34歳女性起業家に学ぶ、仕事で成功体験を増やす「5つのヒント」

「今の仕事でもっと活躍したい」「なにか新しいことを始めたい」と思っているあなた。ここで紹介するのは私自身がさまざまな経験から学んだ、仕事で成功するために必要な5つのこと。どれか1つ意識するだけでも、きっと効果が出るはずです。ぜひ参考にしてみてください。

01.
成功の秘訣は
「信頼」と「スパイス」

_000017499375_Large

お料理を作っていて、ちょっと味を引き締めたいときや、ニュアンスを足したいとき、スパイスを使いますよね。

ビジネスでは、安定したクオリティやイメージを保ちながら、信頼を積み重ることが大切ですが、スパイスを効かせることができると、顧客は飽きることがありません。

ビジネスでのスパイスとは、刺激やサプライズ。要するに、いつもとちょっと違った見せ方やサービス、顧客を驚かせる何かです。スパイスをたまに、うまく使えるようになると、ずっとあなたや、あなたのサービスのファンでいてくれます。

02.
相手にも、自分にも、
世の中にもハッピーな選択

Business team using technology

少し前は、「win-winの関係」という言葉をよく目や耳にしたと思います。相手と自分の双方にとってメリットがある関係という意味ですね。

でも、これからは「win-win-win」を目指す時代になるのではないでしょうか。もう1つプラスしたのは、世の中、社会にとってのwinです。相手にも、自分にも、そして世の中にも、すべてにとってハッピーな選択が今求められています。

たとえば、私が本を書くことは、「伝えたい」「誰かの役に立ちたい」という私のwin。それを出版して下さる出版社にとっては、私の本が売れることがwin。そして私の本を手にとって、何かしらヒントや気づきを得た方が増えたら、世の中にとってもwinですね。

他にも最近は電気カーを売るメーカーが増えてきましたが、これは顧客にとってガソリン代の削減にwin、地球にとってCO2削減でwin、そして車が売れたらメーカーもwin。

こういった流通は、関わっている人たちがみんなハッピー。win-win-winのビジネスが増えていけば、世の中全体が良くなるでしょう。

03.
マーケティングのキーは「女性」

Group of successful businesspeople standing and talking.

消費者のニーズをつかむには、普段からのリサーチが必須。企業がおこなうマーケティングリサーチに頼らずとも、周りの女性の動向を追うことによって、マーケティング効果があります。

世の中にウケる商品を作ろうとしたとき、まずその分野で影響力のある女性やまわりの女性のブログやSNSを見ると、ざっくりとマーケットの傾向や感覚をつかむことができます。

女性に受けると、商品やサービスはあっと言う間に世に広まります。女性には最高の口コミ力、拡散能力があるのです。

これは本で読んだ話なのですが、ある成功している大富豪の事業家は、ときどき奥様の友達たちを家に招き、そこに自分も参加するそうです。お茶をしながら話されるのは、主婦同士の他愛ないおしゃべりですが、その方はそこからヒントを得て、次のビジネスを考えていくのだそうです。

04.
とりあえず、やってみる
やりながら磨き上げる

_178115075

「これだ!」と見込んでいたものが、じつは違っていたということもよくあります。だけど、そこでガッカリしないでください。間違うということは、自分に合わないもの・成功しないパターンがわかるということです。もうそれをしなければ、どんどん目的への選択肢は限られてきます。

間違いながらだんだん、自分に合ったもの・成功に近づくものがわかってきてよりシンプルになります。

たとえば、電化製品やケータイ、車などは、初期のモデルは、デザインにしても機能にしても、無駄なものが多くて使いにくかったり、大きく重かったりします。でも、試作、改善を重ねるうちにどんどん磨き上げられて、私たちを魅了するシンプルで研ぎ澄まされたプロダクトが誕生するのです。

最初から完璧なものじゃなくて大丈夫。とりあえず予想を立てて、やり始める。やりながらダメなところを意識して、そこを軌道修正し、どんどんブラッシュアップしていってください。

05.
「私には向いていない」
という言い訳は封印!

000082737581_Large

たいしてやっていないのに「やっぱり私って向いていない」なんて言うのは、もったいないというか、「ぬるい!」と思います。そんな人は、本当は自分が努力することを投げ出しているだけなのに、「私には向いていない」と、やめる言い訳にしています。

今や年間の講演回数が100回を超える私ですが、つい数年前まで「人前で話すのは苦手、向いていない」と思っていました。ですが私の夢を叶えるためには「人前で話せるようになること」が必須だったのです。だから「できない」でなく「できる」ようになるまで、ひたすら繰り返しチャレンジし、失敗もたくさんしましたが、今では人前で話すことが私の仕事の一部になっています。だからあの時、投げ出さないでよかったなと思います。あの時投げ出していたら、今の私はなかったから。

愛されながら仕事も恋も成功する方法
コンテンツ提供元:長谷川朋美

 

 

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
優れた起業家の名言は数あれど、よくよく考えてみると、そのほとんどは男性が発したもの。ここでは「Elite Daily」にまとめられた、12人の女性起業家の...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。...
「3日3月3年」という言葉を知っていますか? もともとこの言葉は、芸事修行の心構えで、3日我慢できれば3ヶ月は耐えられ、3ヶ月我慢すれば3年は耐えられる…...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
「成功したい、成長したい」と多くの人が思っているはず。でも実現できない時、きっと失敗を恐れて行動していないのでは?成功や成長は、行動の先にしか成り立ちませ...
世の中は1%の大成功者と99%の凡人たちで構成されている。とはいえ、肩を落とすことはない。自分の「特性」とおかれた「環境」を理解できれば、間違いなく成功で...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
海外では、男女関係なく「遊びが上手な人ほど仕事もデキる」という見方が強いように感じます。どちらにも手を抜かず、真剣なんです。「Elite Daily」に掲...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、...
前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
【起業家のジレンマといえば】友人との関係、会社を大きくしていくこと、家族と過ごす時間、日々の運動、十分な睡眠。選べるのは3つだけ。これは、マーク・ザッカー...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...