ついに仏スーパー「食料品廃棄」を禁ずる法律がスタートした

法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。

売れ残りの食品は
慈善事業団体へ寄付

C7b84c54dc94f7307653d355f92129bf3ca787f7

今月5日から、廃棄されるはずだった食品のうち、品質に問題のないものは「フードバンク」を通じて必要としている人たちに配られることとなる。また、食用に適さなくなったものも、家畜の餌や堆肥としての転用が義務付けられている。

この法案可決の裏に、フランスのみならずEU全体でのグローバルスタンダードを目指し、動いた人物がいた。県議会議員アラシュ・デランバーシュ(Arash Derambarsh)氏だ。

法案成立の立役者
アラシュ・デランバーシュ
地方議員とは?

パリの西部の町、クルーブヴォアの県議会議員アラシュ・デランバーシュ(Arash Derambarsh)氏。イラン人移民の子どもとして生まれた彼には、法学部に通う学生時代、空腹をなかなか満たせなかった時期がある。月400ユーロ(約5万2,000円)の家賃を支払うと、手元に残る生活費はわずかばかり。毎晩、パスタかジャガイモで飢えをしのいでいたと振り返る。

その彼がスーパーの食品廃棄を目の当たりにし「怒り」に駆られた。

2015年5月に同議員を取材したAFPによると、フランスには、食品メーカーから市場に流通できなくなった食品の寄付を受け、生活困窮者らに配給する「フードバンク」が存在する。しかし、資格条件を満たしていなかったり、受け取る側に羞恥心が働くため、必要としている人に十分に届いていないのが現実だそう。

さらには、食品ロスを出してしまうスーパーマーケット側にも、廃棄食品を提供したくない事情があるようだ。

The Guardian」は、こう伝えている。販売店側は、売れ残り商品をゴミ捨て場からあさられ散らかされたくない。また、廃棄処分した食品を食べた人が食中毒を起こして訴えられては、販売店としての信用を失うことになる。
ならばと、まだ食べられたはずの食品をわざと腐らせては廃棄を実施してきた。

必要としている人がいるのに多くの人に届かない実態。こうした状況をデランバーシュ議員は、「スキャンダラスで不条理」と非難。ついには、自ら立ち上がる意志を固めた。

フランス全土から届いた
21万人分の署名

スーパーマーケットの食品廃棄を許してはいけない…。デランバーシュ議員は「Change.org」を利用し、ソーシャル上で署名活動で開始。食品廃棄禁止を呼びかけた。わずか4ヶ月間だったが、フランス国内だけで21万件以上の署名が集まった。彼はこの市井の声を嘆願書とともに議会に提出。今回の「賞味期限切れ食品の廃棄を禁ずる」法案成立の原動力となったことは言うまでもない。

フランスからEU全土へ
「捨てさせない」を共通認識に

653f11695282802cb71f87b842135ed4f9142f4d

とはいえ、挑戦はまだ始まったばかりだ。デランバーシュ議員は、自国で成就したこの廃棄処分ルールを、欧州諸国のグローバルスタンダードにすべく活動を続けている。現に前述のChange.orgでは、すでに74万件近い署名を集め「欧州委員会」の説得に動き出した。

こうなると、各国もフランス議会が下した採決に注目せざるを得ないだろう。「REUTERS」によると、大手スーパー「Tesco」は、すでにイギリスにあるチェーン店のうち10店舗で、廃棄となった食品を保護施設や孤児院などへ寄付し始めているそうだ。

食品廃棄は環境にも影響

世界食糧機構(FAO)によると、毎年、世界全体の食料生産量のおよそ1/3にあたる、約13億トンが廃棄されている。食料廃棄はまた、環境へも悪影響を及ぼすと言われている。

捨てない努力が環境保全の一役にもなる。2015年12月のCOP21の場で、デランバーシュ議員が、この食品廃棄問題を議題に挙げたのも、こうした背景があるからではないだろうか?

食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
これは、米サイト「Mic.com」が行った社会実験動画。「あなたにとって100ドルって、どんな意味がある?」を食料品から紐解いていこうという企画です。もち...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...