転職もいいけど、「今の仕事」がもっと好きになる5つのヒント

慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。

確かに転職もひとつの手ですが、今の職場でもまだ打つ手はあるはずです。「Brit + Co」のJulia Malacoffさんが提案するのは、今の仕事がもっと好きになれる5つのヒント。トライしてみては?

01.
同僚とのコミュニケーションを
甘く見てはいけない

Medium 723c5c0180170a66bd0a6d0f282572673eed02e4

仕事の質をあげることと、同僚とおしゃべりをすることは、一見結びつかないように思うかもしれません。ですが、キャリアのエキスパートCaroline Beaton氏によれば、人間関係がうまくいくことで、仕事のモチベーションがアップし、新しいアイデアも生まれやすくなると言います。

同じ業務をこなしているように見えても、自分とはまったく違う形で作業に取り組んでいるかもしれません。ランチに誘ってみたり、仕事終わりに一杯飲みにいけば、自然と彼らの考え方も見えてくるはず。違う角度から物事を見ることで、マンネリ化していた仕事も新鮮味を取り戻すでしょう。

02.
プライベートの自信が
仕事につながる

プライベートでも打ち込める「何か」を見つけることは、仕事のモチベーションにもつながる、とClearRockの副社長、Ellie Eckhoff氏。

慣れていない環境に自分の身を置き、新たに何かに挑戦することは、自信に繋がります。山に出かけておいしい空気を吸ってみたり、思い切ってサーフィンに挑戦するのもいいでしょう。そこで得た自信が、停滞気味の仕事に新しい風を呼び込んでくれます。

03.
尊敬している人や上司と
距離を近づける

Medium b0f23deb7b7a1e6755dbac875c20dbaf84552ca8

仕事場では、忙しくてなかなか声がかけづらい上司。でも心から尊敬しているのなら、ランチやコーヒーに誘って、知恵を借りることも必要なのでは?

キャリアの戦略家であるMerideth Mehlberg氏はこうアドバイスします。

「自分よりいくらか地位が高い人にコミュニケーションをとることがベストです。そうすれば、より多くの学びがあるはず。彼らの最大の課題を聞き出し、自分が手助けできることはないか、尋ねてみましょう。彼らが本当に助けを必要としていれば救いになるでしょうし、あなたにとっても、貴重な学びが得られる経験となるはずです」

自分の才能が発揮できる、最高のチャンスが生まれるかもしれませんよ。

04.
環境を変えて
「新鮮な気持ち」で取り組む

たとえば席替えを提案してみるなど、できる範囲で自分を取り巻く職場環境を変えていきましょう。

JJ Smith Consulting」のJacqueline Smith氏の提案がこちら。

「たとえば、金曜日がこのキャリア最後の就業日だと仮定して、いらない物を全部捨ててみること。週末になったら、その週を振り返り、改善点をすべて書き出してみること。そして月曜日には、新入社員の気持ちになって、物事を見てみること」

実際に働くスペースを変えてみるのも効果的ですが、仕事の取り組み方を変えることで、新たな気づきが舞い込んでくるかもしれません。

05.
もっと「自分」を
売り込んでみる

Medium 276934632108242ea2fe1138917c0f830da9a3fc

昇格を希望しているのであれば、機会を待つのではなく、自分を売り込んでいきましょう。参加が任意のセミナーや会議に参加するのはあくまでも受動的。自らアイデアを発信していくほうが、直接的な結果に結びつくはずです。

まだまだ同じ業界にいるのであれば、持ち前の知識を発揮し、上司に思い切ってプレゼンをしてみたらどうでしょう。意外と採用されるかもしれませんよ。可能性を諦めてはいけません。

Licensed material used with permission by Brit + Co
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
となりの席の同僚が、いつもイライラしてるせいで、こっちまでなぜか腹が立ってきた…。一緒に働くメンバーって大事ですが、一方で選ぶことができないという事情も。...
「果たして、このままこの仕事を続けるべきなのだろうか…」。そんな疑問が頭をよぎるものの、目の前にあるタスクに追われ、なかなか答えが見出せていないのでは?「...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
実際、同僚とはどこまで親しくするべきなのか?「TalentSmart」の記事のポイントは、まさにそこ。ビジネスにおいて、一度何かを共有したら、もう後戻りで...
ただがむしゃらに働いた社会人1、2年目を経て、“いろいろなコト”が見えてくる3年目は、多くの人がこの先の生き方を見直そうとする時期でもあります。転職するの...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
今の仕事が嫌いだからといって適当にこなしていると、次につながるチャンスすら転がってきません。せっかく手に入れた仕事なのだから、できる範囲のことを全力でやっ...
仕事に行くのが憂鬱だと思っている人は多いはず。それでも頑張れる理由はさまざまですが、きっと「同僚の存在」もその一つなのではないでしょうか。Liz Rae氏...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...