一流アスリートやアーティストが実践する、「なりたい自分」へのコンセプトづくり

「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコンセプトをつくる上でのヒントを紐解いていきましょう。

01.
自分自身を
「単語」で表現してみる

000082640143_Large

アスリートが企業や商品の広告キャラクターとして出演する際、マネジメント事務所は資料を用意します。写真と略歴、獲得タイトルや芸能活動の出演実績などと一緒に、本人を象徴する言葉もここには掲載されています。
たとえば、メジャーリーガー・ダルビッシュ有の場合、「世界」「技術」「緻密」「努力」といったキーワードが並びます。

これは広告案件にかぎった話ではありません。そのアスリートを象徴する言葉が何かということは、彼らの魅力を最大限に引き出す上で、とても重要なのです。

これと同じように、あなた自身の「コンセプトを表す言葉」をイメージしてみましょう。ポイントは副詞や形容詞ではなく、名詞を使うこと。「美」「理想」「尊敬」などの単語で表現したほうが、本質的な魅力を端的に表し、さまざまな場面に柔軟に対応できるでしょう。日ごろから、そのような生き方をするよう心がけるといいと思います。

02.
「本性」が見えなければ
振り向いてもらえない

349138469

元スピードスケート金メダリストの清水宏保さんのコンセプトを表すキーワードとして、私たちは「逆境」「挑戦」などの言葉を選んでいます。この種目は長身選手に有利という常識を覆し、重度の喘息とつきあいながら、自身の世界記録を何度も更新してきました。清水さんのコンセプトは、正に清水さんの人生の本質。「本性」と言い換えてもいいでしょう。

コンセプトは自分の価値を高める最も重要な要素。そのためには、あなたの本質を表すものでなければなりません。自分自身を素直に、客観視して抽出することが重要です。たとえば…、

どんな子ども時代を過ごしたのか。
どんな夢を抱いているのか。
夢を叶えるためにどんな努力を重ねてきたのか。

本性の見えるコンセプトができたときこそ、まわりの人があなたに振り返り向いてくれる可能性が出てくるのです。

03.
自分から率先して
自分を「表現」する

_179825510

サッカー日本代表の本田圭佑とは、これまで多くの広告・媒体・イベント出演などで仕事を共にしてきました。初仕事は2008年、プロフィール写真の撮影でした。
撮影が始まると、彼は誰からも指示されることなく、カメラに対して身体の向きを斜めに構え、スッと足を交差させたのです。私は「この人は自ら表現したいと思っている」と直感しました。クリエイティブな彼の素質が見えた瞬間です。

このように、人が見せる仕草には、その人の「素」の部分や「本質」が隠れています。日常生活の中で、誰かと一緒に食事をしたり、どこかに出かけたり、時間を共有しながら、その人の仕草や反応をよく観察してみるといいでしょう。

04.
成功の“種”は過去の
喜怒哀楽のなかに隠れている

331774712

アーティスト、アスリート、ビジネスパーソン、学生。職業や立場が違っても、みんな努力し、前進しようと奮闘していることに変わりはありません。たとえそれが、夢や目標といった明確なものになっていなくても、なにかに一生懸命取り組む姿やその思いがあなたの軸であり、コンセプトの源泉です。

「自分はどんな人間になりたいのか」

自分探しの旅に出かけたところで、どこか知らない地でなにかを得ることは絶対にできません。あたなのコンセプトの源はあなたのなかにあるからです。

今までどんなことがあったのか。
楽しかった。
苦しかった。
悲しかった。
努力した。

そんな経験をもう一度見直してみてください。そう、人生の“棚卸し”です。あなたの言動、経験、すべてがコンセプトにつながっているのです。

05.
自分の方向性が定まらないなら
クローゼットを整理せよ

00000316656_Large

タレントや俳優、アーティストなど演者には概ね「スタイリスト」がついています。それは、演者の商品価値を衣装が代弁すると知っているからです。ファッションほど手っ取り早くその人を表現しているものはありません。クローゼットには、あなたが「人からどんなふうに見られたいと思っているか」という答えがぎっしり詰まっているはず。

ですから、自分のコンセプトが知りたいなら、クローゼットをのぞいてみることです。まったく整理できていない場合、同じくコンセプトも雑多な情報のなかに埋もれているかも。「自分のコンセプトってなんだろう」「私ってどんなふうに見られたいと思っているのだろう」と考えながら、クローゼットと頭のなかをスッキリさせれば、きっと何かが見えてくるでしょう。

すごい人のすごい流儀
コンテンツ提供元:サンマーク出版

伊藤正二郎/Shojiro Ito

エイベックス・スポーツ㈱代表取締役社長。2000年からは全国エリアのプロモーターとして邦楽トップアーティストたちのプロモートに参画。13年、エイベックス・スポーツ株式会社を設立。エンタテインメント業界で培ったノウハウを活用したマネジメントとブランディング手法でスポーツ、トップアスリートなどの価値最大化を実現している。

一流アスリートは、なぜ緊張して失敗してしまいそうな一回限りの本番で、考えられないような高いパフォーマンスを発揮することができるのでしょうか。それは肉体だけ...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
人間は、異性によって心が癒される生き物だ。特に男性は、心も体も女性によって癒される。超一流と呼ばれる人たちはそのことをよくわかっている。彼らに「女好き」が...
「プレミアムフライデー」なんて施策の実施からも導き出せる通り、世間の労働に対するスタンスは、どちらかというとワークライフバランス重視。でも、本当に突出した...
ファーストクラスでお目にかかった方々が皆さん一流だったかというと、残念ながらそうとは言えません。その違いはなにか?拙著『一流になれる人、なれない人の見分け...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
「成功したい、成長したい」と多くの人が思っているはず。でも実現できない時、きっと失敗を恐れて行動していないのでは?成功や成長は、行動の先にしか成り立ちませ...
一流の人の周りには、不思議と人が集まるものです。よく見ていると、一流は何気ない気配りがとても上手なことが多いのです。拙著『一流になれる人、なれない人の見分...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
昨日と同じ仕事なのにはかどらない、じっくり丁寧に作業していたら上司に注意されたなど、自分の要領の悪さにイヤになってしまう…。実は、仕事というのは定型化して...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
「継続は力なり」という言葉がありますが、まさにその通り。続けることで初めて振る舞いに説得力や真実味が備わり、あなたの価値が高まっていきます。では、具体的に...
前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...