早起きをするための5つのコツと秘訣

朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に取り入れやすい、早起きをするためのコツをまとめてみました。

1.規則正しい生活で睡眠のサイクルを確立

規則正しいサイクル

人間は寝ているときに、身体は寝ている状態で脳は起きている「レム睡眠」と、身体も脳も寝ている状態の「ノンレム睡眠」を繰り返しています。
ノンレム睡眠のときに目覚まし時計を鳴らして起きようとしても、すぐに動くことができず、寝ぼけた状態になりがちです。
レム睡眠のときであれば、スムーズに起きやすいです。
そこで、レム睡眠とノンレム睡眠が繰り返される90分単位で睡眠時間を設定すると、朝目覚めやすくなります。
6時間あるいは7時間半睡眠時間を確保できるように、就寝時間を決めましょう。
また、寝る時間と起きる時間を決めて規則正しい生活をすることで、身体が睡眠のサイクルを覚えて早起きしやすくなります。

2.朝日を浴びて体内時計をリセットする

人間の身体には体内時計が備わっており、朝起きときに朝日を浴びることによってリセットされます。
体内が目覚めを感じたことで、「メラトニン」というホルモンの分泌がストップし、16時間後に分泌が促されます。
メラトニンは自然な眠気を催す作用のあるホルモンですので、質の高い睡眠が得られるようになります。
寝室でシャッターや遮光カーテンを閉めている人は朝起きたら開けるようにし、夜は強い光に当たることは避けることで、メラトニンの分泌のサイクルを正常に保つことができます。
夜しっかりと眠ることで、朝自然と目覚めやすくなるのです。

3.毎日軽い運動をする習慣をつける

軽い運動

早寝をして熟睡をすることが、早起きしやすい身体の状態へと導く秘訣です。
身体を適度に疲れさせることによって、夜になると眠気を催し、熟睡しやすい状態になります。毎日、ジョギングなどの30分程度の運動を行なうことで、身体が心地よい疲れを感じる状態になります。
脳が疲れていると覚醒し、眠りの妨げとなりますが、身体を疲れさせることによって、睡眠が促されます。
しっかりと熟睡することによって、眠り足りなくて起きられないことを防ぐことができるのです。

4.寝る前のコーヒーやお酒を控える

「寝酒」ということばがありますが、飲酒は寝つきをよくする効果はあるものの、神経を高ぶらせる作用もあるため、睡眠の質を落としてしまいます。
深酒をした翌朝は、よく寝てすっきりとしたという感じではないはずです。
飲酒は、遅くても寝る3時間前までにしておきましょう。
コーヒーなどに含まれるカフェインも、覚醒作用が数時間続くことから、良質な睡眠の妨げとなります。カフェインを含む飲み物にはほかに、緑茶やココアがあります。
栄養ドリンクにもカフェインが含まれていますので、疲れているからと寝る前に飲むことは避けるようにしましょう。

5.朝が楽しみになるごはんを用意しておく

朝ごはんを用意

朝起きるのが苦手な人には、朝ごはんを食べない人が多い傾向があります。生活が不規則で夜の食事の時間が遅い人の中には、朝お腹が空かず食べる気がしない人もみられます。1日の食事の時間を規則正しくすることで、朝お腹が空いて起きやすくなります。
さらに、朝起きて食べるのが楽しみになる朝ごはんを用意しておけば、早起きして朝ごはんを食べる時間を確保したくなります。
ご飯の炊ける臭いやパンが焼ける臭いが部屋に漂うと、空腹を覚えて起きやすくなるのではないでしょうか。
好きなパン屋で、デニッシュなどを購入して朝の楽しみといておくのもよいでしょう。

「早寝早起き」といわれるように、早く寝て質のよい睡眠をとることが、早起きのために大切です。仕事が忙しい人は、休日から生活習慣を変えていくと、一週間の睡眠のサイクルを保ちやすくなります。できることから始めて、早起きしやすい生活習慣に変えていきましょう。

「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
「I Heart Intelligence」で、ライターのChase Holik氏が、夜ふかしする人は早起きする人よりも賢いという内容の記事を書いています...
嫌なことがあった次の日は、朝から憂鬱な気分に陥りがち。だけれど、本当は、新しい気持ちで1日を始めたいものです。そんなあなたに贈りたい、自分を奮い立たせる言...
「時計遺伝子」って、聞いたことある?あんまり聞き慣れないよね。その名前から想像する通り、生物の体内には時間を管理する遺伝子が存在するらしい。いわゆる体内時...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
GOOD MORNING!気持ちのいい朝は、私たちを元気にしてくれるもの。だけど、そこに元気ややる気の出る名言があれば、朝はもっと特別なものとなるでしょう...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
朝時間の過ごし方については、さまざまなところで言及されています。ここで取りあげたいのは「bembu」という美容健康情報を発信しているメディアに掲載された「...
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
アイロンをかけたものの、変なところにシワができてしまったり、とにかくうまくアイロンをかけられないという経験はないでしょうか。実はいくつかのコツをつかむこと...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...