目覚めを劇的に変える、就寝時にやるべき「4つのコト」

ちゃんと寝れなかった翌日は、1日だるくなってしまうもの。ここで紹介するのは「Power of Positivity」が推薦する、快眠を得るための4つの習慣。ほんのちょっとした行動を習慣化することで、睡眠の質は劇的に変わるかもしれませんよ。

質の高い睡眠で
素晴らしいスタートを

shutterstock_116299693

言わずもがな、カラダにとって大切な睡眠。でも日々の生活に忙しくて、ゆっくりと寝ることはなかなか難しいのではないでしょうか。その日がうまくいくかどうかは、睡眠の質によって変わるといっても過言ではありません。
ここでは、快眠のために寝る前にすべき習慣を紹介します。この習慣を日常的に行うことで、目覚めた時に幸せな気持ちを味わうことができるはず。

01.
ストレス解消のためにも
日記をつける

shutterstock_178904063

1日に起きたことを日記にまとめることで考えが整理され、ストレスが少なくなります。
自分の考えていることを素直に書きましょう。常に枕元に日記を置き、寝る前に書くことを習慣化するように。

02.
眠気を誘ってくれる
4-7-8呼吸法

アリゾナ大学の医学部教授アンドルー・ワイル氏は、年齢を重ねるごとに不眠症が増加すると指摘します。そこで質の高い睡眠を得るために彼が薦めるのは、4-7-8呼吸法。
まずは息を吐き出して口を閉じます。 次に4秒鼻から空気を吸い込み、そのまま7秒息を止めて、8秒かけてすべての息を吐き出します。この呼吸法を何回か繰り返すとスッと眠れます。

03.
翌日のスケジュールは
寝る前にリスト化

shutterstock_282376895

ベッドに入った途端、さまざまなアイデアが思い浮かぶなんて経験ありませんか?いろいろと考え始めたら、眠れなくなってしまうなんてことも。
私たちのまわりには情報が溢れています。大切なのはそれをコントロールすること。考えをまとめるため、1日の終わりに次の日のスケジュールをまとめましょう。

04.
いいことも悪いことも
振り返ろう

shutterstock_43698523

1日のできごとを、感謝の気持ちで振り返りましょう。重要なのは、いいことだけでなく悪いことも考えること。生きていれば辛いことだって起こります。大切なのはそれを認めて、次につなげることなのです。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
大ブームになった低糖質ダイエット。挑戦してみたという人も多いのでは? 「低糖質食=ダイエット」というイメージが強いかと思いますが、ダイエット以外にも注目し...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...