お金の現実と向き合って「生活を潤す」3つの考え方

海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変えると、心の貯金が増えて気持ちが豊かになる、とまとめています。

無関心ではないが、執着もしない。それくらいのスタンスで付き合っていけば、生活する上での工夫も生まれますし、収入の範囲で幸せを見つけられるようになります。

やりくり上手な生き方を参考にしてみましょう。

「足るを知る」
幸せ

8118136cbadfede888369479aea85653b2fa72f8

お金はゼロでは困りますが、たくさんあれば幸せ、とも限りません。惨めな生活を送っている大金持ちもいれば、少ない収入でも豊かに暮らしている人もいます。身の丈に合った、ほどほどのお金と上手に付き合うことが大切です。幸せな人生を決めるのは財布の中身ではなく、自分自身の中身であるということ。

私(著者)が事業を始めたきっかけは、お金のためではありません。自分の描いた夢を具現化し、世の中で受け入れられるかどうか試してみたかったからです。さらに、自分の夢が社会に役立ち、たくさんの人々と共有できたらという熱い思いもありました。

30年経った今、借金はないものの、ビジネスは儲かっていません。しかし、汗して働くスタッフの姿やお客様の感謝の言葉に出会うたび「やって良かった」と幸せな気持ちになります。他人から見れば「もっと稼げば良いのに」と思われるかもしれません。でも、自分の能力を知っているからこそ、今自分が置かれている環境に満足し、喜びを感じています。

これこそ、お金に換えられない、本当に幸せな人生ではないかと思うのです。

宝くじは買わない

いくつになっても自分は「夢見る夢子」と思っていますが、その中には「宝くじに当たる夢」はありません。私なら当選額に近いお金を、自分の力で貯めることを選びます。自分が行動し、自力で手に入れる現金のほうが現実的で、時間がかかってもそのプロセスを楽しめるような気がするのです。

宝くじに当たることを夢見てせっせと券を買う知人がいますが、20年経った今でもその夢が実現していないようです。その間、宝くじに投資したお金を貯めていれば、かなりの額になっているのに、と残念に思います。

そもそも宝くじは、当てにならない他人任せの夢で、現実的ではありません。ゲーム感覚で、お茶代が当たれば「良かった」と喜ぶ程度でちょうど良いのではないでしょうか。

私は、何か欲しい、何かしたい…そんな夢や期待が沸き起こったら、まずその実現のために汗を流して行動します。たとえ失敗に終わっても、その経験や反省は必ずどこかで活かされるはずだと信じています。

不安なときこそ
お金の現実と向き合う

Df743848d1d3dd731cca1e0800f84f72927dc976

まず、請求書の支払い、ローンやクレジットの返済、食費や固定費、家賃などの生活費、さらに収入と支出のバランスは取れているか、自分は毎月いくらまで使えるのか、を調べることをおすすめします。

こうして自分が毎月何にいくら払い、いくら残っているのか、無駄な出費をしていないかなどをチェックすることは、とても大切なことなのです。

時々でもいいので、自分の生活の見直しをするためにも、収入と支出を書き出してみましょう。まずは大雑把で大丈夫です。何にいくら使っているかを自分に教えるつもりで書いてみてください。こうして、おおよそのお金の出入りを知るだけで、自分の「財布の中身」がよく分かり「引き締めなくては」「無駄な出費が多い」などの反省が生まれます。何よりお金の不安から解放され、気持ちが少しラクになることが分かります。

「お金が足りない」と案ずるより、自分のお金の現実としっかり向き合うことが大切なのです。

ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは...
結婚までに知っておきたいお金についてのあれこれ。ここでは、家計、社会保険料、年金についてのご紹介。シングル、共働きカップル、片働きカップルの3タイプに分け...
普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
20代の平均貯金額は約200万円、30代の平均貯金額は400万円前後、40代の平均貯金額は500万円弱といわれています。あなたの貯金額と平均との差はどれく...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
生きていくには、確かにお金は必要です。でもだからといって、お金に振り回されるような人生は避けたいですよね。ここでは名言ハンターの大山くまおさんの著書『「が...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
スゴい!これはタメになる!今、アメリカのハードウェア・チェーン(日本で言うホームセンター)「Lowe’s」が作成したVineアカウントが話題だ!ストップモ...
こんな当たり前のことをあえて取り上げるのは、やっぱり大切だと思うから。お金そのものが「豊かさを感じさせる訳ではない」。この記事の要点であり、まさに「プライ...
オンラインメディア「Lifehack」の「お金持ちの節約術」が話題です。ゼロから財を築いてお金持ちになった人は、どのように財産を築いていったのでしょうか?...
世界でもっとも物価が高い国のひとつとされる日本。海の外には、少ないお金で豊かに暮らせる国がたくさんあります。その中でも「Higher Perspectiv...
金は天下の回りもの。自分のところで引き留めようとすればするほど、出て行きたがります。CAから税理士に転身した八島依子さんはこう語ります。「お金を上手に旅に...
この記事をひと言で要約するならば、「正しいお金の使い道」。お金は使い方ひとつで価値が何倍にも膨らむものだと、ライターJill Pohl氏は、心理学者の研究...
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...
若いうちからお金を貯めるべき、という意見もあれば、若いうちは思い切りお金を使って人生を楽しむべき、という意見もある。最終的にどちらを選ぶかはあなた次第です...
生きていく上で大切な正しい貯蓄方法について、CAから税理士に転身した矢島依子さんが、著書『お金に愛される人は、美しい財布を使っている』のなかで教えてくれる...