「あれ、思考停止?」こんな頭のモヤモヤをスッキリさせるヒントがこちら

たまに頭の中にモヤがかかって、何も考えられなくなってしまうことがありませんか?この状態、英語では「ブレイン・フォグ(脳内の霧)」と言うんだとか。

ここで紹介するのは、その解決方法をライターLAURA CASELEY氏が「Little Things」にまとめたもの。記事を読むかぎり、食生活を見直す必要がありそう。

そもそも、
なぜ起こるのか?

F03ace10db9d0f057780e4968458457becc680c5

「ブレイン・フォグ」の要因はさまざまあるそうです。睡眠不足や水分不足、過労、ストレス、栄養不足、長時間の立ち仕事などが挙げられています。中には月経などホルモンバランスの変化で陥ってしまう人もいるそう。

では、その対処法とは?

01.
糖分を控える。

6de1ff747d856df55196335e59075f146a590740

たしかに糖分はエネルギーのもとですが、持続性はないそうです。事実、糖分に依存してしまうと、そのエネルギーが切れたときにダラダラして落ち込んだ気持ちになってしまうこともあるとか。

元気を出すために、糖分や人工甘味料の高いお菓子を食べてしまっているのなら、この習慣を見直したほうがいいかもしれません。

02.
炭水化物を多めに摂取する。

0f39f5a642e3d3dde0cb981329461e6fce57b843

炭水化物はセロトニンという、自信や幸せにつながるホルモン分泌に関係しています。フルーツやサツマイモ、全粒穀物などを食べるよう意識しましょう。

03.
もちろんタンパク質も

863d856db40db9202d66602f2842c11e6b6df696

とはいえ、炭水化物だけでは生きていけません。タンパク質やアミノ酸、脂肪酸があってこそ私たちの脳は正常に機能するように出来ているそうです。

中でも、脂肪酸のバランスがとれていないと炎症の原因にも繋がるとか。肉、魚、卵などきちんとしたプロテインを含んだ食事を心がけたほうが吉。草のみで育てられた牛や天然の魚は、オメガ3脂肪酸が摂れる最高の食材のようです。

04.
脂肪も必要。

Ebb5ae89881eb1580caa8b161078040f19e5b1cb

脳には脂肪だって必要で、長時間エネルギーを保ちたいならなおさらなのだとか。健康的な脂肪は、オリーブやアボカド、ナッツなどでおいしく摂取できるものとして挙げられています。

05.
好きなことをして
ストレス発散

922b02db0f0736df4b4c02441df38ca9ead79074

栄養不足だけが「ブレイン・フォグ」の原因ではないようで、モヤモヤの多くはストレスや脳のキャパオーバーが関係しているようです。

ということで、毎日ストレスを発散する方法を見つけたほうがいいかもしれません。日記を書いたり、瞑想したり、自分が好きなことをするだけでOKだとか。

06.
ウォーキングなど
軽い運動を

33d4e977486789884cf449722f1753a6cf34b5ef

運動はストレスを減らすのは想像がつきます。血流を良くし、ホルモンバランスを整えてくれるため、睡眠の質が向上し、疲労を感じにくくなると言われています。

07.
アルコールとカフェインの
摂取量を減らす

527b2d50466dfc5b6e3a0dfd3365b4fa745a1681

カフェインは興奮剤、アルコールは抑制剤、と認識しておいたほうがいいかも。両者とも、過剰摂取は体の自然なリズムを狂わせてしまいます。

毎朝のコーヒーや同僚との一杯をやめる必要はありませんが、量に気を付けるのは言わずもがなでしょう。調子の悪い時は少し量を減らして、回復するか見てみるといいかも。

08.
アレルギーでないか
要確認

27b8e9aa650e9bc3e1f6340c66a8f60bea85cd66

疲労や憂鬱、モヤモヤした気持ちは、アレルギーの症状にも共通しているそうです。

食事後に頭がモヤモヤしているような気がしたら、そういった状態が続くようなら、医師に相談してみては?

09.
十分な睡眠をとる

40df32eb318e79e9cbdb08e99dc8d4772a5c0cef

ありきたりだと思うかもしれませんが、やはり大事。疲れていると感じたら、しっかりと睡眠をとりましょう。最低でも6時間は必要という意見が多いようです。

Licensed material used with permission by Little Things
仕事や勉強、運動をしているとき、自分で勝手に限界だと決めつけて、諦めてしまう。すると、そこで思考はストップ。残念ながら、これではその人が持っている潜在能力...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
「睡眠時間が短い」あるいは「睡眠の質が低い」と悩んでいるあなた。実際、アメリカでは5〜7千万人の人が慢性的な睡眠障害をかかえていて、体調や寿命に悪影響を及...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
エクササイズが女性の身体にも心にも活力を与えてくれる理由を、ライターStephanie Sharlow氏が「Elite Daily」で記事にしています。じ...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
ライターSteven Bancarz氏が、自然がもたらす不思議な力を「Spirit Science and Metaphysics」にまとめています。都会...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
ほぼ毎日と言っていいほど、ジムに通っている僕。「今日は胸の日」「明日は背中の日」といった具合に、その日ごとに鍛えるパーツを決めて重点的に筋トレをおこなって...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...