今日こそぐっすり。「睡眠不足」に悩むあなたができる10のアイデア

寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。

ここでは、ライターのJohanna Silveさんが「Little Things」にまとめた快眠のためのアイデアを紹介。試してみては?

01.
体温を下げる

2fe74a57739c841f7610c35609434371ef84af79

なかなか眠れないときは、窓を開けたり、エアコンを使って室温を下げてみる。

人間の体温は睡眠に大きく関係していると考えられているようです。とくに内臓は、午後に一番温かくなり、夜に向けてだんだんと冷えていくため、体の冷えを「眠る時間になった」と感じるのだとか…。試すなら、お腹が痛くならないように気をつけないといけませんね。

02.
心を整理して落ち着かせる

ベッドで横になりながら、日記を書くといいみたい。その日にあった出来事を、しっかりと整理してみましょう。途中で、ウトウトしてくるかもしれません。書ききれなくても寝ちゃいましょう。

03.
羊が一匹、羊が二匹…

38cb1faeeacbfd3226fa0f99470dca981680aa77

「眠れないときは羊を数えなさい」。じつはこれ、「Psychcentral.com」によれば、気を紛らわす方法としては使えるそうで、心を落ち着かせることができれば効果的と言ってもいいのだとか。

羊に限らず、好きな歌を口ずさんだり、特定の人の名前を挙げるなど、なにか別のことを考えることが役に立つかもしれません。

04.
クラシックを聞いてみる

0bc214f782609527ad9c0b4eeb3fb7f6befb8486

リラックスできる音楽を。上質なクラシック演奏を聞くと寝ちゃう…なんて聞いたことがあります。なんと、60bpmほどのテンポの音楽にリラックス効果があるとする研究が「WebMD」には掲載されています。ゆったりとした曲を聞くのはアリかも。

05.
足が「むずむず」するなら
医師の診断を

RLSという病気を知っていますか?日本語では「むずむず脚症候群」といいます。頭では眠ろうとしているのに、脚が勝手に動こうとしてしまい、なかなか眠ることができない病気です。

Healthline.com」によれば、なんとアメリカ人の15%がこの病気を持っていると言われています。もし心当たりがあったら医師の診断を受けてみては?

06.
深く「呼吸」する

鼻や口から深く息を吸い込み、吐いてみる。深呼吸はストレスを軽くし、心身ともにリラックスできます。

簡単なので、何度か繰り返してみましょう。

07.
一度カラダを温めてからの
「湯冷め」が効果的

66b3af5365bc836394b404bf60e003779610b8e1

最初に挙げた内臓の体温を下げる方法のひとつに、入浴があります。お風呂に入ると最初は体温が上昇しますが、お風呂から出ると次第に低下します。いわゆる「湯冷め」の状態は、内臓の温度が下がっていく状態。

上げてから下げる、これによって眠る時間を体に意識させるということでしょうか。

08.
不快な雑音に聞こえるけど
じつは…

昔、TVを放送していないチャンネルに回すと「ザー」と砂嵐のような画面とノイズが流れましたよね。あれは、ホワイトノイズといって人の深層心理や潜在意識に働きかけ、深い眠りに誘うと考えられています。

また、小川のせせらぎやそよ風の音などの自然音にも、ピンクノイズと呼ばれるホワイトノイズに近い要素があると言われています。

09.
軽くストレッチを
やってみる

Fe2956dda37610f7d55cb9da1aedd1f39bc61bcf

ベッドで横になっていても心や身体が落ち着いているとは限らないようです。筋肉や身体が疲れてると、夜中に目が覚めてしまうことも。軽いストレッチがおすすめだそうです。

10.
眠ること自体を
楽しみましょう!

ゴロゴロするのって気持ちいいですよね。疲れているときは、ベッドでリラックスする時間をいつもより長くするだけでもだいぶ違うかもしれませんね。

Licensed material used with permission by littlethings.com
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
翌日に仕事があるにもかかわらず、友だちと飲み明かしてしまった。当然、寝不足で仕事はグダグダ…。そんな過ちを二度としたくない人へ。「New York Mag...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
「睡眠時間が短い」あるいは「睡眠の質が低い」と悩んでいるあなた。実際、アメリカでは5〜7千万人の人が慢性的な睡眠障害をかかえていて、体調や寿命に悪影響を及...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...