自分の直感を信じるために、今すぐやるべき「7つのこと」

現代に生きる私たちは日々、大量の情報にさらされている。だからだろう、言語が身体的な感覚よりも優先されてしまっている。身体的な感覚というのは、体で感じた衝動みたいなもの。気配を察知したり、第六感から生まれる「勘どころ」に頼ったりすることだ。では、今いちど身体的な感覚を取り戻すには、どうしたらいいのだろうか?

01.
まず、断ち切るべきは
親と子が依存する関係

shutterstock_108189845_2

私はよく、「親と縁を切れ」と言う。ようは親も子も互いに甘えるような関係から距離を取れということだ。私たちが受ける最初の洗脳は、間違いなく親からだ。地に足がつかなくなる最初のきっかけをしっかり見つめてみよう。

もちろん、縁を切るまではできない人も多いだろう。ならば精神的にも距離的にもいったん離れてみる。まだ同居しているなら、とっとと家を出ることだ。

人生に迷っている人で親のせいにしている人は意外なほどに多い。小さなときに心に傷を負った…あんなことを言われた。こんなことをされたなど、さまざまな理由を語る。きっと親自身でさえも忘れているような出来事が、子どもにとってはトラウマになるほど残っているケースもめずらしくない。日本の親はとくに子離れしない人が多い。もちろん逆もしかり。だから、あなたから積極的に距離を取る必要があるのだ。

02.
「会いたい」と心底思えない
相手は切り捨ててしまう

いらない人間関係は、全部捨てよう。付き合いだけの飲み会、義理で集まる同窓会、毎年定期的に集う親戚関係、なんとなくつながっているママ友…など。いろいろとあるだろう。

ここで重要なのは、「楽しいか」ということだけ。その人たちと会いたいと思えて、なおかつ一緒に過ごしていて「楽しい」という感覚が重要だ。経済的メリットなどは、どうでもいい。世の中的には不毛な人間関係でもいい。「会いたい」と心底思えない相手は全部切り捨てることだ。

03.
住む場所を変えて
気分を一新する

shutterstock_364277474_2

医療の世界では「転地療法」というのがある。これは、病気を改善するため、違う土地で暮らすというものだ。100キロくらい離れてるとベストだといわれている。

場所を変えることで気分も変えて、精神面、体質面にも効果があるわけだから、引っ越しすることも精神的な病に悩んでいる現代人には効果が期待できるだろう。

私も頻繁に引っ越しするようにしている。今は日本とハワイに家があるため移動することが気分転換となっているが、過去10年間で10回は引っ越しをしてきた。人は適応能力に優れた生物だから、すぐに環境に慣れてしまう。慣れてしまうと身体的な感覚は麻痺していく。それを引っ越しによって払拭するだ。

04.
ダイナミックに
お金を使い果たす

意味もなくコツコツと貯金している人がいる。そんなことをしていると心は守りに入ってしまい、想像力も創造力も奪われていく。私たちはお金を使うことへの罪悪感を植えつけられてしまっているのだ。

ところが事業で成功し、お金を稼いでいる成功者は、みんなお金の使い方がうまい。意味不明な無駄遣いはせず、使うときはダイナミックに使う。

かつて、私の元部下で独立した男がいたが、彼は退職後、ビクビクしながら慎重に生きているようだった。会社を辞めたというのに、悲壮感が漂っている。聞くと、2〜3ヵ月分の生活費くらいの貯金があるということだった。だから、私は一気に使い切るように伝えた。その後、彼がどうしたかはわからないが、人というのは追い込まれないとなかなか動けないものなんだ。

05.
同じ会社に「長居」しない

shutterstock_43249792_2

これは、会社員の人にとっては一番効果的かもしれない。見える世界が大きく変わるからだ。本当に辞めた瞬間に変わるといってもいい。私ほど自由に会社員をやってきた人間もいないだろうが、それでも本当に、「もっと早く辞めておけばよかった」と今でもつくづく思う。

だから、私の会社(㈱長倉顕太事務所)にいるスタッフには、必ず2年間で卒業してもらうようにしている。そのほうが健全な関係が一生続くと考えるからだ。

06.
「言葉の通じない世界」に
1ヵ月以上行く

別に海外に行ったからといって何かがおこるわけではない。ただ、言葉が通じない場所に体を移動させるだけで、かえって現実世界に引き戻されて身体感覚が蘇ることになる。言葉の通じない世界では、夢うつつでは生きていけない。

できれば1ヵ月以上は行ってほしい。そのくらい体験しないと身体的な感覚までは浸透しないからだ。私も大学を卒業して、歌舞伎町で働いたあとに、1年くらいニューヨークに住んでいた。たいしてやることもないので、アトランティックシティでカジノに入り浸っていた。

はっきりいって不毛な1年間だったといえる。ただギャンブルをやっていただけだから。しかし、今、振り返ると歌舞伎町時代〜ニューヨーク時代という2年間が、私にとっては地に足をつけて生きることの始まりだった。

07.
上と下、善と悪…
両極を知る

shutterstock_56296516_2

これは、上と下、善と悪、明と陰などいろいろあるが、とにかく両極の世界を知らないと地に足がつかない。自分がどこにいるかがわからないわけだから、どこが地かもわからないことになる。

今はデジタルの世界(インターネット)が主流となっているが、アナログの世界(人と対面する)の両極を知ることで、これからコミュニケーションがどのような流れになっていくのかわかるだろう。

このようなことをFacebookのタイムラインに投稿したところ、「カレーも、激辛と激甘の両方を食べないと、どこが中辛かわからないですよね」みたいなコメントが入っていて、「うまいこと言うな」と感心したことがあった。本当にその通りで、両極を知らないと何も判断できない。両極を知らないと知ったことにならない。ある意味、両極を知らないから他人の意見に左右されているともいえるだろう。

超一流の二流をめざせ!
コンテンツ提供元:サンマーク出版

長倉顕太/Kenta Nagakura

プロデューサー、コンテンツマーケター。編集者としてベストセラーを連発。10年間で手がけた書籍の販売部数は1000万部以上に及ぶ。現在は独立し、コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースならびに、これらを活用したマーケティングを個人や企業にコンサルティング。無名の新人をプロデュースして、ベストセラー著者へと導く手腕が高く評価されている。

隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
「予感」「第六感」「虫の知らせ」なんていう言葉はたくさんありますが、そもそも直感はどこまで信じられるものなのでしょうか。なんだか不思議な力が働いているので...
本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。優秀なセールスマンであり、素...
「理由はわからない。けれど、何かがオカシイ!」。第六感が働いているかのようで、むちゃくちゃに聞こえるかもしれません。が、それは頭のなかで起きている複雑な計...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
人生どの地点で成功を収めるかは人それぞれ。まだ何も手にしていない!という人は、ぜひこの記事をチェックしてみては?その内容は、「あなたが“遅咲き”で成功を手...
「成功したい、成長したい」と多くの人が思っているはず。でも実現できない時、きっと失敗を恐れて行動していないのでは?成功や成長は、行動の先にしか成り立ちませ...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
岩佐 大輝/Hiroki Iwasa1977年、宮城県山元町出身。大学在学中の2002年にITコンサルティングを主業とする株式会社ズノウを設立。東日本大震...
「私は、世間の期待に応えるために生きているんじゃない。あなただって、私のために生きているわけではないはずだ」ーブルース・リーこの名言から始まるのは、Mar...
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
とっさの判断を迫られたとき、直感や本能に頼るほうが結果的に正解だった場面ってありますよね。たとえば運転中や、初対面の人の第一印象とか。また、いわゆる「直感...
仕事で結果を残したい、出世したい…そういう気持ち、誰もが少なからず持っているのでは?「Elite Daily」では、そんな人たちのために、成功者の共通項を...
「偉業を成し遂げる人には、個性の強い人が多い」とは、みなさんおわかりのことでしょう。「Elite Daily」の中でも強烈な個性を発揮している女性ライター...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
どれだけ運が良かったとしても、努力の積み重ねがなくては夢は叶わないでしょう。では、一体どのような努力をすればいい?その答えが「mindbodygreen」...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...