生徒の出席率が40%⇒93%に!ある先生が思いついた「斬新なアイデア」とは?

一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。

th_nyschool-good-idea

そのプロジェクトの仕掛け人はスティーブ・リッツ氏。彼はニューヨークの中でも特に犯罪の多い、サウス・ブロンクスの第55公立学校の先生になりました。
リッツ氏はもともと先生ではなかったのですが、息子を亡くしてしまったことをきっかけに教育に目が向いたとか。

th_nyschool-good-idea2

サウス・ブロンクスは治安が悪いだけではなく、栄養士から食の砂漠と問題視されている地域。ここでは、安くて健康的な食品を手に入れることが難しいのです。
リッツ氏は「1,000人もの人々が一つの建物に住んでいながらも、その近くにはスーパーマーケットがない。そんなコミュニティーなのです」と語ります。

th_nyschool-good-idea3そんな中リッツ氏は、ちゃんとした食事を摂っている子どもたちは勉強もしっかりするという研究結果を知りました。
そこで彼は、新鮮な野菜を買うことができないのなら、自分たちで育てればいいのでは?と思いつきます。

th_nyschool-good-idea4

早速、学校の中で野菜を育てるため、農園づくりのカリキュラムを組みました。植物の育て方や土いじりを生徒たちに教えはじめたのです。結果、学内農園でさまざまな野菜を育てることに成功しました。
その活動は第55公立学校内にとどまらず、ニューヨーク中の学校にも広がっていきました。生徒たちが今までにつくった野菜やハーブの量は、およそ1万3600キロ!

th_nyschool-good-idea5

自分たちで考えながら野菜を育て、美味しい食事をとるようになった子どもたちの学力は大きく向上しました。
リッツ氏が受け持つクラスの生徒がニューヨーク州検定試験を受けたところ、100%の合格率に!ちなみに、プロジェクトをスタートする以前は17%だというから、その効果は推して知るべしです。
さらにこの活動のおかげで、地域に住む10代の子どもたちに仕事を提供することもできています。

リッツ氏はこう語ります。

「子どもたちは、自分たちで育てた野菜を食べて健康になる。自分たちで予測して、分析し、理解する。これこそが、学校で学ぶべきことなのです。学校内にある農園から、子どもたちは家庭に野菜を持ち帰ることができます。そして両親に渡して一緒に食事をするのです。素晴らしいことではないですか!」

このアイデアがNYだけにとどまらず、さまざまな都市でも広まっていくといいですね。この活動を、詳しく紹介している動画はこちらから。

Licensed material used with permission by Upworthy
Green Bronx Machine
Green Bronx Machine Facebook Page

成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
アメリカでは、校内の安全のために警察官が駐在していることがあります。カリフォルニア州にあるヘリテージ・ハイスクールのミッチ巡査も、そんな駐在警察官のひとり...
特別支援学校の教師が、生徒たちに毎日欠かさず実践している、あるルーチンが話題となっています。その様子を映した動画は、すでにFacebookで200万回以上...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...