一流の共通点は、この「2つの英単語」で表現できる。

「プレミアムフライデー」なんて施策の実施からも導き出せる通り、世間の労働に対するスタンスは、どちらかというとワークライフバランス重視。でも、本当に突出した結果を出したいのなら、周りと同じことをしてはいけません。やはり「hard work」は必要不可欠なのです。

社会の風潮に流されてしまいそうだった自分ですが、「Inc.com」のライターJeff Hadenさんの記事を読んで、改めて背筋が伸びる思いがしました。普段から「ハードワーカー」なみなさま。誤解を恐れずに言えば、あなたたちの努力は、決して“時代遅れ”なんかじゃないかもしれません。

働くために生きるのか
生きるために働くのか

誰もが、仕事で成果を出したいと思っている。もちろん、何をもって「成功」とするかは人それぞれ。だけど、自分の選んだ道での成長や良い結果は望んでいるはずだ。

とある記事を書いた時に、苦情のようなメールをもらったことがある。内容は、「ワークライフバランスって何?」や「がむしゃらじゃなく、賢く働け」といったもの。

分かった。でも、両方を実現するのは無理じゃないか?

世間はたくさん働きビッグになった人たちを賞賛している。実際に具体例をみていこう。

偉人たちの
ハードなワークスタイル

ビル・ゲイツの睡眠時間は短い。着替えすらもろくにしないほど。戦略を練ること以外しないとのこと。だからこそ、頭がキレる人たちが集まるビジネスの場面でもトップに立つことができたのだろう。

マーク・キューバンも、自身のビジネスを始めてから7年間、一度も休暇を取らなかったらしい。

さらに、イーロン・マスクもこう述べている。

1週間に80〜100時間は働かなければならない。もし、違う人が週に40時間で1年かかることがあるなら、4ヶ月で達成することができる

事実、多くの実業家や起業家は1日に18~24時間も仕事をしている。彼らのやったことを比べたら、似通っているだろう。

『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』の著者ティモシー・フェリスでさえも、多忙なスケジュールで動いている。(もちろん、彼にとって仕事ではないのだろうけど)

Cc11d72541076eac2d76de57d8a1faafe9cb616f

別の人たちも参考にしよう。

GEのCEOジェフリー・イメルトは、24年間、週100時間も働いていたとのこと。アップルのティム・クックは最初に会社に着き、最後まで残るらしい。

スポーツ選手も同じだ。ここでは練習と休暇などを忘れている。元アメフト選手のペイトン・マニングはビデオを見ることに専念していたらしい。※アメフトがスカウティングなどの戦略が重要になるスポーツだから

人よりも働くのは
いつでもできる

未だに「hard work」に疑問を持つ人もいると思うけど、一生懸命働けば結果は出る。

信じない人は、”賢く働け”というイメージを植え付けられているのだろう。でも、成功者はすでに頭を使って仕事をしている。彼らは流したり、サボったりしない。やはり、一生懸命かつスマートにタスクをこなしている。

努力は報われるし、良い結果として返ってくる。

それでも、運やタイミングが大きく影響すると考える人もいると思う。もちろん当たってる。だけど、これらはコントロールできないものだ。 

それでもできることは何か?ハードワーカーになることだ

B0b51be79ff0ea6199b93babf0438ced10a2c8f5

もう一度言うけれど「成功」は人によって違う。でも、あなたが仕事で大きな成果を出したいなら、もっと働いたほうがいい。

頭が良くなくても、才能がなくても、良い環境がなくても大丈夫。何も持ってなくて良い。

だけど、いつでも「やる気」や「努力」には頼れる。これらから才能や経験、知識は生まれてくるもの。

そして、どんな時でも人よりハードに働くことはできるはずだもし変わりたいなら、今すぐに行動を起こしたほうがいい。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
「どうすればビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、イーロン・マスクやリチャード・ブランソンのような偉大な人物になれるのでしょうか?」。2015年5月、アメリ...
「I Heart Intelligence」でJustin Gammill氏がピックアップしたのは、イーロン・マスクが語った、数々の名言でした。これを読め...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
およそ20年前にMicrosoftの開発者だった男性は、会社の卓球大会でビル・ゲイツ氏と対決をする機会に恵まれました。そこで彼は、仕事に大切な3つのことを...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
どれだけ頑張ってもお金が貯まらない人。一方で、何もしなくてもお金が集まってくる人。この両者の違いは何でしょうか?お金持ちの人たちを調査する中で、ある共通点...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
中学、高校の頃を思い出してほしい。毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」と言われたりはしなかっただろうか?では、今はどうだろう。昔と...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
マイクロソフト社の共同創業者で会長のビル・ゲイツが高校生に語ったと言われているスピーチ。彼は、私たちが学校では学べない「人生で大切な11のルール」を教えて...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
世の中は1%の大成功者と99%の凡人たちで構成されている。とはいえ、肩を落とすことはない。自分の「特性」とおかれた「環境」を理解できれば、間違いなく成功で...
オンライン決裁システムのPayPalを創業・売却した後、電気自動車事業のテスラモーターズや宇宙事業のSpaceXを立ち上げたイーロン・マスク。世界でもっと...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
与えられたタスクをこなし、経験さえ積んでいれば自然と昇給、なんて話は今は昔。マーケティング会社社HubSpotの共同創始者であるDharmesh Shah...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...