成功者たちに「そこそこ」の成績の人が多い理由

学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?

それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成功を収めるためには、その努力は必要ないかもしれません。「Elite Daily」のライター、John Haltiwangerさんの記事によれば、有名な成功者たちのエピソードからも、どうやら彼の考え方は一理あるようです。

自分の価値は
「学力」だけでは測れない

2c1f6cd27378344dd7986aed022cd247bb938bf1

米・前々大統領のジョージ・W・ブッシュは、特別スピーチが得意というわけではありませんでした。しかし、彼は南メソジスト大学の祝辞で、とても核心をついたことを話したのです。

「今日、優秀な成績を収め、数々の賞を受けて卒業する皆さんには、“よく頑張りました”という一言を。そして、平均的な成績の皆さんには、“君も大統領になれる”という言葉を贈ります」

ブッシュ氏は、学生時代に平凡な成績しか収めていなかった自分自身のことを自虐しながら、けっして輝かしいとは言えない成績で卒業する生徒たちに、また違う視点からの物の見方を伝えようとしたのです。

彼が最も訴えたかったのは、「自分の存在価値は、成績に左右されるのではなく、人生には限りない可能性がある」ということ。

じつは歴代大統領には、学生時代にあまり思わしくない成績を残している人物が何人かいるのです。ジョン・F・ケネディ、リンドン・B・ジョンソン、そして父であるジョージ・H・W・ブッシュもそのうちのひとり。

学力は人生の成功に
比例しない

国を代表するリーダーに限らず、学生時代に成績が芳しくなくとも成功した事業家はたくさんいます。

たとえば、スティーブ・ジョブスは大学中退。マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツも同じです。リチャード・ブランソン氏は自身の障害のため、15歳で高校を中退しました。

つまり、教育は大切なことですが、素晴らしい未来へと繋がる道はひとつではない、ということ。有名な天体物理学者のニール・ドグラース・タイソンも、マサチューセッツ大学アマースト校卒業式の祝辞でこう述べています。

「GPA(成績評価値)が何であろうと、その成績はこれから生きていくなかで、みるみる無意味なものになっていく。なぜなら、生きていく上でGPAはどうだったか、と聞く人なんていないからだ。GPAに意味があるとすれば、それはそのときのあなたを映し出すものであって、この先の人生を決めてしまうものではない」

本当の意味での「学び」は
学校にない

71daf1988e6367e4988a3d4481744335d0eeb385

知性とは、主観的なものです。つまり、学業の成果だけでは知性を測りきれません。そして、学生時代の成功は、ある特定のシステムの中で生き延びる力ではありますが、社会に出るための準備にはなりません。

人生の方向性を定めるのは、その人の性格や経験、繋がりであり、決して成績ではないのです。

成功に必要なのは情熱、忍耐、感情の豊かさ、そして失敗の価値を理解できる力です。これこそ、世界を動かしている人の多くが「平均的なC評価」である理由でしょう。彼らは学生時代に苦労の意味を理解し、多くの壁を乗り越えてきたのです。

勘違いしてほしくないのは、成績が悪ければ成功を収められるというわけではないし、成績が良いからといって常にトップに立っていられるわけではない、ということ。

人生は、山あり谷あり。学校でもたくさんのことを学べますが、本当の教育というのは、教室を離れたときに始まります。

いつまでも学ぶことをやめず、諦めず、その人生を楽しむことを忘れないようにしましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
世の中には沢山の「成功法則」に関する書籍がある。そこには多くのポジティブワードが散りばめられている。「常に笑顔」、「楽観的になる」「大きな声で挨拶する」、...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
人生どの地点で成功を収めるかは人それぞれ。まだ何も手にしていない!という人は、ぜひこの記事をチェックしてみては?その内容は、「あなたが“遅咲き”で成功を手...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
成功者。彼らに共通するのは、優秀であること、努力家であること、それぞれの分野で道を究めていること、そして、運も味方につけられること――。成功者たちはまた、...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
シアトルに拠点を構える広告代理店の創業者にしてCEO、Jayson DeMers氏が、成功するために20代のうちに知っておくべきコトを「Inc.com」に...