人生を台無しにする、ダメな恋愛「6つのサイン」

起業家のマーク・マンソン氏は、ここ十年ほどで進んだ心理学研究の成果などを踏まえ、一見気にならないけど注意しないと身を滅ぼすーーそんな恋愛のカタチをいくつか紹介しています。

気付かない間にいろいろなことがダメになっていく気がする…と不安を感じている人は参考にしてみるといいかも。対策があるようです。

01.
過去の間違いを
つい指摘してしまう

あの時はこうだったじゃん!なんて非難しあってませんか?これは、貸し借りのやり取りで関係を台無しにしてしまうタイプ。

そんな人と一緒にいても、忘れたい過去をリマインドされ続けてしまうだけ。言われる側にとってはただの拷問でしょう。

しかも、このやりとりが続けば、徐々に現在の自分を正当化するために過去にあった相手の失敗を使うようになります。そのうち問題解決ではなく自分の過失の少なさを証明するためにエネルギーを費やすようにもなるでしょう。大切なのは、正しくあることです。

どうする?

目の前の問題に対処しましょう。相手が過去に何をしたかは、今起きていることとはまったく関係ありません。1年前に起こった出来事は、1年前に対処しておくべきだったことです。

02.
欲望や感情を
はっきりと言葉にしない

何にイラついているのかはっきり言うかわりに、無言の小さな仕返しで相手に気づかせようとしていませんか?オープンで明確なコミュニケーションをしましょう。怒りや不安を安心して表現できるのであれば、こんな攻撃はいらないんです。

どうする?

率直に自分の気持ちや欲求を言えばいいんです。それに応えてくれないのなら、そもそもなんで付き合っているのでしょうか。

03.
気に入らないことがあるとき
恋愛関係で脅す

「最近冷たいね」と言わずに、「冷たい人とはもう付き合えない」なんて言っていませんか?これは感情的な脅迫です。そのせいで問題が増えるでしょう。

その人の考えや感情を抑えこんでしまっては、相手を操作しようとしているのと同じです。不信にも繋がるはず。

どうする?

相手が、常にあなたと同じものを好きなわけではないと理解しましょう。イライラしたり好きじゃないなと思う部分があるのはふつうのことです。

パートナーの嫌な部分に、生涯ずっとわるい気持ちを抱く人もいます。一方で、相手を判断したり恐喝をすることなく、お互いに意見や批判を伝えられる人もいます。後者なら関係を維持できるはずです。

04.
自分勝手な解釈で
相手を非難する

恋人がかまってくれず、1日中あなた以外のことを気にしているとしましょう。抱きしめても上の空です。でも、そんなとき我慢できずに暴言を吐いていませんか?相手のことも考えてあげましょう。

これは、きちんと境界線を引けていない典型的な例です。そのままでいれば、あなたのチェックなしでは何もできなくなってしましまいます。

何をするにも交渉や妥協が必要になり、どちらか一方の機嫌をうかがっては個人的な欲望がどこかへ消えてしまいます。こういう共依存が進むと、恨みが募っていきます。それこそ問題です。相手の機嫌をとるために捧げる人生なんて誰も望んでいません。

どうする?

自分と相手の感情に責任を持つことです。パートナーの支えになりましょう。そして、それが義務ではないことを忘れないこと。

05.
過剰な嫉妬心がある

パートナーが誰かと話をしたり、テキストを送っているとき、その姿をチラチラ見てはプンスカ怒っていませんか?まさかスマホを勝手に見たり、相手の行動を制御しようだなんて…それじゃ、覗きやストーカーと同じです。

これを愛情表現と呼ぶ人がいることに、わたしは驚きました。嫉妬しないことが、愛がない証拠だとまで言うのです。おかしいでしょう?

それではただのコントロールと操作です。こんなことをしてもいらない問題や争いが生まれるだけ。信頼していない証拠ですから、屈辱ですよね。

どうする?

パートナーを信頼する、これに尽きます。抜本的なアイデアでしょう?嫉妬は自然なことですが、度が過ぎてはいけません。でなければ、気持ちもどんどん離れていってしまいます。

06.
モノで解決している

わたしの両親は、よくこうしていました。が、何の解決にもなりませんでした。離婚してから15年間、お互いにほとんど話をしていません。両親はそれぞれ、自分たちの結婚に大きな問題があった言っていました。しかし、表面的な喜びで本当の問題を覆い隠し続けたんです。クサいものにフタをしたわけです。

怒った彼女の機嫌をプレゼントで取り繕うとしましょう。それから彼女は男性を動揺させる理由探しを無意識にするようになります。さらに、男性も問題への責任意識がなくなります。最後にはどうなると思いますか?

ATMのような夫…絶え間なく冷たい妻…それが彼らを取り巻く自然のサイクルになってしまいました。

どうする?

簡単です。これも問題に対処することから。信頼が壊れたなら、もう一度立て直す話し合いをしましょう。コミュニケーションをとりましょう。

贈りモノや旅行は、いろいろなことが円満だから楽しいし、感謝できるもの。問題を隠すために使うと、後々大きな問題に直面する羽目になるでしょう。

ダメな恋愛から脱出しよう

恋人とどうすればうまくいくのかを教えてくれるクラスなんてありません。あっても、生きものとしての性別上の違いや、結婚で得られる法的サポート、遠い昔の恋愛観くらいのものでしょう。それに、自己啓発本はあてにならず、女性雑誌のコラムだって的外れなものも多いのが現実です。

この6つの傾向は、一般的なカップルの間で特によく見られるもの。ぜひ参考にしてみてください。

Licensed material used with permission by Mark Manson

彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
同じコトをして、同じセリフを言っていたとしても、シチュエーション次第で意味するものは変わってくる。女性のみなさん、甘い言葉にはお気をつけあそばせ。欲望:「...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
誰かを好きになって、その人と共に生きていくことは、幸せながらもとても難しいものです。恋愛はいくつになってもわからないことばかりだからこそ、いつも新しい発見...
このタイトルにピンときてしまったなら、本当は、心のどこかで思っているはず。この人とずっと一緒には居られないだろう、ということを。「Elite Daily」...
「Elite Daily」の女性ライターAmandaさんは、うまくいきそうな男性がいても、後戻りできないくらい好きになってしまうのが怖くて、逃げてしまうと...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
恋愛は単なる気まぐれの感情ではありません。見知らぬ二人が出会い、一つの関係を共に築いていく。それは、簡単にできることではなく、愛に関する本質的な理解のある...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
恋愛を上手に楽しんでいる人たちを見る度、もっと恋人との関係を最高のものにしたい!なんて悔しく思ったりしませんか?たとえば愛情表現ひとつとっても、足りなくて...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
大きな喜びをもたらすことがあれば、その逆も然り。それが恋愛というもの。作家兼英語教育研究家である晴山陽一さんの著書『こころ涌き立つ 英語の名言』から、著名...
中距離恋愛では、なんとか日帰りで会える距離にお互いがいるけれど、移動に数時間かかるため頻繁に会うことができず、様々な悩みはつきものです。遠距離恋愛ほどのド...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...