「ダブルループ」を使った仕事術が、目的を達成するヒントになる。

「ダブルループを会得すれば、アウトプットの質や仕事のスピードが高まる」

著書『ひとつ上の思考力』のなかでそう語るのは、事業変革パートナーの安澤武郎さん。

ダブルループとは、本書のメインキーワードでもあり「物事の進め方における作戦(どうすれば効率的になるのか、どうすれば良い結果が生まれるかなどの思考)を立て、行動すること」を指しています。

この記事では、ダブルループの必須要素である「目標を活用する」ことについて紹介しましょう。人は、目標を立てることで応用力が身につくようになる、とのこと。一体どういうことなのでしょうか。

目標を「進化」させる

42fd1d3b190cefcf726504659819fde40074815d

ビジネスにおいて避けて通れないのが、業績を上げる(結果を残す)ということです。

人の役に立つものを世の中へ提供できても、他社との競争に勝てず、会社や個人の生活が安定していなければ、その価値を社会へ供給し続けることはできません。

ビジネスでしっかり結果を残していくためには、何をターゲットに仕事を進めればいいのかを決め、PDCAを回していくことが必要です。そこで、ただ目標を設定するのではなく、どのような目標を設定すると高いパフォーマンスを発揮できるかを考え、目標の設定の仕方に関するPDCAを回す…それがダブルループの仕事術です。

会社で決められた指標を活用する際に、その指標を活用する目的をしっかり確認しているでしょうか?業績を上げるために工夫をしているでしょうか? なんとなく踏襲しているだけでは良い仕事はできません。

飲食店を例に挙げましょう。店舗の売り上げをアップするためには、様々な観点から見つめ直す必要があります。

・お店の前を通行する人のうち、何人が来店するのか?
・会計時に勧めているポイントカードへの加入率はどれくらいか?
・ポイントカードを利用している人の中で、何人がリピートしているのか?

このように、鍵となるプロセスを明確にすることが大切です。ここを間違ってしまうと、手間ばかりかかってしまって、成果はあまり得られないでしょう。

店舗経営は、店づくりから新規顧客獲得へ繋げることが王道です。店の質が低く「また来たい」と思わせる水準に達していないのに、新規顧客を呼ぶことばかりに力を入れると長続きしません。これは、目的が明確なのに、目標の設定が間違っている典型です。

会社、部署、あなた自身の目標は日々進化しているでしょうか?仕事をする際にただ「目標を達成すること」を目指すのではなく、「クリアするレベルを引き上げていく」というスタイルを確立してください。そのためにも「目的」と「目標」の違いをしっかり理解し、意図を持って仕事をするクセをつけておきましょう。

面談ゴール100%は
本当にスゴいのか?

Ae34b6d20300ab60ddef0800c9d429d1afd4fc95

プレゼンテーションや営業をする際の目的は、より多くのお客様に商品の価値を届けること、商品を買って満足してもらえる人を増やすことです。それを踏まえた上で、各人の目標が管理できている会社では、お客様と面談をするごとに、どのような結果を得られているのかを計る「面談ゴール」が存在します。

ここで問題になるのが、面談ゴール達成率100%の人が出てくることです。「100%なんて素晴らしい」と思ったあなた、ちょっと待ってください。現実的に考えてすべてのお客様に対して思い通りに進むことはあり得ません。

「面談ゴール」には、「うまくできない箇所を見つける」という目的があるのに、「話ができたから○」「見積もりを渡せたから○」と、面談ゴールの水準を下げることによって、達成率100%をクリアして満足する。これでは意味がありません。このケースは、面談ゴールを100%達成することが目的になってしまい、本来の活動の意味を見失っているパターンです。

目的を達成するために、目標がうまく機能しているかどうか。これを判断するには、俯瞰して物事を見る「ダブルループ的なアプローチ」が重要になってくると言えます。

あなたも、目標を設定するとき、本来のゴールに向けて背伸びをしたものになっているでしょうか?もう一度振り返ってみてくださいね。

Defb73da461b9b33509f4da908fde29f09fa1fc6

ここでは、会社でリーダーの立場にいる人に向けてアドバイスを。

チーム内で個人目標を決める場合、多くの人が「どの水準で設定すれば良いのか?」と頭を悩ませることになります。人によって感じ方が違うので大変ですよね。ある人にとっては魅力的で挑戦しがいのあるものでも、別の人にとっては難しくて達成できる気がしない…ということが起きてしまうからです。

思考がバラバラのメンバーを束ねていくためには、「魅力度(達成したい)」を高め「実現できる可能性(できそうだ)」を感じさせるためのシナリオづくりが重要になります。より難易度の高い目標でも挑戦したいと思えるように促すのが、マネジメントの腕の見せ所なのです。

チームスポーツを見ても分かるように、勝負を決めるのは実力ある人の頑張りです。強いチームであれば力量のある人に大きな役割を持たせているはず。このスタイルは企業経営でも同じこと。役職が上がり、責任を持った人ほど太い柱になろうとしている企業は強いのです。

目標設定をするにしても、力量のある人とない人の設定を同じ水準にするのは、平等ですが公平ではありません。これは「悪平等」です。企業で目標設定をする際は、各部署、各人の今の実力を見極め、難易度が同じになるように調整することが大切です。

みんながポテンシャルをフルに発揮できる目標を組み立てられるようになった時、大きな結果に繋がっていくに違いありません。

世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
ネガティブな言葉は、自分の中から生まれてくる「わるい思考」です。間違ったクセである「思考の負債」を背負わず、ポジティブに生きていくためのヒントを紹介しまし...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...
「人間は考える葦である」と書いたのは、17世紀のフランスの思想家パスカルだった。要するに、人間は葦のようにか弱いが、思考する能力をもつ偉大な存在だというこ...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
桜舞い散るなか、新学期が始まる4月。つまり、2016年も早くも3ヶ月以上が経ち、4分の1が終わってしまったことになります。でも、「Inc.」で紹介されたM...
仕事や勉強、運動をしているとき、自分で勝手に限界だと決めつけて、諦めてしまう。すると、そこで思考はストップ。残念ながら、これではその人が持っている潜在能力...
段取り力以外の能力が同じレベルの人が居たとしたら、段取り力がある人の仕事はスムーズに進み、予定通り終了する可能性が高いことが想像できます。スポーツのマラソ...
夢を叶えた人がいる。夢を諦めた人もいる。一体、その差はなんなのだろう?スキルの違い。環境の違い。場合によっては「運」が違った、なんてこともあるかもしれない...
悲観主義の人々は、過去にどれだけの成功を収めようとも、今回は違う結果が起こり得ると考えて、悪いほうに傾いた可能性を想像しすぎる傾向があります。けれど不安を...
知的成果を生み出すには、「思考技術」のトレーニングではなく、具体的に手や足をどう動かすか? という「心得」のトレーニングが必要になってきます。ここでは「情...
今年も、もう12月。そろそろ来年の抱負が見えてきている頃ではないでしょうか?毎年抱負を掲げていない人も思わず目標にしたくなるような、「目標達成のために大切...
きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。そんなあなたへ。「Inc.」に...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
新年になにか抱負を立てた人。順調ですか?米・スクラントン大学の調査によれば、その92%は未達成に終わっているそうです。「新年の抱負ランキング」によると、1...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
好きなことだけして、楽しくお金を稼げたら、そんな幸せなことはありません。ですが現実は、好きな仕事ばかりではありませんよね。任された仕事を淡々とこなすだけで...