学生時代、成績が悪かった人がビジネスで成功する「8つの理由」

NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一体どうして…?ここでは、その理由を8つ紹介します。

01.
“当たり前”を
疑う力が身についている

成績がよくない学生ほど、学校のカリキュラムに不満を抱いています。多くの生徒は「とにかく守らなきゃいけないもの」と思っているものを、「なぜ、守らなきゃいけないのか?」と考えているのです。こういった思想を持っている人こそ、将来社会に出ると重宝されるのは社会人ならよ〜くわかりますよね。

02.
先生≠スゴイ人
肩書きで人を判断しない

彼らは教師を喜ばせるために変なエネルギーを費やしません。尊敬こそしていますが、すべての指示に従うことはしません。

成績の良い生徒ほど、「先生の言う通りにしていれば成功できる」と勘違いしているのですが、成績の悪い生徒ほど肩書きではなく“一人の人”として先生を見ています。

03.
成績以外の
成功体験を持っている

頭の良い学生にとっての成功は「いい成績をとること」。でも、成績が良くない学生は、学業以外に夢中になれる“何か”を見つけていることが多い。そこで他の学生とは違う、成功体験を積み重ねているのです。

04.
他人を巻き込む力がある

成績が良くない彼らは、自分一人ではなにもできないことを悟るのが早いといいます。だから、とにかく他の人を巻き込むのが上手。自分ができないことを、恥ずかしがったりしないのです。

05.
主体性を持って
学ぶことができる

じつは、成績の悪い生徒ほど学びに貪欲(もちろん、学業以外ですが)。興味のあることはとにかくチャレンジしてみる。評価されるかどうかは一切気にしません。自分自身のために学ぶのです。

06.
失敗を恐れず
完璧を求めない

完璧を求めすぎるあまり、期限を守れない。コレ、学生時代成績が良かった人がやりがちな仕事のミスです。

一方、成績が悪かった人は「とにかく、やる!」。失敗しても、そこから得るものは大きいということを自身の経験から学んでいるのです。

07.
エネルギーを効率良く
使うことができる

成績の悪い生徒にとって学業はエネルギーの無駄遣い。だから、授業に集中しないし、学校にすら来ないことだって…。その代わり、自分のやりたいことに全力を注いでいるのです。

08.
目の前の成績ではなく
将来の夢を追う

先生の話を一言一句聞き逃さないよう授業に集中するのが成績の良い生徒。先生の話には耳もかさず、窓の外をぼーっと見つめる成績の悪い生徒。

彼らはただぼーっとしているのではありません。自分のこと、人生のこと、あらゆることを考えているのです。皮肉なことに、勉強ばかりしていた人ほど、後々痛手を負うことも。

Licensed material used with permission by NextShark

アメリカでは、ほとんどの大学の成績がA~Dで評価されます。Aが一番成績がよく、90点~100点程度で一般的にクラスの上位20%ほど。Cはクラスの平均、もし...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
成功者。彼らに共通するのは、優秀であること、努力家であること、それぞれの分野で道を究めていること、そして、運も味方につけられること――。成功者たちはまた、...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
実際、同僚とはどこまで親しくするべきなのか?「TalentSmart」の記事のポイントは、まさにそこ。ビジネスにおいて、一度何かを共有したら、もう後戻りで...
世の中には沢山の「成功法則」に関する書籍がある。そこには多くのポジティブワードが散りばめられている。「常に笑顔」、「楽観的になる」「大きな声で挨拶する」、...
海外では、男女関係なく「遊びが上手な人ほど仕事もデキる」という見方が強いように感じます。どちらにも手を抜かず、真剣なんです。「Elite Daily」に掲...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
人生どの地点で成功を収めるかは人それぞれ。まだ何も手にしていない!という人は、ぜひこの記事をチェックしてみては?その内容は、「あなたが“遅咲き”で成功を手...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
【起業家のジレンマといえば】友人との関係、会社を大きくしていくこと、家族と過ごす時間、日々の運動、十分な睡眠。選べるのは3つだけ。これは、マーク・ザッカー...
ADHDの人は、成功しやすい?注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、子どもの頃に発症して大人になってもなかなか症状が消えず困っている人も多い障害のひとつ。具...
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...
成功するための基本は行動することにある。これは、ビジネス誌の編集ライターJef Haden氏が「Inc.com」に寄せたメッセージ。多くのビジネスパーソン...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...