち歩くのがベストなので、できれば文庫本や新書本といった小さなサイズのものがおすすめです。

2.つまらないと感じた本は、途中でやめる

つまらないと感じ本を無理して読んでいても苦痛なだけですよね。そんなことを続けていたら、読書自体が嫌いになってしまいます。

大切なのは最後まで読むことではなく、読書を続けていくことです。「つまらない」「必要ない」と感じた本は、思い切って読むのをやめてしまいましょう。

3.興味のある分野の本が、読書習慣を作る

本

読書習慣をつけるには、興味のある分野から入ることが大切です。
誰でも興味のある分野の本なら、読むのはそんなに苦痛ではないはずです。

例えば、「SFが好きならSFもの」「推理が好きなら推理小説」というように、好きなジャンルの本から入るとよいでしょう。
また、好きな映画やドラマの原作といったものもおすすめです。原作と映像はまったくの別もの。映像にはないストーリーに出会えるなど、新たな感動が生まれるかもしれませんよ。

他にも、仕事に関する本や会話の引き出しを増やすための雑学など、興味を惹かれたジャンルのものなら何でもOKです。「○○は読書にふさわしくない」なんて、線引きしないことが大切です。

4.目に見えるところに本を置くことが大切

読書習慣を身につけるには、目に見えるところに本を置いておき、意識に「読書」を訴えかけることも大切です。

例えば、リビングや自分の部屋、ベッドの枕元に本を置いておく、本棚の位置を目につく場所に変えるなど。また、通勤かばんの中に本を入れておくのもよいですね。

そうやって本を読む習慣を視覚的にも訴えかけるようにすれば、自然と読書習慣が身につくようになりますよ。

5.毎日の「読書タイム」は短くてもOK

Beautiful woman model with coffee, pastries, home phone on the b

毎日30分でも1時間でもいいので、読書の時間を作りましょう。

朝ご飯を食べた後、通勤の途中、夕食後リラックスしている時、就寝前など、毎日必ず読書をする「読書タイム」を習慣づけると、自然と読書習慣が身につきますよ。

6.「読書ノート」を作ると、読書習慣が長続きする

気になる本や読みたい本、読んだ本やその感想、そういったものを書く「読書ノート」を作ると、読書の効率が上がり、長続きするようになります。

最初は落書き程度で構いません。自分だけのノートなので、きっちり書く必要はないのです。興味と達成感を刺激するとして、読書好きの間でもおすすめされている方法です。

読書習慣を身につけるための6つのポイントを紹介しました。読書習慣を身につけるには、負担にならない程度に少しずつ読書をしていくことが大切です。最初からハードルを上げすぎないように注意しましょう。

「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう? 私たち...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
「本を読みなさい」なんていう言葉は漠然としていますし、聞き飽きているかもしれません。しかし、ちょっと違った目線からビジネスパーソン、とくにリーダーに役立つ...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そ...
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...