毎朝、午前10時までにやるべき「5つのコト」

朝起きるのが時間ギリギリだと、その後の予定も常にバタバタしがち。突発的な“何か”が入ったときには、もうオシマイです。
そこで、「Power of Positivity」のこの記事をチェックしてみましょう。余裕を持ち、より生産的な1日を送るヒントになるかもしれません。

朝起きて生きる喜びを感じよう。
Byマルクス・アウレリウス

5things-until-10am_260176973

多くの人は、何度もスヌーズボタンを押し、ようやくベッドから出て、服を着る。そして、なんとなく一日がスタートする。

でも、これから紹介することに取り組めば、集中した状態で一日を始められるはず。気分が良くなり、生産性が上がり、寝る前に幸せを感じられるでしょう。

01.
スマホチェックの代わりに!
数分間の瞑想

5things-until-10am_160076318

瞑想を取り入れれば、落ち着いて1日を始めることができます。スマホに手を伸ばしてメールをチェックする代わりに、数分間座って静けさを感じましょう。
1日には膨大な数のタスクがあるからこそ、始まりは静かに。調子を整え、エネルギーを高めてくれます。

02.
また1日を始められることに
感謝する

「人生の中で唱えた唯一の祈り。それが『ありがとう』なら、それで充分だ」-マイスター・エックハルト

「感謝」の気持ちで1日をスタートさせよう。こうすれば、そのときだけでなく、1日を通して感謝の意識が高まります。問題が発生しても、別の視点で捉えるなど、柔軟に対応できるはずです。

03.
その日に達成すべき
“3つの目標”を設定

5things-until-10am273536981

達成したい「3つの目標」に焦点を当て、1日の計画を立てましょう。そして、それらに優先順位をつけてください。しっかりと1日をプランニングすることで、より生産性が高まります。

04.
“余裕を持った”
スケジュールを立てる

1日の目的を定め、問題が起きても対応できる、余裕あるスケジュールを組みましょう。自由時間を含めてスケジュールを組むと、目標達成の可能性は高まると同時に、適度な休息を取ることも可能に。

05.
水分補給で
毒素を洗い流す!

5things-until-10am_163008377

目覚めたとき、人の身体は脱水状態気味。なので、朝一で水を飲むことは非常に重要なのです。ドナ・ゲイツ氏は著書『The Body Ecology Diet』で、朝10時頃までに1日に必要な水分の半分を摂取すべきと示しています。そうすれば、毒素を洗い流し、空腹感や頭痛を軽減できるのだとか。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
1日の流れ、すべてを決めると言っても過言ではない「朝の過ごし方」。せめて効率的に動けるように、コツを掴んでおきたいところですよね。1日を有効活用するために...
スヌーズをセットして、少しでも長く眠ることにしあわせを感じていませんか?そんなあなたでも、毎朝6時前に起床したくなる6つの理由を「Elite Daily」...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
時間を有効活用するためには、まず、1日の予定を決めていけばいい?いいえ、1年間のスケジュールを立ててから、月ごと、1週間、1日の順番で計画をたてていくので...
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
あなたは、毎日訪れる「朝」をどう過ごしていますか?ギリギリまで眠ってバタバタと準備をする人もいれば、優雅に朝食を楽しむことに幸せを感じている人もいるでしょ...
僕はこれまで、4,000人以上の人たちのビジネスコーチング、メンタルトレーニング、キャリアデザインのカウンセリング、英会話や資格試験などの学習トレーニング...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
朝時間の過ごし方については、さまざまなところで言及されています。ここで取りあげたいのは「bembu」という美容健康情報を発信しているメディアに掲載された「...
GOOD MORNING!気持ちのいい朝は、私たちを元気にしてくれるもの。だけど、そこに元気ややる気の出る名言があれば、朝はもっと特別なものとなるでしょう...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
ちゃんと寝れなかった翌日は、1日だるくなってしまうもの。ここで紹介するのは「Power of Positivity」が推薦する、快眠を得るための4つの習慣...