安西先生に学ぶ、人の「やる気」を引き出す方法

2016年9月22日は、日本のバスケットボール界にとって新たな時代の幕開けでした。Bリーグの開幕です。

そんなバスケットボールが日本に広く普及した要因のひとつとして、漫画『スラムダンク』が挙げられます。個性的なキャラクターと、怒涛の展開が魅力ですが、その登場人物のひとり、安西先生の言葉に感銘を受けた記憶がある人も多いはず。

じつは彼の行動は、実社会においても役立つものばかり。遠越段さんの著書『人を動かす! 安西先生の言葉 「スラムダンク」に学んで成功しよう!』より、安西流コーチング術をまとめました。

コーチングの基本は
「よく見ること」から

E972e2e99b4e3a545e5bd5d2a0d972ea7c865a60

安西先生は、主人公である桜木花道の無礼さや非常識さに惑わされない指導者でした。

コーチングの基本姿勢は、よく見ること。じっくりと、正しく選手たちを観察し、長所や短所を見極めることが大切なのです。

新チーム立ち上げときの話。安西先生は、インターハイ全国大会出場を目指す過程において、必ず倒さなければならなくなるであろう陵南高校と練習試合を組み、その前に一年生と上級生の試合を提案します。主将の赤木は、まわりの言うことを聞かない初心者の桜木を試合に出したくありませんでした。当の本人は同級生の活躍にいてもたってもいられず「いいところを見せたい」という思いであふれていました。

安西先生は赤木に桜木の出場を薦めます。確かに桜木のプレーはめちゃくちゃでしたが、スピードやジャンプ力などは並大抵のものではありません。安西先生は、彼の才能をじっと観察し、魅了されていくのです。

すべてのコーチングは、先入観を取り除いた「正しい観察」から始めなければいけないことを、安西先生は体現したのです。

自分ひとりで
すべてをやろうとしない

A3972af9824d124464c9e25b97d62f6a87765f43

コーチングは「自ら動き、考え、成長していく」という姿勢を本人に徹底させることが大切です。

初心者であった桜木に、基礎的な動きを指導していたのはマネージャーの彩子。しばらくは基礎練習ばかりでしたが、赤木はレイアップシュートを練習させることを安西先生に申し出て了承されます。しかし、なかなかうまくいきません。

見かねた彩子は、安西先生にアドバイスを求めますが、泰然として「赤木主将に任せてありますから大丈夫ですよ」と返します。もちろん、安西先生自ら手取り足とり教えることもできますが、そうはしません。

その後、桜木は早朝から自主練習し、中学までバスケットボールをやっていた晴子にアドバイスをもらうなどして、レイアップシュートをモノにしていきます。

桜木は、自ら考えて工夫するだけでなく、まわりの人たちの教えを参考にしつつ、成長しました。あえて突き放すことで、安西先生のコーチングが成功したのです。

言葉の力を
最大限に活用する

250e23d194d955a499ba8679df876b1a484e5902

安西先生は口数が少ない人物です。よく見て、観察して、ここぞというときに相手の心にズシンとくる言葉を話します。この一言が、選手たちの指針となり、心のよりどころになるのです。

陵南高校との練習試合、桜木はスターティングメンバーではありませんでした。納得いかなかった桜木は、なぜ自分がスタメンじゃないのかと問い詰めますが、安西先生は「キミは秘密兵器だからスタメンじゃないんです。秘密兵器は温存しとかないと」と伝えます。この言葉は作ったものではなく、本心だったはず…。だからこその説得力がありますよね。

試合は惜しくも敗れ、桜木は俺を出すのが遅すぎたから負けたんだと言い寄りますが、安西先生は「ほっほっほ 桜木君 あわてるでない これからこれから」と返しました。

安西先生の言葉には愛と真実がこもっています。だから言葉の力が最大限に活かされ、桜木に信念が伝わり、奇跡を起こさせることにもなるのではないでしょうか。

Bリーグが開幕し、再び注目が高まっているバスケットボール。今の30代~40代に、バスケ漫画といえば?と聞いたら、ほとんどの人が『スラムダンク』を挙げるでし...
1990年に連載を開始した、大ヒット漫画『スラムダンク』。当時、日本中にバスケブームを巻き起こすきっかけにもなりました。そんなスラムダンクの登場人物たちは...
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。先生は教壇に立つと...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
■Twerk Dance(トゥワークダンス)とはアメリカで今大流行しているtwerk(トゥワーク)ダンスをご存知だろうか。足を大きく広げ腰を低く落とし、音...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
教え子から感謝の言葉をかけられるときほど「教師冥利」に尽きることはないでしょう。ここで紹介するJ氏も、そんな学校の先生のひとり。ある日彼が教室に入ると、机...
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...
一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。そのプロジェクトの仕掛け人はスティ...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
人生とは、捉え方ひとつで良くも悪くもなり得る、不思議なもの。ならば「自分を成功へと導く考えを持とう」と、米・起業家Mark Cuban氏は心強く提案してい...