【胸が熱くなる動画】1,700人が舞う「ハカ」。亡くなった先生を見送るために・・・

ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンスは、亡くなったTamatea先生を弔うためのものだった。
この学校には校歌ならぬ、学校のハカが存在する。創立115年、伝統校の迫力あるハカに注目して欲しい。

米メディア「Mashable」の記事では、当日すくなくとも1,700人以上の男子生徒が、Tamatea先生をハカで見送ったという。
一糸乱れぬ迫力のハカ。地鳴りのように手を叩き、足を踏み鳴らし、声枯れるまで叫び続ける男子生徒たち。一糸乱れぬその踊りからは、大人に負けない鬼気迫る凄みを感じずにはいられない。

スクリーンショット 2015-08-06 14.00.46

スクリーンショット 2015-08-06 14.01.12

スクリーンショット 2015-08-06 14.01.26

スクリーンショット 2015-08-06 14.01.46

 

スクリーンショット 2015-08-06 14.02.43

さて、ご存知の方も多いだろうがハカは本来、ニュージーランドの先住民マオリの戦士たちが、戦いの前に自らを鼓舞し、相手を威嚇するために踊った民族舞踊だ。ラグビーのニュージーランド代表(オール・ブラックス)が、試合前の儀式としてハカを捧げるパフォーマンスで、世界的にも知れ渡り、今やその挑発的パフォーマンスは試合前の華といったところ。
だが、当のニュージーランドでは、ハカ=威嚇・挑発という意味合いだけではないようだ。一般的な民族舞踊として、相手に敬意や感謝の現れとして、結婚式や葬儀の場でもハカは披露されるという。
文化風習の違いが、人の弔い方にもよく表れていることが分かる動画だ。

Reference:Mashable
Licensed material used with permission by Palmerston North Boys' High School

去る6月17日、北島の都市ロトルアでnternational Rugby Clubが主催するハカの一大イベントが行われました。「世界最大人数で踊るハカ」、...
たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
水着の出番が増えてくる季節、バストアップしてかっこよく着こなしたいですよね。筋トレ動画を紹介する「MuscleWatching」で、小夜子先生が効果的な腕...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
ジェイク・ベイリー君(18歳)は、ニュージーランド・クライストチャーチにある男子高校の生徒会長。2015年11月4日に行われた同校のとある表彰式で、彼はス...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
Bリーグが開幕し、再び注目が高まっているバスケットボール。今の30代~40代に、バスケ漫画といえば?と聞いたら、ほとんどの人が『スラムダンク』を挙げるでし...
食べるときは「いただきます」。食べ終わったら「ごちそうさま」。食事は残さず食べること。使ったお皿は、自分で片付けよう。これらは、私たち日本人が食事をする時...
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
2016年9月22日は、日本のバスケットボール界にとって新たな時代の幕開けでした。Bリーグの開幕です。そんなバスケットボールが日本に広く普及した要因のひと...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
飼い主が犬を捨てても、犬は決して飼い主のことを忘れない。犬がどれだけ飼い主を愛する生き物か。国内外問わず、亡くなった飼い主を待ち続けた「忠犬ハチ公」のエピ...
アメリカでは、校内の安全のために警察官が駐在していることがあります。カリフォルニア州にあるヘリテージ・ハイスクールのミッチ巡査も、そんな駐在警察官のひとり...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...