向上心。ラッキー。締め切り。「やる気」を引き出す3つのきっかけ

「モチベーションアップの方法」については、さまざまな論文、書籍、ネットなどで紹介されています。実際に試して効果を感じたことがあるという人も多いでしょう。

しかし、ひとつの方法を試したからといって、すべて解決するかというとそうでもないのが人間の難しいところ…。行動心理学の研究者である池田貴将さん著『図解 モチベーション大百科』(サンクチュアリ出版)を参考に、感情と行動のメカニズムを知ることで、人との関わりや対話を、より豊かなものにしていきましょう。

競争心より、向上心

149b5df187ffa87df5bccaf8b53ba246b411d6a0

仕事において「競争」は不可欠なもの。

競争があるからこそお互いを高め合い、成長を促進させることができます。なぜなら、仕事の出来不出来によって順位がつき、報酬の増減が決まることによって、人は「もっと認められたい」と思い、さらに仕事を頑張ろうと思うからです。

ところが競争は「勝敗の結果が出た後」が問題です。人は結果が出ると、なぜその結果が出たのかを分析します。競争に勝った場合は「自分はできる人間だから」「自分は強運の持ち主だから」とし、競争に負けた場合は「自分はできない人間だから」「自分は運がないから」と結論づけやすくなるのです。

こうして組織内で繰り返し競争させていると、次第に努力も工夫もしなくなる人が増えていきます。するとどうなるか? 活躍できる人とできない人が固定化するのです。これではただの弱い組織に成り下がってしまう一方です。女性よりも男性のほうが競争的報酬を好む傾向があるようですが、それは女性よりも男性のほうが単に自信過剰な人が多いからという、ただそれだけのことです。

競争心を高めるのではなく、「自分ならできる」と向上心を煽る方向に進んだほうが、仕事力は向上します。

「自分は運がいい」と
思って仕事をする

唐突ですが「自分はラッキーだ」と思っている人は仕事でもプライベートでもよくチャンスに気がつきますし、こういうタイプの人たちと付き合っていると、さらに多くのチャンスに恵まれやすくなります。

この法則から分かるように、目の前で起きている出来事そのものが、ラッキーかアンラッキーかを決めているわけではありません。その出来事に対して「どういう意味付けをするのか」によって、結果は変化するのです。ショックな出来事が起きたときに「ひどい目に遭った」という意味付けをすればそこまでの話ですが、「ハッピーエンドの布石だ」という意味付けをすれば、その後の展開が変わってきます。「ここに人生を好転させるヒントがある」と思ってまわりを観察すれば、意外と何かが見つかるかもしれません。

ある実験を紹介しましょう。

店の入り口にわざと5ドル札を落とし、運と偶然のチャンスの関係を調べました。事前の調査で「くじが当たる」「数々の危機一髪を逃れてきた」など「自分は運が良いと思う」と答えた人をAチーム。「よく事故に遭う」「恋愛がうまくいかない」など「自分は運が悪いと思う」と答えた人をBチームとしました。

【結果は…】

Aチーム→店の入り口にわざと落としておいた5ドル札に気づいた。
Bチーム→5ドル札に気づけなかった。

どうやら「将来に対する期待」が、目標を達成できるかどうかの鍵になるようです。「必ず何か学べることがある」と信じて行動することで、掴めるものがあるのかもしれませんね。

「締め切り」は
細かく区切る

4a3fc1c8326bbb87dd613275a9205259b8fae316

年が明けるたびに、1年の目標を立てる人がいます。でも、達成したことがないという人がほとんどではないでしょうか?

そういう人にとって、何かに集中して取り組むのに1年という期間が長すぎるのでしょう。「1年の目標は、12月に立てたほうがいい」なんていう冗談もありますが、人は「期限が見えないと集中できない」ようにできているようです。

期日を決めるということは、「いつ集中して取り組む時間を作るか」を決めることでもあります。この特性を活かしたのが、ピリオダイゼーション(時間を区切る)という手法です。ついつい怠けがちな私の場合は、1日のピリオドを3時間ごとに設定しています。

「今日1日で何ができるのか?」ではなく「これから3時間で何ができるのか」という考え方をしています。そうすると、脳の動きがアップテンポになるのが自分でもよく分かるのです。

この方法にタイマーはいりません。時間を正確に測ることにはあまり意味がないからです。私は「これならやり切れる」というサイズで考えながら活動しています。だから無駄な体力を消耗しませんし、休憩も上手に取れるようになりました。締め切りは、自分に対する思いやりです。追われて苦しむこともありますが、締め切りがあるからこそ今日という日を充実させられるのです。

どんなに細かな仕事にも「期限」を設けるようにしましょう。

仕事をする上で「モチベーション」の有無はとても重要なことですが、勝手に生まれてくるものではありません。さまざまな要因で、ムクムクと湧き出てくるものです。池...
モチベーションは、どこからともなく心の中にやってきて、見えないところで私たちを動かし、いつのまにかいなくなってしまうもの。人間にとって重要な心理のひとつな...
やる気の出し方は、人それぞれ。誰かから励まされるのがいちばん効く人もいれば、切羽詰まったら驚異の集中力を発揮する、なんて人もいるでしょう。Grant Sn...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
人生とは、捉え方ひとつで良くも悪くもなり得る、不思議なもの。ならば「自分を成功へと導く考えを持とう」と、米・起業家Mark Cuban氏は心強く提案してい...
苦手な仕事や面倒な手伝いをやらなければならず、どうしても気持ちが乗らないときってありますよね。そうなると、いつまでたっても仕事は捗りません。メンタルコンサ...
人生は一度きり。毎日をなんとなく生きるのではなく、何か大きなことを成し遂げたいと思っている人は多いはず。でも、ときにはひと呼吸おいて、自分の考えや気持ちを...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
「もっとやる気が出せればいいんだけど…」という相談をよく受けます。解決する方法はいくつかありますが、特に効果的なのが「小さなきっかけ」を作ること。まず行動...
やる気が出ないとき。自信がないとき。どんなに優れた人物にだって、そんなときは訪れる。情熱的に素晴らしい人に見えたとしても、見えないところでは必ず悩んでいる...
「成功は目標ではなく、考え方と習慣」。こう表現するのは、人気コラムニストのNicola Cole氏。「Forbes」はじめ「TIME」や「THE HUFF...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
もうダメだ、諦めるしかない。そんな心が折れそうな瞬間は、誰にだって訪れます。そこで立ち上がる人と、つまづいてしまう人の差は何か…。それはちょっとした「コツ...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
さらなる成長を望む人に向けて、「Collective-Evolution」ライターJoe Martino氏が、モチベーションを高めるコツを紹介しています。...
2016年9月22日は、日本のバスケットボール界にとって新たな時代の幕開けでした。Bリーグの開幕です。そんなバスケットボールが日本に広く普及した要因のひと...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...