フランスのスーパーマーケットで大人気!「ブサイク野菜」が売り切れに!?

毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格外品も多く含まれているんだとか。
もしも、ここに紹介するような野菜や果物が、実際にスーパーに陳列されていたら…、あなたは手に取ることができますか?

 気味悪いリンゴ

スクリーンショット 2015-07-06 18.21.08

ふざけたポテト

スクリーンショット 2015-07-06 18.21.21

見るも無惨なオレンジ

スクリーンショット 2015-07-06 18.21.34

失敗に終わったレモン

スクリーンショット 2015-07-06 18.21.44

外観を損なったナス

スクリーンショット 2015-07-06 18.21.56

どれもユニークな形状ですよね。これらは規格外品として、普段店頭に出回ることはありませんでした。

こうしたちょっと“ブサイク”な野菜や果物たちにスポットライトを当てたスーパーマーケットがあります。フランスの大手スーパーマーケットチェーン「Intermarché」の取り組みが、世界の小売業界で注目を集めたのは、昨年のこと。2014年、EUは食品廃棄削減に向けた規制を強める方針を決定。これに対し、いち早くアクションを起こしたのが、「Intermarché」でした。

これまで、均一な商品を揃えるための厳しい規格審査があったものを廃止。味も栄養価もなんら変わらない、ただ形の悪い野菜や果物に対するお客の理解を高め、廃棄を減らす取り組みを始めたのです。

スクリーンショット 2015-07-06 18.22.32

これら農産物の販売のため、店側が用意したのは、生鮮売り場の一番目立つ場所。特設コーナーに専用ポスターやポップを用意。まるで新商品のキャンペーンさながら。

スクリーンショット 2015-07-07 14.30.57

さらに、均一なサイズの整った商品と不揃いの商品をあえて、隣り合わせに並べて陳列、価格も3割引にして販売開始です。

スクリーンショット 2015-07-07 14.31.36

ところが、お客さんの反応はイマイチ。「本当に美味しいの?」手には取ってみるものの、なかなかブサイク食材を買っていってはくれません。そこで、「Intermarché」は用意しておいた秘策の試食作戦で攻勢に出ます。ブサイク食材を使ったスープとジュースを用意、実際にお客さんに品質の良さを味を確かめてもらいました。

スクリーンショット 2015-07-06 18.23.49

なるほど納得、とばかりに口にしたお客さんは、味の良さを理解した様子。思わず笑顔がこぼれます。ブサイクな野菜や果物を手にするお客さんが後を絶ちません。

スクリーンショット 2015-07-06 18.24.48

スクリーンショット 2015-07-07 14.39.42

「Intermarché」のチャレンジは大成功。商品は早々に完売してしまったこと。

スクリーンショット 2015-07-07 14.39.23

今年5月、フランスでは売れ残った食材や賞味期限切れの食品を、店舗面積が400平方メートルを超えるスーパーマーケットが廃棄処分することを禁じる法律が、国民議会で全会一致で可決され、話題となったのは記憶に新しいところ。
ですが、そもそも規格外の農産物は小売店に並ぶことすらありませんでした。それらの一部は、ジュースやジャムなどの加工食品や、家畜の肥料となるんだそう。

でも、形が悪くたって同じ野菜。こうした規格に合わないブサイク野菜たちが、もっと消費者の元に届くような仕組みが、今後増えるかもしれません。「ムダにしない」方法と同時に、ムダを生まない工夫も必要ということを教えてくれる取り組みです。

Licensed material used with permission by Goodvertising

まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。え、自分で精算していいの!?って感じ。でも、お次はそれすらいらなくなってしまった。IDを認証して...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。こ...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
知っているだけでお得感が倍増し、さらには節約にもなるスーパーでのお買い物ハックを「LittleThings」ライターAngel Chang女史がアドバイス...