生徒一人ひとりに合わせて、60種類の「ハイタッチ」を毎日続ける先生

学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。

Barry White Junior先生は、米・ノースカロライナ州にあるAshley Park小学校で5年生を教える先生。彼の出席確認は、教室に入る前に生徒とハイタッチをすること。それも、全員違った方法で!

ハイタッチは
生徒と1対1で向き合う時間

どうしてこんな方法で出席を取ろうと思ったのか、Barry先生に聞いてみました。

E931fc15803382da509e74bd5ad31840eaade29a

ーー 生徒とのハイタッチを始めたきっかけは何ですか?

「始まりは、去年のこと。僕の担当は5年生だったんだけど、学年の違う4年生の女の子が、毎朝私とハイタッチをするためだけに教室の前に来ていたんだ。ときには遅刻しそうになることもあったけど、それでも彼女は、毎日僕とハイタッチをしに来た。

そのとき、このちょっとしたことが、彼女にとってはすごく大きな意味を持っていること、そしてそれが彼女の一日にとってどれだけ大切なことなのかを知ったんだ。

それに、僕の好きなNBA選手、レブロン・ジェームズの影響もあるよ。彼はよくチームメンバーとハイタッチをしているんだ。それは、彼らの結びつきを強くしているように見えたんだ。

そこで生徒に『毎朝ハイタッチをするのはどうだろう?』と提案したのさ。みんな大喜びだったよ。これがはじまり」

ーー とても素敵ですね!Barry先生にとっては、どんな意味があるんですか?

「ハイタッチは、僕にとって信頼の証。たとえ一瞬であっても、1対1で生徒と向き合うことのできる、大切な時間だから。僕は毎日ハイタッチを通して、生徒たちと向き合っているんだよ」

30d06b7edeabc5cabf9794870245ae3951a0693d

ーー ところで、60種類ものハイタッチをどうやって覚えたんですか?

「ひたすら頑張って暗記したよ(笑)。覚えるのは大変だったけど、生徒との絆はより一層強くなった。僕が時間をかけてハイタッチを覚えている様子を見て、彼らも僕の努力を認めてくれたんだ。生徒たちを思いやることに、僕がどれだけ時間を使っているか、気付いてくれたみたい。

今では『生徒たちを喜ばせたい!』という思いから、ほぼ条件反射で体が動くようになっちゃったよ」 

ーー ハイタッチを始めてから、クラスにはどんな変化が?

「すごくいい雰囲気になったよ!僕のクラスに入ったら、温かくて、本物の家族のような雰囲気を感じてもらえると思う。生徒たちはみんな、教室にいることを幸せに感じているんじゃないかな。

勉強だって、以前より一生懸命取り組むようになったから、成績も伸びたんだ。僕との信頼関係があるから、授業も熱心に聞いてくれるんだろうね」

広い教室では、先生の気持ちはなかなか一人ひとりの生徒にまで届きにくいもの。毎朝こんな挨拶をしてくれたら、自然と先生に対する信頼が芽生えるというのも、わかる気がします。

Licensed material used with permission by storyful
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
特別支援学校の教師が、生徒たちに毎日欠かさず実践している、あるルーチンが話題となっています。その様子を映した動画は、すでにFacebookで200万回以上...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
あなたは「自分探し」をした経験がありますか?私は、新卒で入社した大好きだった会社を、一年半で退職しました。ただただ、社会人というキラキラした世界に憧れ「本...
教え子から感謝の言葉をかけられるときほど「教師冥利」に尽きることはないでしょう。ここで紹介するJ氏も、そんな学校の先生のひとり。ある日彼が教室に入ると、机...
一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。そのプロジェクトの仕掛け人はスティ...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
2016年9月22日は、日本のバスケットボール界にとって新たな時代の幕開けでした。Bリーグの開幕です。そんなバスケットボールが日本に広く普及した要因のひと...
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
Bリーグが開幕し、再び注目が高まっているバスケットボール。今の30代~40代に、バスケ漫画といえば?と聞いたら、ほとんどの人が『スラムダンク』を挙げるでし...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...