なにがなんでも諦めない。「すごい人」ってどこが違うの?

「継続は力なり」という言葉がありますが、まさにその通り。続けることで初めて振る舞いに説得力や真実味が備わり、あなたの価値が高まっていきます。では、具体的にどうしたらいいのか?そのヒントを紹介しましょう。

「こうなりたい」という
ゴールイメージを
”生き方”にまで昇華

0020880756_Large

私はこれまでエンタテインメントビジネスを通じ、国内外で活躍する音楽業界・スポーツ界の「すごい人」といわれる方々の人間的魅力や好感度を最大化するお手伝いをしてきました。そうしたなか、彼ら「すごい人」たちは、そうでない人たちと何が違うのかに気がつきました。

自分が「こうなりたい」という明確なゴールイメージを持ち、それに沿った生き方を選び、それを継続しているということ。目標達成や自己実現のためには当たり前だと思われるかもしれません。しかし、それを外見や主張、行動にまで反映させ、ずっと継続することで、”生き方”として昇華させられる人は多くないはずです。それこそが「すごい人」になれるかどうかの境目なのです。

大物ミュージシャンも
「継続」があってこそ
成功を手に入れた

0049986430_Medium

1995年、アメリカで5人組男性グループがレコードデビュー。ところが残念なことに、世界最大の音楽市場であるアメリカで、彼らの価値は評価されませんでした。ボーイズグループが主流ではなかったからです。そこで彼らは、ヨーロッパに活動の重点をおき、認知・共感してもらうべく歌手活動を継続。やがて、アメリカ本国よりも先にヨーロッパ全土で大ブレイクしたのです。

彼らの名前は「バックストリート・ボーイズ」。後に、CDの総売上げが1億3000万枚を超えるスーパーボーイズグループとなりました。世界的な著名人でさえ、最初のうちは地道な活動からスタートしたということ。

みなさんも「自分はこんな人間である」ということを外見・主張・行動を通じ、何度も何度も繰り返し、迷うことなく継続しましょう。そうすれば、「わかってもらえないんだよなぁ…」ということは減るはずです。あなたの本当の価値を人々が認知・共感し、価値が最大化するはずです。

最も恐いのが、
「嫌い」ではなく「無関心」

fit portrait

野球のダルビッシュ有選手にしてもサッカーの本田圭佑選手にしても、「すごい人」たちへは好意的な記事や報道がある一方で、成績がふるわなかった、発言が不遜だなど、ひどく中傷的なものもあります。しかし、悪口ではやし立てるのは少なからず気になっている証拠。

私たちマネジメントの専門家が最も恐れるのは、「嫌い」ではなく、「無関心」です。なにをしようが、どこに行こうが見向きもされない。視聴者やファンから忘れ去られるのが一番怖いのです。日本はまだまだ出る杭は打たれる社会です。どんなに言動に一貫性を持たせ、継続してもあなたのことを嫌う人は一定数いるでしょう。けれど、それらは価値を認められた証拠でもあります。相手に妬みや焦りを覚えさせるほどの力をあなたが持っているということに他なりません。ですから、気にしないことです。誰の記憶に残らないーーそのほうが私は怖いと思います。

切迫感を持たないものは
一流になれない

Womans feet sitting beside the road.

一般企業の定年は60〜65歳。では、アスリートの平均引退年齢はどれくらいでしょうか。例えば、サッカー選手は25〜26歳、プロ野球選手は29歳、相撲取りは31歳といわれているようです。例外はありますが、多くのアスリートは30代という、一般企業の定年の約半分にあたる年齢で引退することになる。とても厳しい世界です。

しかし、残された時間が有限なのはアスリートに限った話ではありません。私たちにも同じく人生の残り日数があります。人生80年として3万日に欠けるくらい。あなたがもしも40歳を過ぎていたら、残り日数はおよそ1万5000日でしょうか。この貴重で有限な時間をいつ、誰と、どのようにして過ごしたいかは真剣に悩んで当然です。私は限られた時間をよりあなたらしく、あなたの価値を高めるために使って欲しいと心から願っています。

すごい人のすごい流儀
コンテンツ提供元:サンマーク出版

伊藤正二郎/Shojiro Ito

エイベックス・スポーツ㈱代表取締役社長。2000年からは全国エリアのプロモーターとして邦楽トップアーティストたちのプロモートに参画。13年、エイベックス・スポーツ株式会社を設立。エンタテインメント業界で培ったノウハウを活用したマネジメントとブランディング手法でスポーツ、トップアスリートなどの価値最大化を実現している。

前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
世の中は1%の大成功者と99%の凡人たちで構成されている。とはいえ、肩を落とすことはない。自分の「特性」とおかれた「環境」を理解できれば、間違いなく成功で...
あなたの周りに、細かいことをいちいち気にする性格の人はいますか?  本人もそれなりに辛いですが、周りにいる私たちも気を使って疲れてしまいますよね。なぜ、そ...
しっかり者で真面目なイメージの長女に比べ、次女の特徴とは? 姉がいることで、何か性格に影響はあるのでしょうか。ここでは、よく見られる性格の特徴をいくつか挙...
真面目で、おっとりとした性格の人は、しばしばマイペースな人と周囲から評価されます。それは決して悪い意味ではありませんが、一方でマイペースの人との付き合い方...
もしかしたら、あなたは「内向的」の使い方を間違っているかもしれません。「内気」とはまた違う「内向的」な性格の特徴とは?あまり知られていない、彼らの意外な一...
猫に好かれる人でいたいのに嫌われる人というのは、意外と多いものです。猫に嫌われる人の性格や言動にはある特徴も見受けられます。しかしそれにこだわらないことも...
成功するための基本は行動することにある。これは、ビジネス誌の編集ライターJef Haden氏が「Inc.com」に寄せたメッセージ。多くのビジネスパーソン...
負けず嫌いな性格の人は、それを表に出す・出さないに関わらず、周囲の人に対して競争心を持っている。これは想像に難くありませんね。ここでまとめているのは、そん...
世の中にはさまざまなタイプの人がいるので、おしゃべりの人がいれば、無口な人もいるのが当たり前です。しかしながら、恋人や友人、仕事関係の人などに対して「何を...
「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコン...
もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試して...
どんなことに対しても前を向いて進むことができる「明るい性格」の人は誰もが憧れる存在です。そして、誰でも「明るい性格」を手に入れることは可能でしょう。ここで...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
優柔不断であることは、もともとその人が持っている性格的な部分と、思考や行動パターンの両方が関係しています。優柔不断な人にありがちな特徴とその背景となる心理...
ものごとを要領よく進められたら、もっと自由な時間が増えて自分自身に余裕が生まれるはず。特に仕事においては、その差って顕著にあらわれることもありますよね。で...
プライドが高い人に共通する特徴をまとめました。また、彼らにはどのような心理が働いているのかについても、記事内では探っています。自分が当てはまっていないかど...
空回りする人は、意外に自分でも原因が分からず、ひそかに思い悩んでいるかもしれません。なぜ空回りしてしまうのか、その主な特徴について、まとめて確認していきま...
一流の人の周りには、不思議と人が集まるものです。よく見ていると、一流は何気ない気配りがとても上手なことが多いのです。拙著『一流になれる人、なれない人の見分...
大物になる人は、持ち合わせた能力を生かしながら、要領を得た行動パターンや習慣を日々実行しています。大物になる人に共通する特徴をご紹介していきますので、あな...