本当に恋人が欲しいなら、破るべき「4つの恋愛ルール」

世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。
ここで挙げたルールは、とても一般的なものですが、絶対ではありません。時には、破ることも必要なのです。

01.
気持ちを抑えて
あまり熱狂的にならない

150901_follow-heart01

ルールを破る時:新しい恋にワクワクしている時、情熱的にならないことなんてできますか?相手のことを考えた時、抑えきれない気持ちが溢れ出て圧倒されてしまうでしょう。

次の日までメッセージや電話をせずに待つなんてできませんよね。付き合い始めの時から会いたいと思うことが少なければ、相手が人生にとって価値がある存在か(楽しみを与えてくれるか)考えたほうはいいでしょう。ただ、激しい恋に落ちた場合は故意に隠す必要なんてないのです。

02.
恋人の前に
まずは友だちになる

Portrait of young couple

ルールを破る時:世の中には、コントロールできないこともあります。運命の人とくっつく力。これはまるで磁石のようなもの。相手の気持ちが知りたくてたまらないのです。

こんな場合、友だちになろうとするフリはしなくても大丈夫。そんなことをしても、満足できず惨めな気持ちになるだけ。あなたが「友だちのフリ」を演じても、他の友だちには分かってしまうのです。それほど、引き付け合う力は強いのですから。

03.
遊びだけの関係に
そこまで時間を使わない

150901_follow-heart03

ルールを破る時:私は、世界中を旅していました。特に望んではいなかったのですが、その道中で恋に落ちました。

私の心には多くの疑問が湧き上がっていました。どうやってこの関係を続けるの?時間をムダにしない?数年後何が起こるの?など。

でも心配をやめてありのままの状態を受け入れたら、とても幸せになったのです。人生の中で素晴らしいことは、予期していない時に起こります。未来に何が起こるかは誰にも分かりません。数年後のことばかり心配していたら、今を楽しめなくなってしまいます。

04.
恋愛は諦めと
引き際が肝心
150901_follow-heart04

ルールを破る時:このルールは正しいですが、ちゃんと解釈しなければいけません。

もしその人を本気で愛しているなら、相手が世界を冒険したいと言った時、やりたいことを優先させる必要もあるでしょう。相手の夢を応援するのです。

でもそこで、愛を手放す必要はありません。相手が目標を達成するために自分から離れていく時、サポートするのと同時に愛し続ければいいのです。本当の愛は、どれほど時間や距離が離れていようと、決して失われません。

Licensed material used with permission by Elite Daily

恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
誰にも咎められることなく、円滑に社内恋愛を謳歌したい。それには、この“鉄の掟”を守ること。と「Mybreast」がグラフィックを用いて紹介しています。もし...
誰かを好きになって、その人と共に生きていくことは、幸せながらもとても難しいものです。恋愛はいくつになってもわからないことばかりだからこそ、いつも新しい発見...
恋愛関係が長くなると、本音で語りあうことは増えたけど、だからこそコミュニケーションが難しくなってしまった。なんてこともあります。お互いに好きなはずなのに、...
恋人がいるのに「最近あんまり会えなくて…」「まだ落ち着くつもりはないかな」なんて言ってる人、たまにいますよね。そんなこと陰で言われていたら、相手はかなりシ...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
一人っ子男子の恋愛には、独特の特徴やスタイルがあるため、不思議に思ったり、悩んだりすることがあるかもしれません。彼らに共通する恋愛傾向を知り、どうするのが...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
恋愛を上手に楽しんでいる人たちを見る度、もっと恋人との関係を最高のものにしたい!なんて悔しく思ったりしませんか?たとえば愛情表現ひとつとっても、足りなくて...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
フロリダ州・マイアミに住むLauren Ellman先生(以下、ローレン先生)は、「THOUGHT CATALOG」で恋愛関係、デート、自己愛、ワークライ...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
言い争いって本当に心がすり減ります。喧嘩しなくても仲良しでいられる方法があるのであれば、ぜひともそうしたいもの。たとえば、「YourTango」に掲載され...
「恋愛体質」であることは、ごく普通だと思うんです。だって、誰だって愛されたいと思うものだから。ただ、愛情を貪欲に求めすぎてアプローチの仕方を間違えてしまう...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
これって、本当にあるあるだと思う。恋人に気を使わなくなっていくほど、陥りやすいのが過度な要求。やりすぎていると自覚しにくいから怖いんですよね〜。「I He...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...
起業家のマーク・マンソン氏は、ここ十年ほどで進んだ心理学研究の成果などを踏まえ、一見気にならないけど注意しないと身を滅ぼすーーそんな恋愛のカタチをいくつか...