「仕事ができる人だ」と思わせたいとき、このフレーズが役に立つ。

実務をこなすスキルはもちろん重要ですが、ミーティングやプレゼンなど、対面している相手に「仕事ができそう」「わかる奴だ」と思わせるほうが、重要なこともあります。

たとえば、内容が理解できなかった会議で意見を求められたとき、上手な逃げ道を用意できていますか?

会社経営やリーダーシップ論で200万部以上を売り上げたピーター・エコノミー氏が、「Inc.」で紹介しているのは、相手を信頼させるための、それっぽいフレーズ。英語でのニュアンスなので、必ずしも「万能だ!」とは言い切れませんが、頭の片隅に残しておいて損はなさそうです。

01.
「率直に言って…」

Medium c1c9083b93b9eb5a72565b2765e002cacbe084ef

これは、「正直に言えば」や「本音を言えば」よりも、ストレートに思っていることを口に出す姿勢を示すフレーズ。はっきりと意見を言える人間だ、と思わせることが信頼に繋がります。

02.
「これが、私の思っていることの全てです」

意見やプレゼンの最後にこのフレーズを使うことで、それが単なる憶測ではないことや、小手先で述べたわけではない、という印象を聞き手に与えます。

03.
「あくまでも私の見解ですが…」

これから始まるあなたの話が「わかった気でいる」ものではなく、自分の立ち位置を理解した上で述べていることを示すフレーズです。

それがたとえ見当外れであっても、ただの無知だとレッテルを貼られるのではなく、ひとつの意見として受け入れられやすい状況になります。

04.
「私なりに熟考したのですが…」

Medium 1000624e7354c068ae2d7a283d731af7eb823b5f

とくにあなたの立場が弱いケースで意見を共有するときは、素直に自分ができる限りで考えたことを述べたほうが好印象です。実力にハッキリとした差があるからこそ、ヘタに見栄を張ると、浅はかさが浮き彫りになってしまいます。

05.
「時には…」

絶対的な表現は使えないけど信頼性を高めたいなら、「たまには」よりも「時には」のほうがいいでしょう。

06.
「最善の努力をしたのですが…」

上司からミスを指摘をされたときは、すぐに謝罪するのがベスト。しかし、自分が本当に手を尽くしたけれど、どうしても予想していなかった問題であったことを伝えるなら、このフレーズが使えます。

07.
「どうしても、ご理解いただきたいのですが…」

Medium 3203a45af014e5c0b258765a931bf6a2cbc6332c

本当にこれだけはわかってもらいたい、伝えたいという意思表示をするときには、媚をうったり下手に出すぎるのではなく、素直に感情が伝わる言葉を選んだほうが信頼されます。

 

いかがでしたか? う〜ん、2番はあまりにも英語の感覚なので、日本人が使うと大げさすぎる気もしますよね。1番や3番は、明日からでも使える場面がありそうです。

Licensed material used with permission by Peter Economy
プレイングマネジャーのビジネス・コミュニケーションで大切なのは、たった5秒の日常会話。自著『プレイングマネジャーの教科書 結果を出すためのビジネス・コミュ...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
言葉って難しい。こちらが心配して発しても、人によっては気分を害してしまう。褒めているのに侮辱していると思われることもある。しかも、厄介なのは、私たちが普段...
ビジネスイベントなどに参加したとき、あなたは100%そのチャンスをモノにできていますか?ずっと尊敬していた著名人が参加しているにも関わらず、「話しかけられ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「ジェスチャー」は、なにかを伝えるために使われることが多いですが、一方で自分の気持ちを盛り上げたり、元気を出したり、ストレスを和らげたりする効果もあると言...
信頼を集め、部下から慕われる上司。逆に誰からも好かれず、嫌がられる上司。その違いは、一体どこにあるのでしょうか。自身もCEOであるElle Kaplan氏...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...
仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
どんな女性も、もっと素敵になるために、心に留めておくべき言葉があります。ここで紹介するのは「Elite Daily」のBrannan Bellさんがまとめ...
年末には、同業者もしくは異業種での忘年会が開催されたりするもの。そんな時に使えるテクニックを、ライターMinda Zetlin氏がまとめたこの記事からご紹...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
社会人として生活していると、自分の上司がどんなプライベートかなんてあまり想像がつきませんよね。一見パワフルで厳しい女性の上司だって、もしかしたら意外な素顔...