転職もいいけど、「今の仕事」がもっと好きになる5つのヒント

慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。

確かに転職もひとつの手ですが、今の職場でもまだ打つ手はあるはずです。「Brit + Co」のJulia Malacoffさんが提案するのは、今の仕事がもっと好きになれる5つのヒント。トライしてみては?

01.
同僚とのコミュニケーションを
甘く見てはいけない

Medium 723c5c0180170a66bd0a6d0f282572673eed02e4

仕事の質をあげることと、同僚とおしゃべりをすることは、一見結びつかないように思うかもしれません。ですが、キャリアのエキスパートCaroline Beaton氏によれば、人間関係がうまくいくことで、仕事のモチベーションがアップし、新しいアイデアも生まれやすくなると言います。

同じ業務をこなしているように見えても、自分とはまったく違う形で作業に取り組んでいるかもしれません。ランチに誘ってみたり、仕事終わりに一杯飲みにいけば、自然と彼らの考え方も見えてくるはず。違う角度から物事を見ることで、マンネリ化していた仕事も新鮮味を取り戻すでしょう。

02.
プライベートの自信が
仕事につながる

プライベートでも打ち込める「何か」を見つけることは、仕事のモチベーションにもつながる、とClearRockの副社長、Ellie Eckhoff氏。

慣れていない環境に自分の身を置き、新たに何かに挑戦することは、自信に繋がります。山に出かけておいしい空気を吸ってみたり、思い切ってサーフィンに挑戦するのもいいでしょう。そこで得た自信が、停滞気味の仕事に新しい風を呼び込んでくれます。

03.
尊敬している人や上司と
距離を近づける

Medium b0f23deb7b7a1e6755dbac875c20dbaf84552ca8

仕事場では、忙しくてなかなか声がかけづらい上司。でも心から尊敬しているのなら、ランチやコーヒーに誘って、知恵を借りることも必要なのでは?

キャリアの戦略家であるMerideth Mehlberg氏はこうアドバイスします。

「自分よりいくらか地位が高い人にコミュニケーションをとることがベストです。そうすれば、より多くの学びがあるはず。彼らの最大の課題を聞き出し、自分が手助けできることはないか、尋ねてみましょう。彼らが本当に助けを必要としていれば救いになるでしょうし、あなたにとっても、貴重な学びが得られる経験となるはずです」

自分の才能が発揮できる、最高のチャンスが生まれるかもしれませんよ。

04.
環境を変えて
「新鮮な気持ち」で取り組む

たとえば席替えを提案してみるなど、できる範囲で自分を取り巻く職場環境を変えていきましょう。

JJ Smith Consulting」のJacqueline Smith氏の提案がこちら。

「たとえば、金曜日がこのキャリア最後の就業日だと仮定して、いらない物を全部捨ててみること。週末になったら、その週を振り返り、改善点をすべて書き出してみること。そして月曜日には、新入社員の気持ちになって、物事を見てみること」

実際に働くスペースを変えてみるのも効果的ですが、仕事の取り組み方を変えることで、新たな気づきが舞い込んでくるかもしれません。

05.
もっと「自分」を
売り込んでみる

Medium 276934632108242ea2fe1138917c0f830da9a3fc

昇格を希望しているのであれば、機会を待つのではなく、自分を売り込んでいきましょう。参加が任意のセミナーや会議に参加するのはあくまでも受動的。自らアイデアを発信していくほうが、直接的な結果に結びつくはずです。

まだまだ同じ業界にいるのであれば、持ち前の知識を発揮し、上司に思い切ってプレゼンをしてみたらどうでしょう。意外と採用されるかもしれませんよ。可能性を諦めてはいけません。

Licensed material used with permission by Brit + Co
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
となりの席の同僚が、いつもイライラしてるせいで、こっちまでなぜか腹が立ってきた…。一緒に働くメンバーって大事ですが、一方で選ぶことができないという事情も。...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
実際、同僚とはどこまで親しくするべきなのか?「TalentSmart」の記事のポイントは、まさにそこ。ビジネスにおいて、一度何かを共有したら、もう後戻りで...
仕事に行くのが憂鬱だと思っている人は多いはず。それでも頑張れる理由はさまざまですが、きっと「同僚の存在」もその一つなのではないでしょうか。Liz Rae氏...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
キャリアアナリストであるダニエル・ピンクをご存じだろうか?TEDでの「やる気に関する驚きの科学」というスピーチでも話題になった人物だが、その経歴はとても興...
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
海外では、男女関係なく「遊びが上手な人ほど仕事もデキる」という見方が強いように感じます。どちらにも手を抜かず、真剣なんです。「Elite Daily」に掲...
プレイングマネジャーのビジネス・コミュニケーションで大切なのは、たった5秒の日常会話。自著『プレイングマネジャーの教科書 結果を出すためのビジネス・コミュ...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
「今の仕事でもっと活躍したい」「なにか新しいことを始めたい」と思っているあなた。ここで紹介するのは私自身がさまざまな経験から学んだ、仕事で成功するために必...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...