これさえあれば気持ちよく目覚められる!睡眠をコントロールする目覚まし時計『Kello』。

生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、どんなに素敵だろう。最新のテクノロジーを使って、私たちが待ち望んでいた商品を次々と提案してくれるクラウドファンディングサイト『Kickstarter(キックスターター)』から、また魅力的な商品の登場だ。

私たちの眠りをサポートしてくれる、
頼もしい目覚まし時計『Kello』。

De8e0f2c6faad5398b356833a366363755407966

たとえば、夜、ベッドに入ってから素早く眠りの世界へ入っていけるような音楽を流してくれたり、眠っているときのリズムを分析して、いちばんのタイミングで起こしてくれたり。そんな、質のよい眠りをサポートしてくれるグッズが増えるなか、キックスターターが提案するのは、これまでありそうでなかった、自ら自然に目覚められるようになる、あたらしい目覚まし時計だ。

多彩な専用プログラムで、
眠りのクセを見直すことができる。

1ea3147125c0444f1e73b358d3336f6c6af29c93

Kello』は、先に挙げたようなプログラムはもちろんのこと、数分の昼寝で体力を回復させるプログラム、フライト時の時差を解消するためのプログラムなど、「こんな機能があったらいいなあ。」と、誰もが一度は考えたことのあるような、快適な目覚めのためのプログラムが多数搭載されている。家に帰る時間が遅くなり、ついつい夜中まで起きてしまったり、眠る直前に恋人や友人から電話がかかってきたりなど……。夜更かしの理由はさまざまだが、Kelloさえあれば、自分の睡眠のクセを根本から見直すことができ、より深く心地よい、睡眠がとれるようになるのだ。

お気に入りの音楽を聴きながら
目覚めるという贅沢。

D7d0cf345351a5b95bf4c8c88060a4222334405f

手持ちのスマートフォンと連携させれば、時計本体ではなく、スマホからアラーム設定ができたり、また、『Spotify』や『DEEZER』など、音楽のストリーミング配信サービスを使って、お気に入りの音楽で目を覚ますこともできる。

発売が待ち遠しい!
かわいいカラーリング。

64cd27e332c049e397730296bf06d61427709d02

疲れて帰ってきて、ほんとうなら、ベッドに入ってすぐに眠りたいのに、頭の中が活性化しているせいか、やけに寝つけない。あるいは、たっぷり睡眠をとったはずなのに、次の日の朝、体がだるいと感じることもあったりする。私たちの身体は、毎日コンディションが違うから、眠りの深度が変わるのは常である。この目覚まし時計は、朝、起こしてくれるだけでなく、早起きの習慣もつくってくれる。前日の疲れは、前日のうちに。疲れを持ち越さないためにも、日頃から良質な睡眠を心がけよう。

Licensed material used with permission by Kello Labs
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中のこのアラーム。期限まで2週間を残しながら、すでに目標額の11倍以上を調達済み。その額なんと、日本円に...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
毎朝、二度寝が常習犯で、慌てて家を出ていくような人は注目。イギリスで、とんだお節介機能を搭載した“目覚ましベッド”が開発されたとか!?朝7時前、とある静か...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
アラームと聞いて真っ先に思い浮かぶのは目覚まし時計。でも、この「Yawnie」は、十分な睡眠時間を確保してすっきり目覚められるよう、眠りにつくタイミングを...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
この「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」が持つ機能はシンプルです。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれ...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...