早起きが苦手だったぼくが「朝型人間」になれた3つのコツ

「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。

彼が「Inc.」に寄稿した記事は、耳触りのいい簡単な早起きメソッドでもなければ、非現実的なアドバイスでもありません。様々な試行錯誤のなかで、自分の体にとってのベストな「起床」を見つけ出したのです。

01.
徐々にではなく
一気に「早起き」へ変えてみる

019a2d43d7f725b37ece97ee4c98e6d580400ebc

よく見かけるのが「毎日少しずつ早く起きるようにしていきましょう」というアドバイス。たとえば「予定の時間より15分早くアラームをセットしましょう」といったもの。それらは論理的には正しいのかもしれませんが、なぜか私には合いませんでした。

それまでの私は自宅で仕事をしていたこともあり、決まった起床時間がなく、自分の起きたい時間にベッドから出ていました。ただ、なんとなく「8時くらい」が目安になっていたのです。

なのでさっそく、起床時間を決めるべく「8時」にアラームをセットするように切り替えてみたのですが、これが最悪で大失敗。8時にアラームを止めてはいるけど、そのまま30分から1時間ほどゴロゴロしたり、ベッドの端に座ってボーっとするようになってしまったのです。表向きには起きていても、早起きが成功している感覚などありませんでした。

そんなナンセンスな数ヶ月を過ごしたあと、ふと直感で「6時」に設定してみました。8時でさえ苦しんでいたのに、一気に2時間早くしてみたのです。とくに理由もなければ、うまくいくかどうかもわからなかったけど、そのチャレンジにワクワクしました。すると、

「起きれた」

目新しさと自慢したかった気持ちからかもしれませんが、成功したのです。もしくは「6時」が私にとってのベストな起床時間だったということかもしれません。私は明け方に目を覚ましてしまうことが多かったのですが、8時まで眠ることが逆に睡眠の質を下げていた可能性もあります。

この日以降、とくに夜が遅かったとき以外は6〜7時に起床する習慣がつきました。

02.
毎晩、同じ時間に
ベッドにむかう

25cf889d437d643ca8aa59f630973704fc0b0759

私は夕食後、少しテレビを見て、たまに散歩に行くこともありますが、たいてい20〜21時にはボーっとしてくるのでベッドに入るようにしています。ホットドリンクを飲み、ノートPCで明日のスケジュールを確認し、Kindleを読みながら、睡眠まで1〜2時間を費やすのです。

毎日同じ時間にベッドに入る習慣作りは、あなたが早く眠りに“落ちる”のを促し、起床時の体調にも影響します。

私は22時くらいになると、もう頭がシャープに働かないし、夕食後に仕事をするのも好きではないので、個人的に「早寝」は簡単なことでした。そして「早寝」は「早起き」へとつながっているのです。

03.
朝が楽しみになるような
「ルーティン」をつくる

Bea72cecdbc889370f0fd6060f01440a6fa61dd0

この習慣づくりは、間違いなく重要です。そして行動経済学者のダン・アリエリー氏の言葉を借りれば「代替報酬のメソッド」がポイントになるでしょう。どういうことかと言うと、ちゃんと自分にとって意味のある「喜び」を用意してあげるのです。たとえば私の場合、コーヒーが楽しみで早起きするのであって、「さあ生産的な1日にしよう」なんて思いながら起きているわけではありません。

・コーヒーを飲んでフランス語の勉強をする
・腕立て伏せを5回する
・シャワーを浴びて着替える
・朝食をとる

私はこれらのルーティンを楽しみにしていて、全てが終わらないとスッキリしないのです。結果的に起きてからすぐに仕事のことを考えるよりも、この「ルーティン」を行うことで、より生産的になれるはず。

そしてルーティンを終える頃には起床から1時間ほど経っているので、仕事を始めたくてうずうずしているものなのです。

Licensed material used with permission by Jef Haden
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
「I Heart Intelligence」で、ライターのChase Holik氏が、夜ふかしする人は早起きする人よりも賢いという内容の記事を書いています...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「時計遺伝子」って、聞いたことある?あんまり聞き慣れないよね。その名前から想像する通り、生物の体内には時間を管理する遺伝子が存在するらしい。いわゆる体内時...
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
スヌーズをセットして、少しでも長く眠ることにしあわせを感じていませんか?そんなあなたでも、毎朝6時前に起床したくなる6つの理由を「Elite Daily」...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
世界トップクラスの女性ビジネスパーソン12人に共通している習慣があると「Forbes」で話題だ。第1線で活躍している起業家、デザイナー、ドクター、ジャーナ...