「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?

これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画です。鮮度へのこだわりを追求した結果、行き着くとこまで行っちゃった。青果売り場のチャレンジ、お見事!

産地から食卓へ。
その中間に「菜園」アリ

D987eec2ae919a81cc21051e6356a76d2cdb0e59

リオデジャネイロのスーパー「Zona Sul」が始めた新鮮野菜のユニークな販売方法が、国内外で大きな話題を呼んでいます。理由は、顧客の求める地元で採れた、新鮮で、環境にやさしい野菜を提供する方法として、ある画期的な陳列スタイルを実現したから。

鮮度を消費者に実感してもらうこれ以上ない方法、と言えばもう一つしかありませんよね。そう、スーパーの青果コーナーに「畑」をつくっちゃったのです。

76e8336b6899bf3590de9da54916290e8b30b881

といっても、農夫が耕す畑を実際に併設する規模感ではありません。あくまでプランターレベルであることだけは、先に理っておきます。

名付けて「フレッシュガーデン」、でもその名に恥じぬクオリティは見ているだけでちょっとワクワクしてくるはず。

手を土で汚して
収穫する楽しみも

1ca70e1353aacc5799b5e6f6910e54f119ef1db4

お客の目の止まる高さに巨大プランターを用意し、畑の土を盛って野菜を植え付け、畑そのままの小さな菜園を再現したのです。

レタス、バジル、チャイブ、クレソン……日々、契約農家から直送された鮮度抜群の野菜たちが、店内のプランターでもう一度土に戻る。

0d3b09842d9ab6d00e2001053f39b48fc2b1ce10376b9a727a6f586c33543f8002ffc96d28153c2b

お客は土に植わった野菜から、好きなものを自分で収穫する要領で袋に詰めていきます。もちろん、掘り出す手を真っ黒にして。

1978e7c82c21376126519d46fce98523abe42bb4

でも、とっても楽しそう。

D3cde94d6388bf99e6d45d20f27cf004744c9625Fa7369d17f9d31e3abdeeeb6880b9fc9a16d71fc

ハーブをちょっと摘んで香りを確かめたり。株の大きさを気にしながら欲しいものを選んだり。家庭菜園のような感覚をスーパーで味わえるなんて、うらやましい!

「自分で収穫できる」
SNSで話題が拡散

842d893856ea490debaa9ea9f264677c5b9d0750

さて、この収穫スタイルの菜園販売を始めて以降、SNSを介して人気は瞬く間に広がり、Zona Sulを訪れるお客は右肩上がりに増え続けたそうです。もちろん、フルーツ畑ができあがるまでに、多くの時間は要しませんでした。

取り組みを始めて数週間、青果部門の顧客満足度は約30%上昇。野菜の売り上げだけ取っても約18%の収益増となったと、営業部長Pietorangelo Letaさんのニンマリ顏は以下の動画でチェックするとして、この店での成功をチェーン展開するすべての店舗で実現するのが次のチャレンジだとか。これだけの業績UPとなれば、鼻息も荒くなりますよね。

Ef9235f129d425e1dba400f6d4e3e028ad2f4713871cc48cda373150ac7ab010794073fc02c8f88a

毎朝オープン前にスタッフが植え付ける野菜が飛ぶように売れていく。こうしたひと手間も、大手チェーン店舗だからこその試みなのかもしれません。「新鮮」であるとことを、とことんまで追求した結果がこの「店内に畑を再現」することでした。

一株、また一株と野菜たちが売れるたびにプランターの土が顔をのぞかせる。売り手も買い手も喜べる、ちょっと素敵なアイデアですよね。

Licensed material used with permission by WMcCann
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。え、自分で精算していいの!?って感じ。でも、お次はそれすらいらなくなってしまった。IDを認証して...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
どこの国を旅していても、必ず訪れるのが現地のスーパーです。野菜やフルーツ、お肉、魚介類はもちろん地域ごとの違いがよく分かるのですが、それよりもお菓子コーナ...
一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。そのプロジェクトの仕掛け人はスティ...
産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味を...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。こ...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...