この4つのサインが出たら、あなたはもう会社に「ダメ」にされている

就職したばかりのときは、慣れるのに精一杯で、時間が経つのがあっという間。ようやく落ち着いて、周りを見る余裕が出てきたら、なんだか「自分はこのままでいいのか?」と感じるようになってしまった。

雇用が流動的になって、転職するほうが多数派になりつつある現代で、もっと自分らしく生きるために、時には仕事について見つめなおすことも必要です。

今の仕事をしていて、こんな4つのサインがあるかどうか。一度チェックしてみては?「i heart intelligence」の記事を紹介しましょう。

 01.
プライベートでの目標や
やりたいことが思いつかない

Medium 9fd23f77a1fcd5f9f42d22591e761cf64d60309e

いくら仕事が楽しくても、仕事はあなたのひとつの要素でしかありません。

プライベートの時間で何をしたいか、誰と何をして過ごしたいか、どこに行ってみたいか。そういったこともあなたを形作る大切な要素なのです。

仕事のことしか考えられず、プライベートでやりたいことや目標が見えてこない。そんな気持ちになっていたら、働き方や仕事について見つめ直す時期なのかもしれません。

マラソンに挑戦したい、海外の食事について勉強したい、木の家を建てたい、キューバに旅行したい、バンドを組みたい、子どものサッカーチームのコーチをやりたい、イタリア語を覚えたい、etc。

やってみたいことのリスト作りは無限大です。

02.
仕事のせいで
人生の楽しみを我慢している
と感じる

アメリカでは、年間で64%もの人が休暇中の旅行をキャンセルし、旅行に行った人の中でも、4分の1は1時間単位で遠隔で仕事のチェックをしていたそうです。

心も体も健康でいるためには、ときに仕事から離れて休むことだって大切なはずです。旅行だって、人生の大きな楽しみのひとつですよね。

休暇の時間や、家族との水入らずの時間、それが仕事のせいで犠牲にされていると感じたら、今の仕事を続けるべきか考え直す必要があるかもしれません。

03.
恋愛や家族との関係が
うまくいかない

Medium 7d27f1e9b1f5cc7a4669468dc5ba66c0b7c3a894

ノースカロライナ大学のブライアン・ロビンソン氏によると、ワーカーホリックの人の結婚は、夫婦同士の心の距離が遠くなる傾向にあり、離別や離婚を考えやすくなるそうです。夫婦のどちらかが通常よりも多くの時間を仕事に割いていると、平均の2倍も離婚しやすい、という結果も説明がつきます。

家族のために働いている、という人も多いと思いますが、愛する人たちに何を与えてあげたいのか、考えてみましょう。あなたにとって大切な人たちは、仕事のせいで帰ってこない今の状況よりも、一緒にいてくれるようになったらどんなに嬉しいか、と考えているかもしれませんよ。

04.
働く理由が
「お金のため」になっている

ほとんどの人は、収入が一切入ってこないとしたら、今の仕事をしないのではないでしょうか。でも、お金だけが仕事の動機ではないことも確かです。

今の仕事はあなたに目的意識を与えてくれますか?刺激がありますか?上司や同僚はあなたに好意的で、考えを尊重してくれていますか? 今の仕事が将来の目標とつながっていると感じますか?仕事に達成感はありますか?

もし、これらの質問に「はい」と答えられないのであれば、仕事や働き方について考えを改める必要があるかもしれません。

Licensed material used with permission by i heart intelligence
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
海外では、男女関係なく「遊びが上手な人ほど仕事もデキる」という見方が強いように感じます。どちらにも手を抜かず、真剣なんです。「Elite Daily」に掲...
毎日の生活のなかで、思ったより結果が出ず、スランプに陥っているように感じていても、まだ諦めないでください。ひょっとしたら、あなたが自然にしていることが、大...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
当たり前のように習慣化していたことを、急にしなくなる。反対に、まったく意識していなかったことに、関心を持ち始める。これらは、あなたが「人生を変化させたい」...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABOいつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だったことが、今では形骸化している...
人生には、変化を恐れずに行動を起こした方がいい時があります。「I Heart Intelligence」に掲載された20のサインは、人生の転機を知るために...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
私の経験から言えば、社内でエースと呼べる人材の割合は、50人に1人ほど。全体の約2%だ。そんな、彼らの人生の基準とはなにか?自著『2%のエース思考ーあなた...