【あの有名人も!?】ADHDをもつ人が成功を納める「8つのワケ」

かつてに比べると、ここ数年で大きく理解が進んでいるとも言われる「ADHD」。それでもまだまだ誤解や偏見は多く、当事者や家族の悩みが尽きることはありません。

そんなADHDには、別名「天才病」とも言われる一面があります。ここでは、自身もADHDであるというライター、John Haltiwanger氏がまとめた「Elite Daily」の記事を紹介します。

僕たちの変わった特徴が
成功へのカギだと思ってる。

子どもの頃の僕は、本当にうざくて厄介者だったと思う。先生たちからすれば、僕と過ごす時間は悪夢のようだったに違いない。授業中におしゃべりするし、突然大声で叫ぶし、おもしろくもない冗談を言うし、席にじっと座っていられなかった(これは今でもだけれど)。

今考えれば、9歳の頃にADHDと診断されたのも納得だ。それを認めたことで、徐々に症状をコントロールできるようになった。今でもときどき症状が出るけれど、それでも思春期の頃に比べれば軽くなったと思う。

ADHDの人は、ひとつのことに集中するのが苦手だという意見もあれば、そんなのは作り話だって言う人もいる。子どもたちを早い段階から薬漬けにして利益を得ようとする製薬会社がでっち上げたウソだ、とね。実際、誤診や過剰投薬も無視できない問題だ。自覚症状がある人も、まわりにADHD患者がいる人はこの病気について正しく理解しないといけない。複雑な病気だからといって、途中で投げ出してはいけない。

簡単に彼らを社会不適合者だと決めつけてしまう人も少なくない。でも、誰だって欠点があるように、彼らのADHDという障害も欠点のひとつだ。同時にそれは、個性でもある。不完全な部分こそ、僕たちを人間たらしめる要素だ。ADHDの人には共通の症状があるかもしれないけど、皆が同じ人生を歩むわけではない。 

僕は、自分自身がADHDであることを恥ずかしいとは思わない。それどころか、強みだと思っている。本質的にクリエイティブで、事業化に向いているという意見もあるくらいだ。成功事例だってたくさんある。

たとえば、ピューリッツァー賞を受賞したジャーナリストのキャサリン・エリソン。ビジネス界の大物リチャード・ブランソン。女優ゾーイー・デシャネル、そして俳優のジム・キャリー。みんなADHDだよ。

彼らには間違いなく多彩な才能が備わっている。率直に言えば、僕たちのすごく変わった特徴は、成功へのカギとなるんだ。

01.
好奇心が強く外交的

258c88663f5c239a19d8f6ee13080d842c3c3509

ADHDの人は、勉強の方法が他の人とは違う。でも、決して知識欲がないわけではない。もともと好奇心が強くて、目にとまったあらゆる物事について調べ尽くそうとする。

彼らが人との交流が上手なのは、どんな相手にも興味を抱くからだ。

02.
なかなか疲れない

彼らは、並外れたエネルギーを貯えている。他の人が疲れてくる頃に、第二の波がやってくる。

03.
説明が上手

自分をコントロールできていないときは、何か問題が起きる。これはADHDの人自身がよく知っているはずだ。

衝動的な行動について謝り、自分の症状について説明する場面にこれまで何度も遭遇してきたからね。おかげで、高いコミュニケーション力が身についたよ。

04.
同時にいくつものことが
できる

E97088debed1807acd675727a999ed96656b7f75

彼らにとって、世界はおいしそうなメニューがたくさん並ぶテーブルのようなもの。全部食べたいんだけど、上手に配分しないと手を付けられないものも出てきてしまう。

だから、いくつものことを同時進行させるのが得意になるんだ。

05.
人の気持ちに共感できる

ADHDを公言した途端に、変な目で見てくる人は確かに多い。僕も、そのせいでつらい経験をたくさんしてきた。もちろん、仲間はずれにされたこともある。僕たちの脳は、人よりも少しパワフルだから、コントロールが難しいだけなのに…。

けれど、今となっては感謝している。弱い立場にいる人の気持ちが分かるようになったからね。

06.
チャレンジが好き

衝動的な性格は、時に問題を引き起こすけれど、刺激的な人生を送れるという点では魅力的だと思う。失敗を怖がりすぎて身動きが取れなくなる人は多いからね。

世界的に有名な成功者は、今の地位にたどり着くまでにたくさんのリスクを負ってきたはず。僕たちもリスクへの警戒心がそれほど強くないから、新しいチャレンジにもあまり恐怖心を持たないんだ。

07.
情熱的

2352c23f0573a2fce29eac39a9c705aea867473a

よく、彼らは頭の中がグチャグチャだって言われるけど、つねにそうだとは限らない。何かひとつのことにすごく集中するときもある。

興味のある物事に出会えば、そのスイッチが入る。他の一切を遮断して、目の前のことだけに取り組む。その間は全然疲れないから、夢中になって何時間でも続けられる。

08.
逆境には慣れている

子どもの頃は、いつだって前に座っている行儀のいい子や、愛想がいい礼儀正しい兄弟と比べられてきた。でも、さっき弱い立場の人の気持ちがわかると言ったように、こんなつらいハードルを乗り越えてきた過去があるからこそ、人としての器も大きくなるし、リーダー的存在にだってなり得るんだ。

ADHDは「授かりもの」なのかもしれない。

Licensed material used with permission by Elite Daily
アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。小...
ADHDは、気が散りやすかったり、じっとしていられなかったり、考える前に思わず行動してしまったりする「注意欠陥多動性障害」とも呼ばれる学習障害のひとつです...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
読み方が分かりづらくて質問されたり、電話では何度も聞き返される。珍しい個性的な名前ってこういうこと。いろいろ面倒もつきまとうのだけど、一方で「強く賢い女性...
自分が言っていることは間違っていないはずなのに、なぜかスムーズに物事が運ばない...。そんな悩みを抱えている人は、ひょっとすると「共感力」が足りないのかも...
ユニークで個性豊かな人を見ると、自分もあんなふうになってみたいなと思うことがあると思います。個性的な人といっても、いったいどんな特徴を持っている人が個性的...
誰かを好きになると、優しさやルックスとは別の価値基準が定まります。自分にしか見せない「顔」を出したり、他の人じゃわからない「気づき」を与えてくれたり。ロシ...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
「この人付き合いづらいな〜」と思うのは、どういう人でしょうか?ネガティブな人、自意識過剰な人、知ったかぶりをする人など、挙げはじめたらいろいろと出てくると...
音楽家や芸術家のように、ちょっと個性的で人とは違う独特の雰囲気を持っている人っていませんか?そんな人達は「感性豊か」といわれている事が多いようです。自分ら...
「クリエイティブでイノベーティブな発想とは、生まれ持った特性ではない」そう書いているのは、心理学業界で精神の成熟度を測れる指標として知られている「EQ(心...
3,000円の“年貢”を納めれば誰でも“村民”になれる村があると聞けば、ちょっと興味本位で納めてみたくなってしまったのは僕だけではないはず。実際、この村=...
ピンときたのはSFファンだけでしょうか?これは結構衝撃的なニュースです!Googleが2012年に申請したある特許が、今年3月31日に受理されたようですが...
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
日本人は、もともと自己主張が苦手という印象を持たれています。侘び寂びの文化なども影響しているのかも。ここでは、8つの日本人気質について紹介します。1.めち...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
順番に表示される美しい「15枚の写真」と「3色の選択肢」。それぞれの中で、1番印象的に感じる色を選ぶだけで、あなたにどんな才能が眠っているかが分かるらしい...
左利きの人が思わず「あるある」と共感してしまう特徴をまとめました。左利きって便利なのか、そうでないのか、あなたはどっちだと感じていますか。気分転換に、ちょ...
今や「コーヒー」のある日常は当たり前。起床後に、はたまた通勤や休憩の時に…などなど、多くのシーンで欠かせない存在となりました。でも、そうやって多くの人の暮...