「お金」に縛られないために、私が大切にした8つのこと

ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは「becomingminimalist」のJoshua Becker氏。彼の記事によれば、お金に困らずに生きるヒントは、誰にでも実践できる些細なことでした。以下は、彼が実体験から学んだこと。

お金にまつわるアドバイスはいたるところにありますが、そのほとんどはあまり役に立たないと思っていいでしょう。アメリカの家庭の多くが平均して6,700ドル(約67万円)のクレジットカードの負債を抱えていて、76%の人が「家計はギリギリだ」と回答しています。

その解決に必要なのものは、本当に「お金」でしょうか。確かにお金でカバーできることもたくさんあります。でも本質的な問題解決のためには、発想の逆転が必要なのです。

01.
「欲しい」より
「必要かどうか」

F00eeec7bf70c22b989499568d1c956ef0334c22

私は、最初の家の購入を決断するとき、銀行から融資を受けて上限ギリギリの物件を選びました。新居は広々としていましたが、じきにその支払いは大きな負担となりました。13万5,000ドルのローンを組み、また良い仕事を見つけたら30万ドルのローンを組み…と、どんどん大きくなっていきました。

ちょうどその頃「ミニマリズム」という考え方に出会いました。そして2年前に新しい家に引っ越したのですが、支払いの負担は小さくなり、もっと他のことに情熱を注ぐことができる余裕が生まれました。

私たちに必要なのは、買うことのできる家ではなく、平穏に暮らせる家だったのです。とくに大きな買い物をするときには、その「必要性」を考えてみましょう。

02.
車は現金で買う

私は車の購入の際に、ローンを組んだことがありません。それは財政面で正しい判断だったと感じています。注目の最新モデルを所有したことはありませんが、後悔したことも不満に思ったこともありません。

03.
共働き夫婦の場合
一方の給料は貯金にまわす

7721665ed384e97e5355b944e9f8bb43051310ee

夫婦2人ともが働いていたとき、上司から素晴らしいアドバイスをもらいました。それは私の収入だけで生活をし、妻の収入はいずれ必要なときまで貯金しなさい、というものでした。

彼が言った通り、それを実行した数年後、妻の貯金が家を購入する頭金になりました。妻が出産して子育てをしている間、私の収入だけで生活できたのも、このおかげです。

04.
お酒を控えれば
年間で数十万円の節約に

私はほとんどお酒を飲みません。「そんな人生、楽しくない!」という人もいるかもしれませんが、大きな節約にはなります。

アメリカ人の34%はアルコールを飲まない(体質や宗教上の理由から)という事実があるにも関わらず、アメリカ人全体では毎年約6兆円もの費用がアルコールに使われていて、多くの家計を逼迫しています。健康でいることは、将来的な節約にもつながるのです。

05.
仕事は引退しない

私の祖父は、92歳の今もフルタイムで働いています。私は彼から仕事の大切さを学びました。仕事は避けるものでも、できるだけ早く引退するものでもありません。生きる喜びなのです。

退職後のことだけを楽しみに働いているのだとしたら、それは見直しましょう。働き続けることは、家計を支える財政面のメリットにもなりますよ。

06.
カードは結果的に高額!?
できるだけ
キャッシュで支払う

C2370772c62a448a7d6edb800b81fcac2921b7cf

私たちは現金で支払うときよりも、カードで支払うときのほうが高い金額を費やす傾向にあります。きちんと予算内で収めるためには、カードでなく現金で支払うべきです。みんな頭では理解できていても、実行している人は少ないのです。

07.
心が満たされると
浪費が減る

「人に与えること」は、とても重要なことです。たとえばプレゼントは、受け手以上に、送り手にも満足感を与えてくれます。人に与えることで、人生の喜びを得ることができるのです。

いかに自分たちがモノを多く持ちすぎていたのか、と気付くきっかけにもなります。経済的に自由になりたいなら、まずは収入の10%を「与えること」に使ってみてはいかがでしょうか?

08.
あえて浪費家のほうに
家計を握らせる

0d0d1ead576663aacc6f154b031792c8032d35c3

私は学生の頃、金融や会計の授業が大好きでした。そして、お金の管理についての知識もあります。一方で妻は浪費家です。そこで私は、あえて彼女に家計を管理してもらうことにしました。

すると、少ない銀行口座の預金を見て、彼女は以前より慎重に買い物をするようになりました。さらに「生活水準を下げないように」と、懸命に働くようになったのです。お金を稼ぐことだけがすべての正解ではありません。これは私たち夫婦のケースですが、思い当たる方はぜひ参考にしてみてください。

Licensed material used with permission by becomingminimalist
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
「Elite Daily」に寄稿する女性ライターBrittney Kniesさんは、30代の頃に2度ほど真剣な交際を経験したものの、その両方がお金の問題で...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
こんな当たり前のことをあえて取り上げるのは、やっぱり大切だと思うから。お金そのものが「豊かさを感じさせる訳ではない」。この記事の要点であり、まさに「プライ...
もうすぐ21歳になるというライターのRachel Fernieさん。彼女の記事が人気メディア「Elite Daily」で話題になっているのでご紹介します。...
たしかに、生活の基盤作りにお金は必要かもしれません。でも経済的に豊かであることよりも、心が豊かであるほうがずっと大切だと教えてくれるのは、「Elite D...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
若いうちからお金を貯めるべき、という意見もあれば、若いうちは思い切りお金を使って人生を楽しむべき、という意見もある。最終的にどちらを選ぶかはあなた次第です...
「お金持ちになりたい」と考えているあなたに質問です。なぜ、お金持ちになりたいのでしょう?それは「幸せになりたいから」に他ならないと思います。しかし、お金は...
名言は、人類の歴史の中で活躍した偉人たちの考えを今に伝えてくれます。時を超えて、成功者たちの思想を学ぶことができるのです。そんな古今東西の名言に遠越段さん...
オンラインメディア「Lifehack」の「お金持ちの節約術」が話題です。ゼロから財を築いてお金持ちになった人は、どのように財産を築いていったのでしょうか?...
結婚までに知っておきたいお金についてのあれこれ。ここでは、家計、社会保険料、年金についてのご紹介。シングル、共働きカップル、片働きカップルの3タイプに分け...
この記事をひと言で要約するならば、「正しいお金の使い道」。お金は使い方ひとつで価値が何倍にも膨らむものだと、ライターJill Pohl氏は、心理学者の研究...
ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可...
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...
20代の平均貯金額は約200万円、30代の平均貯金額は400万円前後、40代の平均貯金額は500万円弱といわれています。あなたの貯金額と平均との差はどれく...
老後のために生きる人のことを、「老人」って呼ぶの。 貯金をしていた頃の私は、どこか気が狂ったようだった。いつも不安で、人生を謳歌する時間を失いながら、通帳...
世界でもっとも物価が高い国のひとつとされる日本。海の外には、少ないお金で豊かに暮らせる国がたくさんあります。その中でも「Higher Perspectiv...