「あきらめたらそこで試合終了だよ」 安西先生の言葉に隠された人をやる気にさせる方法

1990年に連載を開始した、大ヒット漫画『スラムダンク』。当時、日本中にバスケブームを巻き起こすきっかけにもなりました。

そんなスラムダンクの登場人物たちは、多くの名言を残しています。遠越段さんの著書『人を動かす! 安西先生の言葉 「スラムダンク」に学んで成功しよう!』では、安西先生のコーチングレベルの高さが、スラムダンクのエピソードとともにまとめられています。その愛が溢れる行動や言葉は、日常生活においても参考になることばかりです。

強みを生かし、長所を伸ばす

65776f5b54011cedb09998126ea9206a1b798f7e

三井寿は、安西先生の言葉に助けられた登場人物のひとり。

彼は、湘北高校に入学してバスケットボール部に入りますが、ケガをして辞めてしまいます。のちに三井は心の弱さから、不良たちと一緒にバスケットボール部に嫌がらせをし、部員に暴力を振るうようになりました。

そこに現れたのが、安西先生。三井には中学時代に安西先生からもらっていた言葉がありました。

「最後まで…希望を捨てちゃいかん あきらめたらそこで試合終了だよ」

この言葉が、三井を再び湘北高校バスケットボール部に呼び戻すことになります。

部員たちを見てみると、スタミナに不安はあるけど3ポイントの名手である三井、背は低いけどスピードでは誰にも負けない宮城、初心者でも人並み外れたパワーやジャンプ力を持つ桜木など、それぞれに長所と短所があります。

安西先生は、その愛ある言葉とコーチングによって強みを生かし、短所を意味のないものにしていきます。その誠実な人格と、そこにいる者たちを愛する気持ちが、彼らを強くしていったのかもしれません。

自らも信念と決断力を持つ

F65682d228b981e034e18ba214d3819f4a6b7115

組織のメンバーの強み、長所を活かすことは、全体の力を強固にするために必要なことです。

湘北高校が県予選のトーナメントを順調に勝ち進んでいる頃、主人公の桜木花道は自信を失いかけていました。なんと4試合連続で退場処分となっていたのです。

しかし安西先生は、桜木のプレーを否定的に見ていませんでした。彼の積極的な動きや強い闘争心からくる現象として見ていたからです。あとは経験ときっかけで成長するだろうと感じていました。

そして大事な翔陽高校戦。試合前、安西先生は「リバウンドは君が制するんですよ」と桜木に伝えました。この信頼こそが、桜木の才能をどんどん引き出すことになります。桜木のリバウンド力が、高さを誇る翔陽高校と互角の戦いをもたらせたのです。

それを見た安西先生は「リバウンダーとしての素質を開花させ始めましたね彼は…」とこぼします。

この成功の兆しを見逃さず、認めて、信じて、追求させることを決断し、実行するのが安西流コーチングの優れたところなのでしょう。

心を鍛え、
内面の成長をはかることを促す

81e9e174eaa7ffdeb702921eaae759ad46010597

インターハイ県予選の決勝リーグ。初戦は海南大付属高校でした。高頭監督は湘北のペースを乱れさせようと、桜木に対して160cm・42㎏と小柄な宮益をマークにつけます。思うように動けなくなった桜木を見た安西先生は、彼をベンチに下げました。抵抗した桜木でしたが、安西先生は「問答無用 交替です これ以上弱点をさらす前に」と決して譲りませんでした。

せっかくの才能も、弱点だけを攻められたら伸びるものも伸びないし、自信や誇りも失いかねません。桜木自身も弱点や欠点を知ったことだし、次に修正すればいいと考えたのでしょう。

安西先生は、内面の成長を図るときだと感じた場面で再び投入するつもりでした。そしてその時がやってきました。主将の赤木が足を痛め、治療のため交代したのです。

出場を命じられた桜木。赤木の気持ちを推しはかった彼は「ゴリが帰ってくるまで絶対これ以上点差は開かせん!!」と言ってコートに立ちました。

安西は感動し「少し大人になったかな…桜木君…」と内面の成長を喜びました。

桜木はこの試合でバスケットマンとして、人として、大きく成長したのでした。

2016年9月22日は、日本のバスケットボール界にとって新たな時代の幕開けでした。Bリーグの開幕です。そんなバスケットボールが日本に広く普及した要因のひと...
Bリーグが開幕し、再び注目が高まっているバスケットボール。今の30代~40代に、バスケ漫画といえば?と聞いたら、ほとんどの人が『スラムダンク』を挙げるでし...
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。先生は教壇に立つと...
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
教え子から感謝の言葉をかけられるときほど「教師冥利」に尽きることはないでしょう。ここで紹介するJ氏も、そんな学校の先生のひとり。ある日彼が教室に入ると、机...
■Twerk Dance(トゥワークダンス)とはアメリカで今大流行しているtwerk(トゥワーク)ダンスをご存知だろうか。足を大きく広げ腰を低く落とし、音...
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
嫌なことがあった次の日は、朝から憂鬱な気分に陥りがち。だけれど、本当は、新しい気持ちで1日を始めたいものです。そんなあなたに贈りたい、自分を奮い立たせる言...
坂東眞理子さんの著書『すべては書くことから始まる』では、日本人が日頃から使っている「あいまいな言葉・表現」について、彼女なりの解釈が書かれています。「あい...