自分を客観視するビジネススキル「ダブルループ」を知っていますか?

世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。

事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのことを「ダブルループで仕事を回せる人である」と賞賛しています。

ダブルループとは、どうすれば結果が出るのかを考え、行動する仕事術のこと。

目標を達成するために必要な分だけ仕事をして結果を得るよりも、ダブルループ的思考で体験したことを進化させたほうが仕事は捗りますし、もちろん人間的にも成長します。ここでは、ダブルループを会得するために必要な「経験したことを振り返る」ことの意味について紹介したいと思います。

成功している企業ほど
社員が育たない!?

0f1ab2576835911e76e0a19c416decd1aba57d43

ビジネスを成功させるポイントは、「人間の資質に依存せずに成果を生み出せる(顧客に価値を届けられる)仕組みを構築する」ことです。一方で、自ら考えて能動的に行動できる社員を育成することも、競争力を高める上で重要なポイントとなります。

しかし、売れる仕組みを形成するのと人間を育てることの両立は難しく、どの企業も苦戦している課題です。入社してから、ある程度モノが売れてしまう環境があった場合、それに甘え自分を磨かなかった人は、売れなくなった時に「自分の営業力」に問題があるという視点が生まれにくいでしょう。

では、どうすれば良いのか?

思い通りいかない時、思い通りの結果が得られない時に、自分の外に原因を求めるのではなく、「自分に何ができるか?」を考える習慣を持つことです。そうすれば、何事も自分次第で変わるという思考が生まれ、営業の根本的な課題を捉えることができるようになってきます。

ちなみに

「経験していないことには価値を感じられない」
「ある程度成功すると、自分に自信がついて奢ってしまう」

というのも人間の特徴のひとつ。そのような人間の性を自覚し、客観的な意見をもらう機会を意図して持つようにすることも、ダブルループにおいては大切なのです。

「やらなきゃいけない」から
「やりたい」へ

4d8174346a3594e0a5a7b5d243aa456a68c8f282

さてここからは、目の前の仕事が面白く感じられない…と、意欲を見失いがちな人へやる気が起きるヒントを。

先日、ある企業の部門会議で、次のような議論がありました。

「何をモチベーションとして毎日会社に来ていますか?」
「この会社で何がしたいですか?」

あなたはどうでしょうか。

毎朝、出社の際に「今日はこれがしたい」とはっきりした目的を持って、出社することができていますか?節目の目標を立てる場面で「今期はこれをクリアしたい」と自分のやりたいことを活動に組み込めているでしょうか。

じつは上述の会議で、ある社員がこんな発言をしました。

「今まで自分のやりたいことなんて考えたことなかった。やらなければならないことを、やりたいようにすることが自分へのモチベーションになっている」

これは、何をするかは選べなくても、どう捉えるかを自分で決めるという思考です。

自分の裁量で仕事を進めると「やらなければいけないこと」も「やりたいこと」に変わっていきます。そうやって創意工夫を加えて仕事をしていると、仕事の質も高まり、受け手から感謝されます。自ずと価値を感じられるようになっていくでしょう。

仕事がつまらないと感じているなら「自分が主体となって創意工夫をし、やりたい仕事へと変化させる」という姿勢で取り組んでみてください。きっと仕事に対する思いが変わってくるはずです。

言葉は発信したほうではなく
どう受け止めるのかが重要

4c2e4cb2488201d6435e01560e712535a73cb55d

次に、解釈ひとつで事実とは違う世界が見えてしまう…という話をしましょう。

ある元請会社と下請会社の定例ミーティングに参加した時の話です。そもそも、私がその会議に参加したのは下請会社から「無理難題を押し付けられて困っている。同席してくれないか」と相談があったからです。

しかし、会議に参加してみると、聞いていた話とまったく逆の現象が起きていました。指摘されないように報告書で武装している下請会社。それに対して、ムダな仕事をしてほしくないので、目的と手段の関係を整理して「何のために作業をするのか」を理解させようとする元請会社というような構図になっていたのです。

言い訳を繰り返す下請会社に対して、元請会社は手を変え品を変え歩み寄ろうとします。しかし話が噛み合わず、解決すべき問題がはっきりしないまま会議が終了しました。

会議後に下請会社の人間から出てきたのは「今日は指摘が少なかった(うまくできた)」「先方は解決策を考えようとしていない」と批判的な言葉ばかり。相手の意図(一緒に仕事がしたい)には、まったく気づいていませんでした。

言葉は往々にして発信した方ではなく、受信した側の感受性に意味のすべてが委ねられます。人は情報や物事と出会う時、立場、状況、経験などによって受け止め方が変わります。誰かと同じ音楽を聴いても、同じ食事をとっても同じ時間を過ごしても、どれだけ楽しめるかは「自分次第」です。この「自分次第」という感覚は、日常生活のふとした瞬間に思い出して、自覚的に磨いていくしかありません。

こちらの発言が誤解されることもあるかもしれません。しかし、起きたことや他者の考えをどう解釈するかは自分でコントロールすることができるはず。

他人を批判する心が生まれたときには、自分がその相手に何をしてあげられるのかという発想に切り替えることです。そうすれば、多くの人と繋がり、仕事やプライベートで可能性を広げられるでしょう。

「ダブルループを会得すれば、アウトプットの質や仕事のスピードが高まる」著書『ひとつ上の思考力』のなかでそう語るのは、事業変革パートナーの安澤武郎さん。ダブ...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
仕事や勉強、運動をしているとき、自分で勝手に限界だと決めつけて、諦めてしまう。すると、そこで思考はストップ。残念ながら、これではその人が持っている潜在能力...
弱みを克服することも大切ですが、もっと大事なのは、あなたの強みを最大限に活かすこと。たとえば、夢を賭けた過酷な競争で知られるアメリカの起業家たちの間では、...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
好きなことだけして、楽しくお金を稼げたら、そんな幸せなことはありません。ですが現実は、好きな仕事ばかりではありませんよね。任された仕事を淡々とこなすだけで...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
学校に行ったり仕事をしていれば、誰の人生にも困難や逆境は立ち塞がってきます。そこでくじけてしまうのか、乗り越えて成長できるのか、が「成功する人」と「挫折す...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...