「シングルライフ」と「結婚生活」知っておきたいお金のこと

結婚までに知っておきたいお金についてのあれこれ。ここでは、家計、社会保険料、年金についてのご紹介。シングル、共働きカップル、片働きカップルの3タイプに分けて、比較しよう。

年収600万円以上はただの理想
堂々と結婚できる

wedding couple just married

「自分の収入は少ないから、結婚できない」と考える男性が少なからずいる。世の中の女性は、年収600万以上の男性と結婚したがっている、という噂を信じているらしい。そんなことは、まったくない。21世紀は、夫だけが働いてやっていく時代ではない。二人で働くのが当たり前。という意味では、女性も結婚後も、一定の収入がないと結婚は難しい、ということになる。

では、収入がどれだけあったら、結婚できるのか?答えはシンプル。男性も女性も、一人で暮らせるだけの収入があればいい。金額は、都心か郊外か地方か、1984年か2014年か2034年かによって違うから、ここは自分で答えを見つけるしかない。それには、一人暮らし歴1年以上、できれば2年以上の実績がほしいところ。

専業主婦を望むなら
「両親の収入」と同じくらい
稼げる相手を見つけること

189669398

ここまで書いても、「結婚後は妻を働かせたくない」という男性や「結婚したら家事と育児に専念したい」という女性がいるだろう。じゃあ、いったいいくらの年収があれば、実現できるか?

いちばん参考になるのは、自分の「両親の収入」だ。実家と同じくらいの収入があれば十分と思えるなら、それが目安。それを男性が一人で稼げるなら、片働きでやっていける。親の収入じゃ不満というなら、その分、年100万円か200万円を足した額が女性に求められる年収ということになる。

「シングル家計」VS「カップル家計」
比較すると大きな差が

344294345

それでは具体的に、シングル、共働きカップル、片働きカップルの家計をくらべてみよう。

たとえば、東京でなんとか一人暮らしができる、手取り20万円の例。一人のときは、月1万円の貯金ができるかできないかだが、結婚したら、家賃の高いところに引っ越して、生活にゆとりが生まれる。二人で月7万円の貯金ができる。こづかいも月2万円から4万円へ2倍に。この収入で片働きだと、こづかいが激減、貯金はゼロに。暮らしはシングルのときよりぐっと厳しくなるだろう。

         〈家計をくらべてみよう〉◆シングル(手取り月収は20万円)家賃:7万円、生活費:10万円、こづかい:2万円、貯金:1万円◆共働きカップル(収入は20万円+20万円で40万円)家賃:10万円、生活費:15万円、こづかい:4万円ずつ 計8万円、貯金:3.5万円ずつ 計7万円◆片働きカップル(収入は片方のみの20万円)家賃:7万円、生活費:12万円、こづかい:二人で1万円、貯金:ゼロ

収入によって決まる
会社員・公務員の「社会保険料」

55951103

次に、社会保険料について見てみよう。

会社勤めなら、男女ともに「社会保険」に加入する。「厚生年金」と「健康保健」だ。保険料は、収入によって決まるので、シングルでも既婚でも保険料は同じ。ただし、結婚して一方が仕事を辞めて収入がなくなり、もう一方に養われる形になると、収入がない方は、「年金保険料」も「健康保険料」も払わなくてよくなる。養う側の保険料は、別に高くならない訳だ。
ただし、これは会社員か公務員の場合。自営業者の妻/夫は、無収入でも、「国民年金保険料」を払わなくてはいけない。

       〈社会保険料をくらべてみよう〉◆シングル(月収23万円の場合、交通費含む)厚生年金保険料:20,544円(2013年9月〜2014年8月)健康保険料(協会健保の場合):11,964円(2014年4月〜2015年3月 東京)合計:32,508円◆共働きカップル(月収23万円×2=46万円の場合)シングルの2倍で、二人分の社会保険料:65,016円◆片働きカップル(会社員か公務員月収23万円の場合)シングルと同じ合計:32,508円

「年金」を比較
共働きカップルは有利

_189671111

次は、「年金」について。ここでも会社員の例で見てみよう。こまかい計算や前提は抜きで、おおざっぱに説明する。

◆シングルシングルの場合、現役時代の平均月収の約40%の公的な年金を、65歳から受け取る。現役時代の平均月収を30万円とすると、年金額は月12万円。これでは住む家があったとしても、年金だけでは最低限の生活も心もとない。◆共働きカップル共働きカップルの場合は、シングルが二人いるのと同じ。それぞれの現役時代の平均月収が30万円なら、二人とも月12万円ずつの年金。合計で24万円。自宅の住宅ローンの返済が終わっていれば、なんとか年金だけで最低限の生活はできそう。◆片働きカップル夫/妻が会社員か公務員なら、無収入(または年130万円未満)で保険料を払わなくてすんだ人も、自分名義の年金(基礎年金)を受け取れる仕組みになっている。働いていた方の平均年収が月30万円なら、二人合計の年金額はその約50%の月15万円。シングルや共働きより率はいいけど、これだけで夫婦二人の生活費に十分とはいえない。また、この会社員配偶者(第3号被保険者)に対する特別待遇は見直されつつある。
※この文章は本からの抜粋です。そのため、著作権は著者にあります。勝手に使用することはできません。また、商用利用は禁止されています。個人のサイトなどで紹介する場合は、書籍名と著者名を必ず明記してください。

結婚までに、やっておくべきお金のこと
コンテンツ提供元:サンマーク出版

中村芳子/Yoshiko Nakamura

ファイナンシャル・プランナー。アルファアンドアソシエイツ代表。日本の女性FP第1号。FP会社勤務を経て、1991年、友人と現在の会社を設立。個人向けのマネーコンサルティング、執筆、講演などを行っており、特に20代30代への情報発信に力を入れている。趣味はヨットと太極拳。http://お金のこと.netおうちのおかね

しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
Your TangoのライターJillian Kramer氏は、女性の幸せについて書かれた書籍『Choosing Me Before We』の著者、Chr...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
良好な夫婦関係を保つためにはどうしたらいいのか。いろんな意見があるでしょうが、ここで紹介する「Higher Perspective」で紹介されている、心理...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
誰しもが、結婚するときは幸せな家庭を思い描いて、大好きな人と一緒になれた喜びでいっぱいのはずですが、結婚生活が「日常」になるにつれて、ささいなことでケンカ...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
「結婚すれば安定が手に入る」と考える人も多いかもしれませんが、果たして「安定」とはそこまで望ましいものなのでしょうか。まだいろんなことに挑戦できる、ある意...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...